Twitter: carpkobe

2009年03月25日

チームを率いる資質

優勝が決まり一夜明け、国内組の選手達も日本に戻ってきました。

試合後のインタビュー、シャンパンファイト、記者会見。
そのすべてでイチローの陽気な姿が印象に残りました。
本人のコメントにもありましたが、相当な重圧があったようです。
確かに、結果的に決勝で劇的な決勝打を放ち、日本を優勝に導きましたが、
もし、2次リーグあたりで日本が敗退していたらどうなっていたか。
間違いなくイチローは戦犯に挙げられていたはずです。

彼にはサインを出さないなど、
原監督も多少特別扱いしている部分がありましたので、
そうなれば、その圧倒的な存在ゆえ、起用自体が問題になっていたかもしれません。

日本中から非難されることなど自分には想像もできませんが、
きっと、今まで築き上げてきたものが一気に崩壊するような恐怖感があるでしょう。

しかし、結局それをも乗り越えるのですから、
さすがというべきか、やはりというべきか。


また、今大会では原監督の姿勢も光りました。

決勝で、時差ボケもあるであろう、
WBCの雰囲気に慣れていないであろう栗原を、
左腕が相手とはいえスタメンに使うとは、少々驚きました。
確かに巨人でも、2軍から上がってきた選手などを積極的に使う人ですが、
チームがうまくいっている中で変化をつけるというのは非常に勇気が要るもの。
それをWBC決勝という舞台で実行するのですから恐れ入ります。

良い意味で巨人らしくない監督です。
どっしりと構えるのではなく、常に攻める姿勢。
それが昨シーズンの逆転劇にもつながったと思われます。
また、村田が負傷したとなれば、
試合中にも関わらず入れ替えを要請する、その決断力。
そして、なにより方針の方向性がブレない強さがあります。

韓国との5度の戦いでは、
チャンスを作りながら追加点が取れずに苦しんだり、
また、去年の日本シリーズでは西武の勢いの前に敗れるなど、
試合を進め方に関しては、もしかするともう少し上手くやる方法があったかもしれません。
ただ、チームを率いる人間としての資質は申し分ないのではないかと思います。
きっと、名将と呼ばれる父親の後姿をしっかりと見てきたのでしょう。
posted by コービー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

連覇と熱戦に感謝、感激

WBC連覇達成!ということで。

決勝というものは意外と凡戦になることも多いのですが、素晴らしい熱戦になりました。
そして最後に決めたのはイチロー。劇的すぎるシナリオです。
手に汗握る緊張感が一気に歓喜へ昇華するカタルシス。

そして、日本の野球を日々応援している者として非常に嬉しく、
日本の野球が世界の頂点に立ったことが、なにより誇らしい。
よくやってくれました。そしてありがとうと言いたいです。

また相手韓国も素晴らしかった。
いつも日本より安打数が少ないにも関わらず接戦に持ち込んでくる、
その集中力たるや尊敬に値します。好敵手、負けて強しでした。

・試合のポイント

一応、野球好きとして今日の試合で気になった部分を。
優勝したというのに、これでチームも解散するというのに、
今更洗い出しをするなんてナンセンス極まりないですが、
たぶんどこも取り上げないと思うので、あえて。

日本はチャンスを何度も作りながら決め切れませんでした。
3回の一死満塁、5回の無死一三塁、7回の一死一三塁、9回の無死二塁。
いずれかで追加点を挙げていれば、決着は9回でついていたかもしれません。

また、日本は今大会、先発が乱調になることがなかったためか、
不思議と制限の球数に近づくまで岩隈を代える雰囲気がありませんでした。
8回は明らかにおかしくなっていたわけですから、
投手総動員の決勝戦、早めに手を打っても良かったのかなと思います。

9回裏に追いつかれたときには、日本中から悲鳴が聞こえました。
ダルビッシュは2次リーグで韓国とは対戦していたので、
城島は、また違った攻めをしたかったのでしょうが、
さすがにスライダーを投げすぎだったような気がします。
ダルビッシュはコースに際どく変化球を投げる投手ではありませんし
相手を意識しすぎて、本来の良さを消してしまったのではないでしょうか。

勝因とすれば、投手陣の踏ん張りでしょう。
そして、ホームが遠くとも、チャンスを作り続けた打線。
最後は、敬遠策さえ打ち消してしまうオーラを持ったイチローという存在です。

・MVP

MVPは松坂大輔が受賞しました。
唯一3勝挙げている投手ですから順当でしょう。
しかし、今大会はチーム全員が勝利に貢献した印象が特にあり、
MVP級の活躍をしてくれた選手はたくさんいます。

岩隈。
勝ち星こそ1つだったものの、
松坂と同じかそれ以上、大事な試合で安定感のある投球をしてくれました。
もう少し打線の援護があればMVPだったでしょう。

杉内。
所属チームでは先発ながら、
代表ではロングリリーフもこなす左の中継ぎとして本当に貴重な働き。
とうとう安打は最後まで許しませんでした。

城島。
メジャー選手相手でも、またそうでないにしても、
彼の経験や読みからくる好リードが投手陣を引っ張りました。
打っても、4番に座った決勝こそブレーキになりましたが、
準決勝までは高打率をマークし、下位打線の重要なポイントとなりました。

内川。
左キラーとしてだけでなく、右投手相手でも結果を残しました。
なにより得点につながる一打が多かった印象です。
本来はファーストですが、貴重な右の外野手としても無難に守備をこなしました。

青木。
大会序盤から安定した打撃を見せ、
当初不調だったイチローをカバー。
3番としてポイントゲッターの仕事もしっかり果たしてくれました。

・鯉の侍

栗原は左腕が先発ということもあり、決勝でスタメン出場。
残念ながら2打席凡退の後、韓国が右投手になり交代となりました。
2打席目の一死満塁での併殺打は、
試合に負けていれば、敗因として挙げられてもおかしくないだけに、
本人も優勝できて安堵していることでしょう。
やはり栗原の場合、ボン・ジュングンと2度対戦している他のバッターとは違います。
あそこで打ってヒーローになってほしいという思いはありましたが、
打てなくてもなんら恥じることはありません。

石原は打席に立つことはなく、出場機会もほとんどありませんでしたが、
常にブルペンで投手の球を受け、チームに貢献していたと聞きます。

彼らには胸を張ってチームに帰ってきてほしいと思います。
posted by コービー at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

アメリカの本気を引き出すために

準決勝アメリカ戦。9−4で快勝しました。

試合を分けたのは、つなぐ意識ではないでしょうか。
4回の日本の5得点は、ほとんどが右方向。
最低でもランナーを進めようとする意識がビッグイニングにつながりました。

対照的にアメリカは、8回に2点こそ返しましたが、
この回の2本のヒットはいずれも右打者の三塁線の打球と、
完全に引っ張った打球でした。

また、この試合、レフトからライトに強い風が吹いていたことも、日本の勝利をアシストしました。
レフトへのホームラン性の打球はすべて失速。2本ほど風に救われたように思います。
ただもちろん、城島はそれを踏まえたうえでリードしていたでしょう。

9回は藤川を使わず、ダルビッシュを投入。
単にダルを中継ぎで使いたかっただけで、深い意味はないかもしれません。
ただ、馬原や藤川は早い直球が武器の投手ですが、
アメリカはその直球に強いという思いが原監督の頭の中にはあったと思います。
馬原の失点によりその悪い予感が当たったことで、
藤川投入を見送ったという考え方もできます。
ダルは直球が通用しなくても、レベルの高い変化球がありますので。

栗原は終盤に代打で出番がありました。
監督の配慮もあったことでしょう。
三振には倒れてしまいましたが、打席に立ったことは貴重な経験になったはずです。


これでアメリカは2大会連続で決勝にも残れませんでした。

かつてドリームチームを称されたバスケットボールアメリカ代表も、
辞退者が続出した世界選手権や五輪では優勝を逃し続けました。
それにより関係者の危機感を招いたことで、
北京五輪で優勝した本当のオールスターチーム結成につながります。

辞退者が続出するなど、サポート体制の整わないアメリカを本気にさせるためには、
同じく苦渋を味わわせ続けることでしょう。
そのためにもアメリカの優勝を阻止したのは大きな出来事だと言えます。

また、違ったアプローチでは、日本がヒールになってほしいと思います。
原監督のコメントからは「これでアメリカの野球を越えたとは思わない」
といった発言がありましたが、それではアメリカの関係者を安心させるだけです。

むしろ挑発してほしいと思います。
アメリカもたいしたことないな、と。
母国のプライドをあえて傷つけないといけません。

ボクサーや格闘家が目標の相手と対戦したければそうするように、
非紳士的だとしても、時として必要なことでもあるような気がします。
posted by コービー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

母国を倒しての世界一に向け

韓国対ベネズエラは、大差で韓国の勝利。
一発勝負の緊張感ある準決勝のはずでしたが、
試合は正反対の雰囲気となってしまいました。

とにかく先発が試合を壊してしまっては終わり。
大会に注目する世界中のファンのためにも、これだけは避けたいところです。


明日は、日本がアメリカと対決。
ベネズエラが予想外に惨敗したために、
順位決定戦では無理せず2位で通過したほうが良かったのでは、
と思う人もいるかもしれません。

しかし、アメリカとてコンディションは良くありません。
彼らとは前回大会での因縁もありますし、
確実に対戦するためにも、むしろここで当たって良かったでしょう。
対戦しないまま優勝するよりも、
前回成しえなかった「野球の母国を倒しての世界一」を達成してほしいと思います。

相手先発はアストロズのオズワルド。
毎年、高いレベルで安定した成績を残している投手です。
今まで対戦した投手と比べると制球が良いタイプだと思いますので、
好球必打が絶対条件でしょう。
日本の打者は、大事な試合で固くなるのか、
最初からあまり手を出さない傾向がありますから、特に。

村田の抜けたサードは、右投手が相手ですのでおそらく川崎。
好調ながら今まであまり出場機会がありませんでしたが、
満を持してスタメン投入となりそうです。

アメリカに到着した栗原は、前日の全体練習こそ間に合ったようですが、
なにより時差ボケの影響がないかが心配です。
彼の役割は、先にも述べましたがおそらく右の代打。
同じ右の代打には内川もいますので、
自分に求められているのは長打ということをしっかり認識し、
来るべきときに備えてもらいたいところです。
posted by コービー at 23:18| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

代表ストーリーは突然に

2次リーグの1位2位決定戦は、
韓国相手に6−2で勝利。

お互い、準決勝進出が決まっていることもあり、主力投手は温存。
今まで出番の無かった選手の調整試合になってしまいました。
ただ、日本の方が負け越している分、モチベーションが高く、
それが結果として現れた形です。

そもそも、この1位2位決定戦の意味合いが非常に薄いものになっています。
次に対戦するチームがどこになっても実力はあまり変わらず、
アドバンテージを得られるとは言えません。
無敗で2勝したチームがそのまま1位決定、
敗者復活を勝ち上がったら2位で良いのではないでしょうか。

また、組み合わせも偏りすぎの感があります。
今回で韓国とは4度目の対戦。
考えてみれば、東京ラウンドの初戦の中国以外は、
韓国とキューバとしか対戦していません。
メジャーリーガーが大勢参加する世界大会のはずなのに、
実際対戦したのは韓国のチュ・シンスのみ。
この大会ならではの醍醐味を味わっていないことになります。

会場を固定することでチケット販売につなげたい思いもあるのでしょうが、
まずは大会の魅力を向上させることが第一ではないでしょうか。
まだまだ大会方式については改善の余地があるはずです。


それにしても、怪我だけは避けたかったはずの一戦で起きてしまった村田の負傷。
それによって栗原が準決勝から追加召集されることになりました。
もちろん、本人にはもしものことがあればと伝えられていたと思いますが、
それでも寝耳に水だったことでしょう。

曲がりなりにも、本人が望んでいた代表入りということになりました。
ただ、村田の代わりということですが、今の栗原はサードを守れません。
役割とすればおそらく右の代打。
カープでの開幕前の期間を犠牲にして行くわけですから、
出番も無く準決勝で敗退、とはなってもらいたくありません。
日本が優勝する場に立会い、石原とともに貴重な経験を持ち帰ってくれることを願います。
posted by コービー at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

日本力は投手力か

後が無くなった状態で、キューバと2度目の対戦。
立ち上がりこそ打者に堅さが見えましたが、
岩隈の快調な投球に引っ張られるように得点。
終わってみれば、5−0の快勝となりました。

特筆すべきは、投手力です。
強打のキューバを2回完封したという事実は、
日本の投手力、守備力を世界に示したといえるでしょう。
特に今日の岩隈や杉内は、少々規格外の松坂、ダルビッシュに比べ、非常に日本的である投手。
綺麗なフォーシームを中心にすべての球種が制球されており、
フィールディングの良さやランナーを置いた場面での対応など、総合的な能力の高さがあります。
それがまた、力強くも多少荒さのある相手にしたことでより映えていましたし、
ダルビッシュに注目していたアメリカのスカウト達も唸らせたのではないでしょうか。

打線では、得点のきっかけとなったのはやはり長打でした。
4回一死一塁で稲葉が2ベース。
村田が浅いフライになり嫌な空気も流れましたが、
続く小笠原の当たりが、相手の失策とはいえ得点になったことで
見るからに堅かった選手達に生気が戻りました。

後がない試合、しかも相手はキューバでしたが、
この先制点で勝てたような気がしたのは自分だけではないでしょう。
posted by コービー at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

韓国との差はなにか

ベスト4の切符をかけた韓国との対戦は、1−4で敗戦。

四球やミス絡みによる初回の3失点がすべてという印象です。
機動力や小技で得点する日本のスタイルは、
一挙大量得点による逆転を最も苦手としています。
均衡した場面では、バリエーションに富んだ策を駆使できるものの、
今日のような展開では連打を期待するだけになってしまいます。

そういった意味では、日本の打線に欲しいのは長打力です。
一本出たらそれだけでチャンス、走者がいれば一気にホームまで帰せる長打は、
連打がそう期待できない国際試合では貴重なものとなります。

日本は舞台がアメリカになってからの2戦で、
計19安打放ちながら、長打はわずかに1本。
韓国は日本との一戦こそ長打はありませんでしたが、
先のメキシコ戦では3本のホームランを放っています。

韓国の打者は193cmのイ・デホのような、
当たればどんな広いスタジアムだろうと持っていくと思わせる打者がいますが、
日本の場合、去年の本塁打王である村田と中村がそれぞれ177cm、175cmと、
世界的に見ればむしろ小柄な部類になってしまいます。

できれば中軸に一人ぐらいは、そういった威圧感のある選手が欲しいところです。
188cmの松井秀喜のような。

そして、もう一つ差を感じたのは、挑戦者のメンタリティ。

試合後、韓国の監督は「日本のレベルのほうが高いが、いつも高いほうが勝つとは限らない」と、
また先発したボン・ジュングンも「日本の野球のレベルは我々よりも高い。
しかし精神力、団結力では我々が上だった」とコメントしています。
近年の国際舞台でこれだけ日本を圧倒していても、
こういった精神を持って挑んできていたわけです。
初回、塁に出た先頭打者が次の初球でいきなり盗塁したことも、
挑戦者ならではの奇襲と言えるでしょう。

一方の日本はどうだったか。
心のどこかで普通にプレーすれば勝てると思ってるのではないでしょうか。
やはり相手が互角以上と認めたうえで、気持ちで上回らないと。


そして今日の試合、石原がWBC初出場。
城島が退場となったことにより、7回からマスクをかぶりました。
無難に守備をしていたように見えましたが、
8回に押し出しでダメ押し点を与えてしまったことには、本人も悔しい思いでしょう。

9回には打席が回ってきましたが、代打を送られました。
相手投手はヤクルトのイム・チャンヨン。
右打者ですし交代は仕方ありません。
去年の直接対決の結果は定かではありませんが、
イムにはカープ全体が抑えられていますので。
posted by コービー at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

キューバに快勝

アメリカ大陸に乗り込んでの2次リーグ初戦は、
キューバ相手に6−0で快勝しました。
原監督がシミュレーション以上の内容と語っていた通り、ほぼ完璧な試合内容。
松坂が抑えれば打線も3回から着々と加点。
2回の2度の走塁ミスも、
勝ってしまえば相手先発チャップマン攻略の必要経費といったところでしょうか。

次は、またもや韓国との戦い。
1次リーグでは戦い慣れた東京ドームでファンに囲まれての戦いでしたが、
今回はそうではありません。
違った雰囲気の中でどんな試合になるか、楽しみです。
posted by コービー at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

入れ込みすぎずに

日本代表は、2次リーグの地、サンディエゴに。
日本時間16日午前5時から初戦のキューバ戦があります。

連日メディアは代表の一挙手一投足を報道、
1次リーグ韓国戦では視聴率が40%近くになるなど、この人気ぶりには驚かされます。
自分も宮崎まで訪れた身ですが、合宿ももっと余裕で見学できるものと思っていましたし、
日本で最も人気がある競技とはいえ、ちょっと過熱状態ではないかという気がします。
親善試合でもチケットがほとんど売れるなど、
一時のサッカー日本代表のバブルをも思い起こさせます。

ファンの期待を集めることになり、またディフェンディングチャンピオンということで、
前回大会にはなかった重圧が選手達にはかかるでしょう。
ただ、日の丸の重みがある五輪とは違い、WBCでは必要以上に気負うことはないと思います。
メディアは連覇というフレーズを盛んに口にしますが、それは簡単なものではありませんし、
選手達には、ほど良い緊張感でプレーしてくれればと思います。

個人的にも、もちろん優勝してほしいと思いますが、
それ以上に、自分が熱中してきた日本プロ野球が、
世界を相手に誇れるものだということを再び証明してほしいという気持ちが強いです。
そうなることによって世界において自分の存在も感じられるような。
少々大袈裟かもしれませんが、そんな気がします。
posted by コービー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

オランダが上回ったもの

WBCは2次リーグの8チームが揃いましたが、
ドミニカがオランダに2度も負けたのは驚きました。

ただ、オランダには国内リーグもありヨーロッパの中ではトップレベルです。
また、中米に野球が盛んなオランダ領があり、そこの選手もいますので、
実は我々が考えるほど弱くはないようです。
試合も見ていましたが、拙い守備が失点につながったドミニカに比べ、
オランダは比較的守備が安定していました。
やはり守備さえしっかりしていれば勝負になるということが証明された形です。

さらにもう一つ言うなら、監督が大学野球の名将ようで、
相手のことをよくスカウティングしていたのではないでしょうか。
逆にドミニカはオランダのことはほとんど調べていなかったでしょう。


それにしても、この大会見ていると、
プエルトリコは現西武のボカチカ、パナマは元ロッテのズレータ、
メキシコには元オリックスのガルシア、
イタリアには、カナダ戦で勝利投手になった元オリックスのセラフィニや元ロッテのパスクチ、
などなど、結構日本球界に縁のある選手達が出場していました。
やっぱりそういった選手は親近感が湧きますし、
国を枠を越えて応援してしまいますね。
posted by コービー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする