Twitter: carpkobe

2011年07月24日

オールスターゲーム2011

富山アルペンスタジアムで行われたフレッシュオールスター、
そして、ナゴヤドーム、QVCマリン、Kスタ宮城で行われたマツダオールスターゲーム、
計4戦のカープの選手の様子などを。

7月21日(木)●ウ選抜 0−10 イ選抜○ 最優秀選手賞:荒木貴裕(ヤクルト)

カープからは、福井、中田、堂林、庄司が出場。

福井は1イニングを2奪三振の3人で抑え、優秀選手賞を受賞。
1軍の試合よりも直球がコントロールされていた印象です。
チームの勝利を気にすることもなく、
2軍選手が中心のフレッシュオールスターでは、
重圧なく投げられていたのが良かったのでしょうか。

また中田の投球を久しぶりに見ましたが、聞いていた通り投球フォームが変わっていました。
涌井の目指したフォームで、上げた足を一度下ろしてから前に踏み出すフォーム。
球速こそ落ちていましたが、体の開きが抑えられている感じで
変化球もいい高さにコントロールされていました。
本人もそれなりの手応えを感じているようなので、完成度を高めていってほしいですね。
ただ、その肝心の涌井自身が今季不調なのがなんともいえませんが。


7月22日(金)○全セ 9−4 全パ● 最優秀選手賞:畠山和洋(ヤクルト)

栗原が途中出場で1打数無安打。石原も途中から守備のみの出場。
サファテはセリーグの9人継投リレーの一員として登板。
1安打1四球を許しましたが、2三振も奪って1イニング無失点。


7月23日(土)○全パ 4−3 全セ● 最優秀選手賞:中村剛也(埼玉西武)

途中出場の栗原のみで1打数無安打。


7月24日(日)○全パ 5−0 全セ● 最優秀選手賞:稲葉篤紀(日本ハム)

東日本大震災が起こったことで、第3戦が宮城で行われることになった今年の球宴。
山形出身の栗原、東北福祉大出身の石原がスタメン出場。
それぞれ1安打ずつ放ちました。
バリントンは3番手として2イニングを投げて1失点。
posted by コービー at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

援護なしが幸いか

広島3−1阪神
先発マエケンが8回1失点。
援護がない状況でも辛抱強く投げ、
交代直後に逆転したことで勝利投手に。

今季は味方打線が点を取った後に失点することが多いマエケンにとって、
終盤まで援護かなかったことが逆に幸いしたのかもしれません。

前田智徳が決勝点を挙げ、
継投でも、直接サファテにつなぐこともでき、
理想的な試合展開だったといえるのではないでしょうか。

とはいえ、これが最後まで得点できずに敗れたならば、
理想的どころか消化不良の凡戦となってしまうのですが。
posted by コービー at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

雨天中止(2011/7/19)

今季4度目の雨天中止。
今日は前田健、明日がバリントンの先発予定でしたが、
後者は球宴に出場ということで無理はさせず、
マエケンのスライドが濃厚でしょう。
posted by コービー at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする