Twitter: carpkobe

2015年09月28日

栗原の報道について私見と解説

27日、一部新聞などで栗原が球団から戦力外を通告されたと報道され、栗原個人がブログで否定するといったやり取りがありました。その後、記事の表現は「戦力外」から「構想外」へと変更されていました。

今回の一連の騒動(?)について、私見と解説を少々。

そもそも、戦力外という表現をなぜ否定し、記事を書き換える必要まであったのか。構想外とはなにが違うのか。

それは契約上の観点から言うと戦力外とはイコール自由契約であり、来期以降の契約を結ばないことを意味します。つまり、球団に少しでも契約する意思があれば戦力外という表現は誤りなわけで、記者もプロならば事実を確認できない以上、その単語は使うべきではなかったということです。

ウエスタンリーグの日程が終了し、ドラフトや戦力外通告を来月に控えるなど、来季へ向けて編成が大きく動くタイミングだっただけに、球団との面談内容について周囲が憶測を立てるのは当然といえば当然。

ただ、はっきり言えば、栗原が長年の功労者であることを考えると戦力外通告は考えにくい。広島カープという球団の性格、チーム編成状況、メディア報道、本人や嫁のブログの内容などを考慮すると、今回の面談の内容は以下のようなものだったのではないかと想像します。

・今季の成績からして、来季契約するとしても限度額を超えたダウンになる。
・チームは今年も優勝を逃し、若手を育てるためにも、来季も栗原にはそう多くのチャンスを与えることはできない。
・(減額制限を超えた場合、選手が納得できなければ他球団との契約が可能になる(去年の新井のケースと同様)ので、)球団としては栗原本人に他で勝負したい気持ちがあるならば送り出す。
・もし逆に引退の決断をするのであれば、1軍の試合も残っているし、功労者としてそれ相応の花道を準備したい。
・人間的な部分も評価し、引退するならコーチを打診。選手兼任という選択肢も含めて。

おそらく、こんな感じでしょう。

そして、栗原自身は現役続行の意思が強く、年俸ダウンを飲み広島に残って少ないチャンスにかけるか、少しでも多くのチャンスを与えてくれる球団(NPBに限らず)を探すかで揺れているのだと思います。個人的にはもちろん前者を望みますし、どんな形でもいつか1軍に戻ってきてほしいと思っています。

ただ、後者も険しい道のりでありますが、実家山形に近い楽天から声がかかったりしたら、それはそれで本人には幸せなシナリオなのかなとも思います。
posted by コービー at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック