Twitter: carpkobe

2013年04月02日

途中出場する捕手の難しさ

3月31日(日)東京ドーム
巨人3−2広島

開幕1軍のメンバーを見て違和感を感じたことを思い出しました。倉が外れている-----。

この試合、延長11回表にエルドレッドの勝ち越し弾が飛び出しましたが、その裏に連打を浴びて一気にサヨナラ負け。もちろん打たれた横山の投球が優れなかったのは確かですが、どこかバッテリー自体が落ち着けていないような印象を受けました。

マスクをかぶっていたのは白濱。石原に代打が出されたことにより延長から出場していましたが、今村と組んだ10回裏も少し理解に苦しむ配球をするなど、試合に入り込めていなかったように思います。

捕手という特殊なポジションは試合途中から守るのが難しいもの。試合開始からの流れ、リズム、配球や打者の反応など、蓄積された情報が少ないまま終盤の大事な場面で判断を下さねばなりません。「抑え捕手」などという存在を起用するチームが稀にありますが、そのときは決まって経験豊富なベテラン捕手がその座に着きます。

ただでさえ白濱は1軍経験の少ない選手。そんな捕手を延長戦という緊迫した状況で起用するのには大きなリスクが伴います。もちろん首脳陣もある程度は理解しているのでしょうが、石原に代打を出したのは一死一塁という場面であり、決して必要不可欠な策ではなかったように思います。

これが倉を含めた捕手3人制を敷いているならまだわかりますが、現在は石原と白濱の2人。得点圏に走者もいないような場面で簡単に捕手を安易に代えるのは、故障の可能性などを考えても、後先考えていないような采配だと言わざるを得ません。

開幕1軍を外れた倉ですが、彼もアラフォーとなり、打撃や肩の面では衰えを感じるようになってきたかもしれません。ただそれでも、捕手としての能力はカープでも1、2を争う存在であることは変わらないでしょう。去年マエケンのノーヒットノーランを導いたのも倉です。

次世代の捕手を育てることも球団をしての課題ではありますが、まだまだ1軍にはベテラン捕手の力が必要な気がします。
posted by コービー at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック