Twitter: carpkobe

2013年04月26日

リリーフになった経緯を思い出すべき

4月25日(木)神宮球場
ヤクルト8−7広島

痛い。マエケン、エルドレッド、前田智の故障以上に、今村で星を落としすぎているのが痛い。

今村個人は2敗ながら、追いつかれた試合、前の投手が置いた勝ち越しの走者を返した試合などが計5つ。22試合消化しての1/4近くになります。

今村は決して調子は良くありませんが、かといって絶不調にも見えません。ただ、今季目立つのは一昨日や今日の試合にも代表されるような、スーッと真ん中に投げてしまう失投。もともと繊細な制球力を持つ投手ではありませんが、どうも集中力を欠いているように見えます。WBCに出場した影響が、身体的、精神的に出てきているのかもしれません。

今村をどう立ち直らせるか。ここで、そもそも今村がリリーフになった経緯を思い出してみるべきでしょう。当初は先発として期待された選手でしたが、長いイニングを投げるようとすると、どうしても力を抜いたり集中力が欠けるような投球が目立って結果が残せなかったため、配置転換となったわけです。そして新たな職場では出色の活躍を見せ、日本代表にまでなった、と。

つまり、短いイニングほど力を発揮するということです。

思えば、今季今村が打たれているのは、登板した時点で2イニングや回跨ぎが予想されるような登板の試合ばかりです。開幕戦、4月5日、4月16日、一昨日、そして今日の試合。

一方、リードした展開で1イニングのみを任されていた試合は無失点です。4月4日、7日、12日、17日の4試合が該当し、計4イニングで被安打1、四死球1とほぼ完璧な内容。

つまり、登板前から、ある程度の打者数に投げるとわかっていると、力や集中力が抜けてしまっているのではないかという推測ができます。

タフな選手であり、ベンチとしても少しでも多くのイニングを任せたくなる気持ちも分かります。ただ、現状では1イニングに限定して、短い登板の間に全力投球と最大限の集中力を発揮させるようにするのが、投球内容、疲労面を考えてもベストな起用法ではないでしょうか。

では、今村を投球回を減らす代わりに誰が投げるのか。

そこで指名したいのが河内です。今季は15人の打者と対戦して、四球こそ2つありますが、なんと被安打はゼロ。左のワンポイント的起用の印象が強い河内ですが、右打者とも約半分の7人と対戦して無安打無四球に抑えています。投球回数は少ないものの、これだけの数字を見れば、彼をもっと良い場所で投げさせてみたい気持ちにもなります。

リードしていれば7回は河内、8回は今村と固定することによって、混乱の度合いを深めているリリーフ事情が好転する可能性を秘めているのではないでしょうか。
posted by コービー at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック