Twitter: carpkobe

2011年07月25日

ヤクルト、中日6連戦プレビュー

球宴が終わって後半戦。
神宮でヤクルトと3戦。
広島に戻ってマツダスタジアムで中日と3戦。

前半戦終了から日程が開き、先発予想は難しいのですが、
前田健、福井、ジオ、バリントン、篠田、中村恭。
球宴3戦目に投げたバリントンは中日戦での登板となるでしょう。
球宴前、1軍登録され中継ぎ登板したジオは抹消されていませんので、この6連戦での先発が濃厚。
谷間は中村恭か、ジオを登板後抹消してのソリアーノでしょうか。

ヤクルト、中日ともに先発はわかりませんが、
救援2、3戦目で投げた館山、由規とは当たらないでしょう。

・プレビュー

なんとか盛り返して終えた前半戦。
その勢いを持続して夏場を乗り切ればAクラス入りも見えてきます。
これから怒涛のように6連戦が続きますので、
先発投手の裏ローテや谷間でいかに勝ちを拾えるかが鍵になってくるでしょう。
posted by コービー at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

横浜、中日、阪神9連戦プレビュー

オールスター前最後は9連戦です。
横浜と、尾道しまなみ球場で1戦、マツダスタジアムで2戦。
名古屋に移動し、ナゴヤドームで中日と3戦。
再び広島に戻ってマツダスタジアムで阪神と3戦。

先発予想は、福井、中村恭、前田健、バリントン、ソリアーノ、篠田、福井、前田健、バリントン。
微妙なのは6戦目と8戦目。
6戦目は一度中継ぎ登板して以来、出番のない篠田が有力でしょうか。
球宴前ですので、ソリアーノを抹消してジオあたりを投げさせる可能性もあります。
8戦目はマエケンの中4日を予想します。
今年は球宴に選ばれていませんし、少し無理をさせるのではないでしょうか。

横浜は、小林太、高崎、清水。
中日は、岩田、伊藤あたりでしょうか。先週投げた朝倉は抹消されています。
阪神は、スタンリッジ、鶴、岩田。

・プレビュー

球宴前の9連戦。
交流戦後の成績を5割にするためにも、Aクラス争いに参戦するためにも、
勝ち越すだけでなく、6勝3敗で乗り越えたいところです。
そのためには、マエケンとバリントンが投げる試合を落とさないことが大事になるでしょう。
posted by コービー at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

巨人3連戦プレビュー

節電対策行う東京ドームに今季初めて乗り込み、巨人と3戦。

先発予想は、マエケン、中村恭、バリントン。
篠田が昨日中継ぎ登板をしていますので、
2戦目は中村恭の中5日が有力でしょうか。
バリントンは球宴前まで中4日で投げるという情報があります。

巨人は、東野、西村、澤村でしょうか。

・プレビュー

沖縄の地で4位に浮上したチーム。
さらに上位を目指すために、5位巨人を踏み台にしたいところではあります。
幸いにも相手は4連敗中と調子を落としていますので、
流れを変えさせぬよう、初戦をしっかり取りたいですね。
posted by コービー at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

横浜2連戦プレビュー

本州を離れ、九州も越えて、沖縄へ遠征。
沖縄セルラースタジアムにて横浜と2戦。ビジターゲームです。

先発予想は、バリントン、福井。
先週の登板順だと福井が先ですが、
バリントンを優先して投げさせることになるでしょう。

横浜は、小林太、高崎でしょうか。

・プレビュー

リーグ戦再開後、ここまで4勝4敗の5割。
借金を返していくためには、最下位相手のカードで勝ち越したいところです。
2連戦の2連勝を計算するのは虫のいい気もしますが。
posted by コービー at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

ヤクルト3連戦プレビュー

広島に戻って、マツダスタジアムでヤクルトと3戦。

先発予想は、前田健、篠田、中村恭。
谷間が1日ありますが、2軍で調整を続けている篠田が濃厚です。
最近は投球内容が良くなっているようですので、期待したいところ。

ヤクルトは、石川、増渕、山本斉でしょうか。

・プレビュー

梵が登録を抹消されています。
昨日の自打球では相当痛がっていましたからね。
一度は打席に戻ったので、重傷ではないと思いたいですが。

一時期の底は脱して復調気配だっただけに、離脱は余計に残念です。
2番、そしてショートのポジションをカバーできるかどうか。
posted by コービー at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

阪神2連戦プレビュー

阪神と2戦する北陸遠征。
富山市民球場アルペンスタジアムと、福井県営球場で1戦ずつ。

先発予想は、福井、バリントン。
当初、今村は先発要員だと思っていましたが、昨日リリーフ登板しました。
2戦目は、どうやら情報だとバリントンの中4日登板が濃厚のようです。

阪神は、スタンリッジ、鶴でしょうか。
こちらも2戦目は不透明ですが、阪神に詳しい新聞を信じます。

・プレビュー

リーグ戦再開後の最初のカードを勝ち越し。
良い流れでリスタートすることができました。
北陸遠征で相対するのは、ゲーム差無しで3位を争う阪神。
なんとか互角以上の勝負をしたいところです。
posted by コービー at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

中日3連戦プレビュー

リーグ戦再開。
マツダスタジアムで中日と3戦。

先発予想は、バリントン、前田健、中村恭。
3戦目は福井あたりの登板も可能ですが、
報道などによると、中村恭のプロ初登板が濃厚です。

中日は、チェン、吉見、ネルソンの3人でしょうか。
順番はまったく読めません。

・プレビュー

負け続けた交流戦も終わり、4日空いてのリーグ戦は仕切り直しとなります。

苦しんだ得点力不足に関しては、
貴重な右打者であり機動力を兼ね備えた赤松が復帰してくる予定。
広瀬も7月中には戻ってくるという話です。

一方投手陣は、日程がタイトになることで先発陣の駒不足が懸念されます。
中村恭は緊張の初登板となるでしょうが、
チームにとっては、その投球内容が今後の戦いをも左右するといっても過言ではないでしょう。
posted by コービー at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

楽天2連戦プレビュー

広島に戻って、マツダスタジアムで楽天と2戦。

先発予想は、バリントン、前田健。
楽天は、田中、塩見。

・プレビュー

大型連敗こそ止めましたが、そこから勝ち星なく再び連敗中。
幸いにも、楽天も調子が上がっていませんので、
なんとか一つは勝利が欲しいところ。

前回の宮城での対戦では、2試合連続完封負けを喫していますので、
まずは打線の奮起が求められます。
posted by コービー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

西武、ロッテ4連戦プレビュー

関東遠征へ。
西武ドームで西武と2戦。
今年から命名権によって名前が変わったQVCマリンフィールドでロッテと2戦。

先発予想は、バリントン、前田健、ジオ、福井。

西武は、涌井、牧田。
ロッテは、渡辺、唐川。

・プレビュー

只今10連敗中。
とにもかくにも連敗を止めないことには、今後の展望もなにもありません。
対戦が予想される先発投手には、アンダースローの投手が2人います。
左打者がポイントになってくるでしょうか。
posted by コービー at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

オリックス、ソフトバンク4連戦プレビュー

広島に戻り、マツダスタジアムでオリックスと2戦。
さらにソフトバンクと2戦。

先発予想は、バリントン、ジオ、前田健、福井。
大竹の故障によって再び空いた先発の枠。
篠田の復帰も考えられましたが、先日火曜日に2軍の試合で投げており、結果も散々。
先発で好投を続けているルーキー中村恭も昨日登板(完封!)しており、間に合いません。

となると、1軍の外国人を1人抹消してのジオ先発が濃厚でしょうか。
バリントンを一度先発を飛ばす形で抹消させるか、
調子を落としているトレーシーか、それともシュルツか。

オリックスは、西、金子千。
ソフトバンクは、摂津、山田でしょうか。

・プレビュー

やはり、こいのぼりの季節が去れば、勢いも失ってしまうのか。
5月を終えた時点でしっかりと貯金を消費し、6月からは借金スタート。

日曜から対戦するソフトバンクは、現在、交流戦負けなしです。
彼らを最も黒星に近づけたのは、交流戦最初に対戦したカープなのですが、
今となっては遠い昔のようです。
交流戦トップのチームを叩ければ、再び上昇気流に乗れるでしょうか。
posted by コービー at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする