Twitter: carpkobe

2013年04月18日

横浜に相性が良かった理由

4月17日(水)マツダスタジアム
広島1−0横浜

スミイチでの勝利。その1点は相手の狭殺プレーのミスの後に生まれた犠牲フライでした。

去年、横浜に好相性を誇った理由がわかるような試合です。昨年のカープは明らかな投高打低であり、投手陣が無失点で抑えても1点取るのにも四苦八苦していました。ところが、横浜というチームは守備の綻びを見せてくれる。それが貴重な得点につながるのです。

逆に言えば、こちらが綻びを見せないことこそが重要になってきます。そういった意味では今日の大竹はリズムが良く、バックの好守も誘発し、無駄な四球もほとんど無し。1点差とはいえ、勝つべくして勝った試合と言えるかもしれません。
posted by コービー at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック