Twitter: carpkobe

2010年11月23日

カープ大反省会2010(2)

〜投手陣〜

今季のチーム防御率は4.80。
横浜に助けられて最下位こそ免れたとはいえ、本拠地の広さを考慮すれば、
パフォーマンスとしてはワーストだったと言っても過言ではないでしょう。
今季貯金を作った他の4球団が、悪くても4点前後だったのですから、
カープが多大な借金を背負った理由は、明らかです。

去年、投手陣には一定の手応えを得たはずでした。
球場が広くなった影響もあってか、防御率は3.59。
これはシーズン2位だった95年以来の好数字でした。
それがたった1年でこの惨状ですから、
単に故障者や退団選手だけが原因とは思えません。

投手のチーム成績を見ていると、
与四球数がリーグで図抜けて多いことがわかります。
去年、防御率が改善されたのは、監督の方針として四球を減らすことを徹底し、
実際にリーグ最少の与四球数を記録したからこそ。

与四球数をリーグ最少に減らし、防御率が3点台半ばに改善されたのに、
与四球数がリーグ最多になると、防御率は5点近くに悪化。
これほど分かりやすい参考数値もありません。

防御率に直結する与四球。
今季、これだけ増えてしまったのは、
やはり前年までの方針が継続されていなかったからでしょう。
前監督のように徹底しているというような話は聞こえてきませんでした。
「去年1年で選手が理解しただろう」を考えたのかもしれませんが、
結果として、それは間違いだったといえます。
石の上にも3年。

また、四球減の方針だけでなく、その他においても、
前シーズン改善された点に対するリスペクトがないように感じました。
たとえば、昨季先発ローテで見所のある投球をしていた篠田、齊藤、今井といったあたりを、
何試合か悪い内容が続いただけで、すぐに先発降格させたこと。
結局、彼らは中継ぎ登板、2軍落ちといった配置転換が続いたことでリズムを崩し、
本来の実力を発揮できないままシーズンを終えてしまったように見えます。

指揮官が代われば方針が変わるのも当然ですが、
すべて変えてしまっては選手も戸惑いますし、無理があるというもの。
以前までの良い部分は残しつつ、悪い部分での改善を図る。
それが効率的なチームの作り方というものでしょう。
posted by コービー at 07:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

カープ大反省会2010(1)

〜故障者〜

借金26という成績に終わったカープの2010年シーズン。
要因として一番に挙げられるのは故障者の多さでしょう。

ルイスが退団して先発の一番手と目された大竹は、開幕を前にして故障。
抑え候補の永川とシュルツは開幕後早々に離脱。
クリーンナップに固定されていた天谷と栗原もシーズン中盤に骨折という憂き目に遭いました。
これだけ主力、しかも要となるポジションに故障者が続出すれば、
どんなチームでも苦しいでしょう。
Bクラス低迷を続けるチームならなおさらです。

投手に関しては今季、監督が代わったことによって球数制限が撤廃、
プルペンでの投げ込みが推奨されました。
そこで先陣を切ったのが大竹であり、
春季キャンプで1日に270球もの投げ込みを敢行しましたが、
結果としてシーズンを棒に振る故障の要因となってしまいました。

投げ込みが悪いわけではありません。
過去の投手も多くの球を投げる中で体にフォームを染み込ませて実力を磨いてきました。
ただ、今季の広島の場合、落差が大きかった。
前年までの調整主体のアメリカ式キャンプから一転しての投げ込みですから、
体に無理をきたしたとしても不思議ではありません。
もう少し段階を踏んでいく必要があったのではないかと思われます。

また、まだまだ1軍に届かない投手が、
投げ込みで何かのきっかけを掴もうとすることは理解できますが、
大竹のような主力投手が無理をする必要があったのかどうか。
さらに大竹は開幕投手も濃厚で、年齢的にも投手陣を引っ張る立場になり、
張り切りすぎてしまったとしても当然でしょう。
そこは首脳陣がブレーキをかけるべきではなかったでしょうか。

方針転換にも影響されずに投げ込みも極力控え、独自の調整を貫いたマエケンが、
投手三冠という出色の活躍したことは皮肉なもの。
彼の調整法と実績に、首脳陣は目を向ける必要があるでしょう。

・重荷となった優勝宣言

ただ、故障は自己責任によるものでもあり、選手本人にも非はあります。
練習方針以上に首脳陣が罪だったのは、
故障が完全に癒えておらず、万全の出来からは程遠い選手を復帰させて、
再び故障させたり、不振に陥らせたことです。

このような無理な起用をしてしまったのには、
気合でなんとかなる!といったような前近代的な価値観もあるでしょうが、
それ以上に今季優勝を狙うと公言したことによる重圧もあったのではないでしょうか。
まわりが諦めても、おそらく監督本人は終盤近くまで本気で逆転優勝を狙っていた。
だからこそ、完治を待たない焦った起用になってしまった。

結局、大竹、永川は復帰後すぐに再離脱。
天谷も不振でレギュラーから外れる羽目になってしまいました。
優勝を狙う心意気は立派なものですが、無謀とは表裏一体。
続投は規定路線とはいえ単年契約だったことも響いたかもしれませんが、
チャンスが薄くなれば、目標を現実的なものに切り替え、
故障者は完治した上で復帰させることも必要だったでしょう。
posted by コービー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ブラウン政権総括(6)

・外国人に監督を頼んだ意義

広島にとって、初優勝の礎を築いたとも言われるジョー・ルーツ以来の外国人指揮官。
前回までに挙げたように、やはり日本人監督とは違った采配になりました。

日本の野球とアメリカの野球、単純に優劣つくものではありません。
ただ、我々はどうしても日本の物差しで野球を測ってしまいがちです。
そのことが安易な批判につながったのも事実でしょう。

もちろん日本の選手に合った方法論が存在することも否定できません。
その点ではブラウン監督自身も日本野球に適応しようとしたと思います。
しかし、やはり長年培ってきた野球観を簡単に拭い去ることはできなかった。
海を渡った松坂がメジャー式の球数制限や練習方法に苦労しているように、
頑固に見えるブラウン監督にも、少なくない葛藤があったはずです。

そもそも球団から監督を要請した以上、
彼の哲学を覆すような采配を求めるのは無理があったといえるかもしれません。
日本らしい野球を求めるのならば、
日本人に監督を要請すべきだったという話になるわけですから。

在任期間中にAクラス入りすることは叶わず、たしかに結果は出ませんでした。
しかし一方で、4年前にシーズンを最下位で終えたチームが、
黒田、新井といった主力が抜けた中でも2年連続で3位争いに加わった事実は、
一定の評価がなされるべきでしょう。
また、猛練習、根性論といった、どこか前近代的な空気が色濃く残っていた球団に、
新しい価値観を持ち込んでくれたことは、大きな意味があったと思います。

そして、来季以降、ある程度期待が持てる状態で、
次の監督にバトンを渡してくれたことについても、マーティーには素直に感謝したい。
こんな感じで総括を締めたいと思います。
posted by コービー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ブラウン政権総括(5)

・グラウンド外での功績

チームがBクラスを抜け出せず、采配面でも批判があるなど、
グラウンドの中では功罪併せ持っていたブラウン監督ですが、
一方で、外に出れば、悪い話はほとんど聞こえてきませんでした。

球界再編の騒動以来、ファンサービスが一層重要視されましたが、
ブラウン監督は、球団が用意したどんな小さなイベントでも、
面倒な顔一つせずに駆けつけていたようです。
このフットワークの軽さは元中心選手だった歴代の監督にはできなかった芸当でしょう。
また、紳士的な人柄も、直接触れた関係者やファンから評判が良かったようで、
4年間監督を続けられた理由の一つかもしれません。

そして、全国的にはどうしても地味になりがちな広島の監督という職業において、
多彩なパフォーマンスや退場劇で、
チームの存在を全国に知らしめたのも功績といえるでしょうか。
いまや野球ファンでベース投げを知らない人はいませんし、
他の退場劇にしても、どこか意図的だったとはいえ一見の価値がありました。
ダラダラと抗議を続けて、ただ時間が過ぎるのを待たされる日本の監督よりも、
よっぽど気持ちが良いものでしたし、
監督が抗議に出るたびにスタンドから歓声が沸き起こったことからも、
ファンから支持されていることがわかりました。

プロは結果がすべてとはよく耳にする言葉ですが、
一方で、ファンあっての興行であることも事実。
多くのチームの経営が地域密着によって成り立つマイナーリーグからやってきた監督は、
日本の監督の誰よりも、その点を理解していたといえるでしょう。
posted by コービー at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

ブラウン政権総括(4)

・投手成績を改善したブラウン流

少々批判的な評価が続きましたが、
ブラウン監督就任によって大きく改善されたこともあります。
それはチーム防御率です。

2004年に4.75、2005年に4.80だった数字が、
ブラウン監督就任1年目の2006年には3.96になり、
2007年が4.22、2008年が3.78、そして今季は3.59。
在任4年中3年で3点台を記録するなど、成果が確実に現れていたといえます。
今季に関しては、球場が広くなった影響もあるとは思いますが、
それでも就任前と比べ、総じて1点近く下げていることは、
非常に評価すべき部分だといえます。

ブラウン監督が投手面において導入した方針は大きく分けて主に2つ。
先発の球数制限と、四球に対する厳しい姿勢です。

以前は毎年夏場になると、決まって投手陣崩壊という文字が新聞紙面を踊っていました。
しかし就任後は、球数制限や中継ぎがなるべく連投を避ける方針などにより、
夏場も大きく崩れることはなく、1年を通して一定のパフォーマンスを維持できるようになりました。
先発投手は故障以外で登録を抹消されることがほとんどなく、
今季はルイス、大竹、前田健、齊藤の4人がほぼ1年間ローテーションを守りつづけ、
それぞれ二桁前後の勝利を挙げるという結果となりました。
これは、かつて佐々岡や黒田が一人で奮闘していた時代には考えられなかったことです。

また、四球減少の方針も着実に効果が出ていたように思います。
特に旧広島市民球場では、どの打者も一発を打つ恐れがあり、
むやみにランナーをためることは大量失点につながりかねません。
指揮官自ら口酸っぱく言い続けたことで、
就任前年に12球団でダントツだった与四死球数は改善。
一昨年と去年こそ、気の緩みからか少し数が戻ってしまいましたが、
今季は再徹底した甲斐もあり、球場が広くなった影響も加わって12球団最少を記録しました。

チームとしての敗戦が多くなると、
どうしても継投を失敗した試合などに目が行きがちです。
ただ、トータルで考えれば、
投手面については満足できる仕事をしてくれたと言っていいのではないでしょうか。
posted by コービー at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ブラウン政権総括(3)

・長打力優先の起用と、助長した球団の補強

今季は、広くなる新球場に合わせて機動力の野球を標榜しましたが、
なかなか得点力が上がらずに苦しみました。
今考えれば、その中にも機動力を駆使したキラリと光る好試合もあったのですが、
貧打に業を煮やした指揮官は開幕1ヶ月が過ぎたあたりで早々に方針展開。
新たに獲得したマクレーンを、本職のサードではなくレフトで起用するという布陣を組みました。

ここで問題だったのは球団と現場の意思疎通ができていなかったことです。
球団としては、不振の続くシーボルの代わりとしてマクレーンを獲得したのでしょうが、
ブラウン監督は2人の外国人を併用してしまった。
これによって機動力と守りの野球が崩れ去ってしまいました。
さらにシーズン中盤には、またも本来内野手であるフィリップスを獲得し、
やはり本職ではない外野で起用。
両者とも守備の不安を補って余るほどの活躍を見せたわけではありませんし、
補強によって自ら混乱を招いたと言われても仕方ないでしょう。

もともと自身がパワフルな打撃を売りとした打者だったこともあるのか、
指揮官にとっては、本来、長距離砲を並べた破壊力のある打線が理想なのかもしれません。
だからこそ長距離打者を与えられれば使わずにはいられない。
日本人の打者にしても、今季完全に打撃を崩してしまった石原、嶋あたりを、
シーズン終盤まで頑なに起用しようとしていましたし、
率が上がらなかった赤松や梵にしても、
どこかパンチ力に期待して起用した部分があったように思います。

・外国人選手の苦しみを知る監督

打者の起用で問題視されていたのは、
過去の対戦成績などによる相手投手との相性を非常に重視していたことです。
調子が良く、たとえ前の試合で猛打賞だった選手でも、
苦手な投手の登板が予想されればベンチスタート。
今季、末永、喜田あたりは明らかに当たっている時期があったのですが、
それでもベンチに置く機会が多かったことで、次第に調子を落としてしまいました。
試合数が多く移動距離も長いアメリカでは適度に休養を挟むことが必要になりますが、
日本では使い分ける必要性は薄いのではないでしょうか。

また、日本人を使い分ける一方で、
マクレーンやフィリップス、シーボルなどの外国人選手を外すことはほとんどありませんでした。
ただ、これは単に外国人贔屓と考えるよりも、
指揮官自身が外国人選手の苦労を身を持って知っていることが大きかったのでは。
彼らはメジャー昇格や定着の夢のひとまず断念して、
遠い日本までチャレンジしに来ており、契約も基本は単年。
それらを考慮すれば、そう簡単に外すことはできないのでしょう。

とはいえ、チャンスを十分に与えられた選手達も、
満足できる結果を出せないまま終わってしまいました。
結果的に指揮官の温情がAクラスを逃す一因ともなり、
自らの首を絞めてしまったともいえます。
posted by コービー at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ブラウン政権総括(2)

・管理された配球と盗塁

個人の練習や、打席での状況判断などを選手の自主性に任せた一方、
管理しすぎではないかと感じる面もありました。
それはバッテリーの配球と、走者の盗塁の判断です。

いつか「打てる捕手を使う」と発言していたように、
ブラウン監督の捕手の起用方針は、第一に打撃面でした。
監督就任から2年間は、成績が同程度の石原と倉を併用。
そして去年、石原が50打点を挙げるなど勝負強さを発揮したことで正捕手に定着しました。

捕手の大きな仕事である配球に関しては、指揮官自ら外角中心の方針を打ち出しており、
マニュアルも配布し、試合の状況によってはベンチからサインも出ていたようです。
よってマスクをかぶった選手はそれに従うのが基本線で、
リード面に関しては選手の評価対象となっていなかったように感じます。

ただ、毎球ベンチからサインを出すことなどできない以上、
個人のインサイドワークも考慮して捕手を起用すべきだったのではないでしょうか。
また、方針となった内角を使わない配球にしても、
試合が進むにつれてバッテリーの思考を窮屈にしており、
単調になったところで相手打者に上手く打ち返されました。
たしかにチーム防御率こそ就任前より改善されましたが、
勝敗を左右する大事な局面では打たれた印象の方が強く残っています。

やはり試合全体を考えてリードするならば、内角は必ずどこかで必要。
もちろんリスクもあるわけですので、単に内角ばかり投げろというのではなく、
今後は内角を有効に利用する配球を考えていくべきでしょう。


そして、もうひとつベンチが大きく介入していたのが盗塁です。
基本的に個人の判断ではなく、サインが出たときのみ試みる方針のようでした。
たしかに走者を一塁に置いておくことにより、
一二塁間が空いたり、ストレート系が多くなるなどのメリットもあるでしょう。
しかし、選手が自分のタイミングで走ることができないので失敗が多くなりますし、
サインも頻繁に出るわけではないので盗塁数は伸びません。

今季、盗塁数はリーグ5位であり、なんと盗塁失敗数はリーグ最多。
機動力野球を標榜するならば、この数字の改善は不可欠でしょう。
やはり走者を得点圏に進めるメリットは大きいですし、
そのためには、ある程度個人の裁量に委ねた方が良いのではないでしょうか。
posted by コービー at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

ブラウン政権総括(1)

クライマックスシリーズが始まりましたが、
Aクラスを逃したカープはシーズン終了から1週間ほど経ち、秋季練習が始まりました。
そして先だっては、野村謙二郎新監督の就任、
さらにヘッドコーチ格として大野投手コーチの就任が発表されました。

ということで、体制や方針が大きく変わるこのタイミングで、
4年に渡ったブラウン政権を少しずつ総括していこうかと思います。
結果的にBクラスから抜け出すことは叶いませんでしたが、
振り返ることで来季以降へ向けての課題や問題点が鮮明になれば、と。

・周囲が戸惑った采配と行動

やはり最も印象に残るのは、日本人にはない発想による采配です。
3年前の開幕戦、ブラウン監督記念すべき公式戦初めての試合は、
1番緒方、2番前田というオーダーでした。
上位打線に機動力を求める日本では考えられない選手起用です。
また戦術面でも、初球からのエンドランなど唐突なものが数多くあり、
当初はファンだけでなく選手やスタッフをも戸惑わせました。

その後も、ことあるごとに理解が難しい采配が続きましたが、
4年という月日が経つにつれて周囲はブラウン監督の采配に慣れ、
また彼自身も日本に合った野球をしようと歩み寄ったこともあり、
驚くような場面を目にすることは少なくなりました。

もちろん、最後まで不可解な部分が残ったのも事実ですが、
それはどの監督でも大なり小なりあるもの。
問題があったとすれば、一貫性がなかったことでしょうか。
たとえ常識から外れていても、選手と指揮官の意思統一ができていれば、
成功率は高くなりますし、失敗しても動揺は少ないはず。

また、采配以外で個人的に気になったのは、マウンドに行くタイミングです。
「これはまずい展開だな」という時には行かず、
「よし、このままなら抑えられそうだ」という状況で足を運び、
気合が入っている投手をトーンダウンさせてしまっているように見えました。
メジャーなどを試合を見ていてもこのような場面を目にしたことはありませんし、
これは彼特有のものだと思いますが、
結果としてはマイナスに作用することが多かったような気がします。
posted by コービー at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする