Twitter: carpkobe

2010年11月23日

カープ大反省会2010(2)

〜投手陣〜

今季のチーム防御率は4.80。
横浜に助けられて最下位こそ免れたとはいえ、本拠地の広さを考慮すれば、
パフォーマンスとしてはワーストだったと言っても過言ではないでしょう。
今季貯金を作った他の4球団が、悪くても4点前後だったのですから、
カープが多大な借金を背負った理由は、明らかです。

去年、投手陣には一定の手応えを得たはずでした。
球場が広くなった影響もあってか、防御率は3.59。
これはシーズン2位だった95年以来の好数字でした。
それがたった1年でこの惨状ですから、
単に故障者や退団選手だけが原因とは思えません。

投手のチーム成績を見ていると、
与四球数がリーグで図抜けて多いことがわかります。
去年、防御率が改善されたのは、監督の方針として四球を減らすことを徹底し、
実際にリーグ最少の与四球数を記録したからこそ。

与四球数をリーグ最少に減らし、防御率が3点台半ばに改善されたのに、
与四球数がリーグ最多になると、防御率は5点近くに悪化。
これほど分かりやすい参考数値もありません。

防御率に直結する与四球。
今季、これだけ増えてしまったのは、
やはり前年までの方針が継続されていなかったからでしょう。
前監督のように徹底しているというような話は聞こえてきませんでした。
「去年1年で選手が理解しただろう」を考えたのかもしれませんが、
結果として、それは間違いだったといえます。
石の上にも3年。

また、四球減の方針だけでなく、その他においても、
前シーズン改善された点に対するリスペクトがないように感じました。
たとえば、昨季先発ローテで見所のある投球をしていた篠田、齊藤、今井といったあたりを、
何試合か悪い内容が続いただけで、すぐに先発降格させたこと。
結局、彼らは中継ぎ登板、2軍落ちといった配置転換が続いたことでリズムを崩し、
本来の実力を発揮できないままシーズンを終えてしまったように見えます。

指揮官が代われば方針が変わるのも当然ですが、
すべて変えてしまっては選手も戸惑いますし、無理があるというもの。
以前までの良い部分は残しつつ、悪い部分での改善を図る。
それが効率的なチームの作り方というものでしょう。
posted by コービー at 07:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。
初のコメントです。
四球と防御率の関係は全くその通りだね。そこに言及するとはさすがです。大野コーチもその辺データがあるんじゃけえ来期は改善するよう指導して欲しいよね。
Posted by 広島より愛を込めて at 2010年12月13日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック