Twitter: carpkobe

2013年04月17日

捕手を代えない忍耐力

4月16日(火)マツダスタジアム
広島3−6横浜

横浜相手にリードしながら、信頼を置けるはずのミコライオ、今村が失点しての逆転負け。

去年、横浜を相手に貯金を10も稼いだカープです。お得意様中のお得意様相手であり、このような試合の落とし方をしていては、昨季以上のチーム成績はとても望めないでしょう。

ただ、ミコライオに関しては、たしかに投球が高いという指摘もありましたが、そもそも細かい制球で勝負するタイプではありません。たまたま内野を抜けるような安打も多かったですし、失点は不運だったともいえるでしょう。

それに比べて気になるというか、腑に落ちないのが今村の失点。「それみたことか」という話になってしまいますが、前回でも指摘した通り、捕手を白濱に代えたことに首を傾げてしまいます。

同点の9回裏に先頭打者だった石原に代打を送ったものの、サヨナラ勝ちには結びつかず。延長から白濱が代わってマスクをかぶりましたが、走者を三塁に置いてワイルドピッチという形で勝ち越しを許してしまいました。ベースの前でバウンドしているとはいえ、横に逸らすのではなく、なんとか前に落としてほしい球にも見えました。もちろん難しい注文ではありますが、1点もやれない展開では求めたい技術でもあります。

また、失点前の二死三塁でブランコを打席に迎えた場面では、一度、マウンドで集まって会話を交わしたにもかかわらず、数球捕手が座って投げた後に再度コーチが出てきて敬遠を指示。ベンチと意思疎通ができなかったという点でもバッテリーに問題があるように思えました。

時間制限も撤廃された今季は延長12回まであり、やはり正捕手を簡単に代えるべきではないでしょう。もちろん先頭打者を出せば得点の確率は高まりますが、石原とてこの試合でタイムリーを打っている打者です。どうも安易に代打を送ったような気がしてならないのです。
posted by コービー at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック