Twitter: carpkobe

2013年04月26日

リリーフになった経緯を思い出すべき

4月25日(木)神宮球場
ヤクルト8−7広島

痛い。マエケン、エルドレッド、前田智の故障以上に、今村で星を落としすぎているのが痛い。

今村個人は2敗ながら、追いつかれた試合、前の投手が置いた勝ち越しの走者を返した試合などが計5つ。22試合消化しての1/4近くになります。

今村は決して調子は良くありませんが、かといって絶不調にも見えません。ただ、今季目立つのは一昨日や今日の試合にも代表されるような、スーッと真ん中に投げてしまう失投。もともと繊細な制球力を持つ投手ではありませんが、どうも集中力を欠いているように見えます。WBCに出場した影響が、身体的、精神的に出てきているのかもしれません。

今村をどう立ち直らせるか。ここで、そもそも今村がリリーフになった経緯を思い出してみるべきでしょう。当初は先発として期待された選手でしたが、長いイニングを投げるようとすると、どうしても力を抜いたり集中力が欠けるような投球が目立って結果が残せなかったため、配置転換となったわけです。そして新たな職場では出色の活躍を見せ、日本代表にまでなった、と。

つまり、短いイニングほど力を発揮するということです。

思えば、今季今村が打たれているのは、登板した時点で2イニングや回跨ぎが予想されるような登板の試合ばかりです。開幕戦、4月5日、4月16日、一昨日、そして今日の試合。

一方、リードした展開で1イニングのみを任されていた試合は無失点です。4月4日、7日、12日、17日の4試合が該当し、計4イニングで被安打1、四死球1とほぼ完璧な内容。

つまり、登板前から、ある程度の打者数に投げるとわかっていると、力や集中力が抜けてしまっているのではないかという推測ができます。

タフな選手であり、ベンチとしても少しでも多くのイニングを任せたくなる気持ちも分かります。ただ、現状では1イニングに限定して、短い登板の間に全力投球と最大限の集中力を発揮させるようにするのが、投球内容、疲労面を考えてもベストな起用法ではないでしょうか。

では、今村を投球回を減らす代わりに誰が投げるのか。

そこで指名したいのが河内です。今季は15人の打者と対戦して、四球こそ2つありますが、なんと被安打はゼロ。左のワンポイント的起用の印象が強い河内ですが、右打者とも約半分の7人と対戦して無安打無四球に抑えています。投球回数は少ないものの、これだけの数字を見れば、彼をもっと良い場所で投げさせてみたい気持ちにもなります。

リードしていれば7回は河内、8回は今村と固定することによって、混乱の度合いを深めているリリーフ事情が好転する可能性を秘めているのではないでしょうか。
posted by コービー at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

横浜に相性が良かった理由

4月17日(水)マツダスタジアム
広島1−0横浜

スミイチでの勝利。その1点は相手の狭殺プレーのミスの後に生まれた犠牲フライでした。

去年、横浜に好相性を誇った理由がわかるような試合です。昨年のカープは明らかな投高打低であり、投手陣が無失点で抑えても1点取るのにも四苦八苦していました。ところが、横浜というチームは守備の綻びを見せてくれる。それが貴重な得点につながるのです。

逆に言えば、こちらが綻びを見せないことこそが重要になってきます。そういった意味では今日の大竹はリズムが良く、バックの好守も誘発し、無駄な四球もほとんど無し。1点差とはいえ、勝つべくして勝った試合と言えるかもしれません。
posted by コービー at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

捕手を代えない忍耐力

4月16日(火)マツダスタジアム
広島3−6横浜

横浜相手にリードしながら、信頼を置けるはずのミコライオ、今村が失点しての逆転負け。

去年、横浜を相手に貯金を10も稼いだカープです。お得意様中のお得意様相手であり、このような試合の落とし方をしていては、昨季以上のチーム成績はとても望めないでしょう。

ただ、ミコライオに関しては、たしかに投球が高いという指摘もありましたが、そもそも細かい制球で勝負するタイプではありません。たまたま内野を抜けるような安打も多かったですし、失点は不運だったともいえるでしょう。

それに比べて気になるというか、腑に落ちないのが今村の失点。「それみたことか」という話になってしまいますが、前回でも指摘した通り、捕手を白濱に代えたことに首を傾げてしまいます。

同点の9回裏に先頭打者だった石原に代打を送ったものの、サヨナラ勝ちには結びつかず。延長から白濱が代わってマスクをかぶりましたが、走者を三塁に置いてワイルドピッチという形で勝ち越しを許してしまいました。ベースの前でバウンドしているとはいえ、横に逸らすのではなく、なんとか前に落としてほしい球にも見えました。もちろん難しい注文ではありますが、1点もやれない展開では求めたい技術でもあります。

また、失点前の二死三塁でブランコを打席に迎えた場面では、一度、マウンドで集まって会話を交わしたにもかかわらず、数球捕手が座って投げた後に再度コーチが出てきて敬遠を指示。ベンチと意思疎通ができなかったという点でもバッテリーに問題があるように思えました。

時間制限も撤廃された今季は延長12回まであり、やはり正捕手を簡単に代えるべきではないでしょう。もちろん先頭打者を出せば得点の確率は高まりますが、石原とてこの試合でタイムリーを打っている打者です。どうも安易に代打を送ったような気がしてならないのです。
posted by コービー at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

雨天中止(2011/7/19)

今季4度目の雨天中止。
今日は前田健、明日がバリントンの先発予定でしたが、
後者は球宴に出場ということで無理はさせず、
マエケンのスライドが濃厚でしょう。
posted by コービー at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

雨天中止(2011/5/11)

2日連続、今季3度目の雨天中止。
先発予定は福井のようでした。
こうなると、今村が最近結果を残せてないので、
彼に代わって土曜あたりに先発することになるでしょうか。

明日も天候は良くないようです。
posted by コービー at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

雨天中止(2011/5/10)

今季2度目の雨天中止です。
開催予定だった旧グリーンスタジアム神戸こと、現ほっともっとフィールド神戸。
公式戦であまりプレーする機会はないので試合をしたかったところですが。

先発予定は中4日でバリントンだったようです。
あわよくば、さらに中4日で今週2度登板させる予定だったのでしょう。

ただ、その目論みも外れた以上、
また、もともと降水確率が高かったこともありますし、
スライドの可能性は低いように思います。
なにより明日も中止になりそうな感じですし。
posted by コービー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

雨天中止(2011/4/27)

今季初の雨天中止。
篠田は好調ですが、カープ打線はスタンリッジを苦手としているので、
痛み分けといったところでしょうか。

中止決定は試合開始直前であり、
両チームの先発は投球練習もしていたはずです。
スライドの可能性は低いでしょう。

カープは今週、先発投手が一人足りない状況でしたが、
今日の中止で谷間が無くなりました。
これはプラス材料かもしれません。
posted by コービー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

スキャンダルと成績の関連性

災害で忘れ去られた感はありますが、
2月キャンプの時期、マエケンのちょっとしたスキャンダルが新聞紙上などを賑わせました。

ここでその内容の良し悪しについて語るつもりはありません。
気になるのは、こういったプレー以外での外的要素が加わったとき、
成績にどんな影響が出るか。
言い換えればカープのエースは、今季も活躍してくれるかどうかということです。

他球団のファンから冗談半分で野次られることもあるでしょうし、
活躍できなければカープファンからも厳しい声が出ることになるでしょう。
それらが精神的な負担となって成績を下げてしまうか、それとも汚名返上にと奮起してくれるか。

ここで一つの判断材料として取り上げてみたいのが、松坂大輔の2001年の成績です。
年齢も現在のマエケンと同程度だった当時の西武のエースは、
前年の終盤、現夫人の家に向かった際にいくつかの違反などで書類送検されていました。

このシーズンの松坂の成績は、15勝15敗、防御率3.60。
14勝7敗だった前年よりも防御率が向上しているにもかかわらず貯金を作れなかったのは、
野手の援護がなかったからだともいえます。
やはりそういった事件があると、
投手のためになんとか援護してやろうという気持ちが薄れてしまうのかもしれません。

ただ、注目すべきは、この年、240イニング(!)を投げているということです。
本人としては汚名返上のために必死に頑張りました。
監督の采配もありますが、きっとマエケンもシーズンをフルに戦ってくれるはずです。
posted by コービー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

お年賀2011

プロ野球の正月は2月1日とよく言いますが、
さらに1ヶ月遅れの挨拶となってしまいました。
本年もよろしくお願いします。

2011.JPG
posted by コービー at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

高橋建、引退発表

1ヶ月ぶりの雨天中止。
最近は、非常に雨が少なかったですから、世間的には恵みの雨でしょうか。
個人的にも、明日観戦予定ですので、
マエケンがスライドする可能性が高いことは幸運かもしれません。

また本日、球団は高橋建の引退を発表しました。
最近は2軍でも投げておらず、予感していたことでもあります。

メジャーから復帰した今季は、開幕から貴重な中継ぎとして奮闘しました。
暑くなるにつれ調子を落として、内容、成績ともに下降線を辿りましたが、
首脳陣がもっと本人の年齢や体調を考慮して起用していれば、との思いは残ります。

とはいえ、本人が引退の意思を固めたならば、お疲れ様です。
メディアを通しても温厚な人柄は聞こえてきますし、
今後は指導する側として働くことを求められるのではないでしょうか。
posted by コービー at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする