Twitter: carpkobe

2010年06月12日

流れを引き寄せる「尻上がり」

西武2−6広島
連勝で借金10。

先発大竹は、立ち上がりからいきなり四球と連打で失点。
さらに犠牲フライで追加点も許し、初回から2点のリードを許します。

続く2回、3回も満塁のピンチを迎えます。
西武打線にあと一打出ていたら、敗戦が決まっていたかもしれません。
ただ、ここを無失点で踏ん張りました。

こうなると不思議なもので、流れがこちらに傾きます。
西武ドームの半分を赤く染めたファンも「いけるんじゃないか」という雰囲気になり、
球場の空気も変わりはじめました。
4回裏を併殺によって3人で片付けると、直後に打線が逆転。

大竹もリズムに乗り、5、6回を無失点で抑えると、
打線は本塁打2本で豪快に追加点。
そして、決してセーフティリードとはいえない4点も、
試合の流れを手にしていたこともあって、中継ぎ陣が危なげなく逃げ切りました。
大竹は今季初勝利。

今日の結果を見て思うのは、先発という役割において、
立ち上がりが悪く、その後立ち直る投手と、
立ち上がりは快調だが、徐々に崩れていく投手では、どちらが良いだろう、と。

統計を取ったわけではないので、あくまで印象の話になりますが、
たとえ同じ防御率だったとしても、
前者は勝てる投手、後者は勝てない投手と分かれるのではないでしょうか。
「尻上がり」と表現される右肩上がりの投球内容は
試合の流れを引き寄せるように感じます。

思えば、前回の日本ハム戦でも、
大竹は初回に3失点したものの、2回から7回までは無失点に抑え、
一時は勝ち投手の権利を得ていました。

もちろん、故意に初回から打たれるのは馬鹿げている話ですが、
多少失点したところで、最少失点にとどめ、粘り強く投げていけば、
むしろ勝利の確率は高くなるのではないでしょうか。

・低めの意識

それにしても、今日の大竹は6回を投げて5被安打に7四死球。
2失点で済んでいるのが不思議なくらいです。

ただ、印象に残ったのは、とにかく低めに投げていたことです。
いくら四球を出しても簡単にストライクを取りにいかず、常に低めで勝負。
投球123球のうち、8割以上がベルトよりより低めでした。
それが決定打を許さなかった最大の要因でしょう。

直球は140km/h前後。
前回と同じように、本来の状態でないことが、
丁寧に投げる意識につながっているのではないでしょうか。

速球とスライダーで三振の山を積み重ねる姿も魅力的ではありましたが、
こういった粘りの投球にも味があります。
そう言われると、なんだか粘りがある顔に見えてきますし。
posted by コービー at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見ている方はヒヤヒヤでしたが、言わはる事よぉわかりますわ。今季初登板の前回もそうでしたが、だから大竹投手はやはり一流の投手と言えるんやないでしょうか。いい時ばかりとはいきませんし、どんなに調子が悪くてもここぞと言う場面で踏ん張れる。さすがやと思いますね。言わはる通り低く低く投げてましたし絶対に甘くならないような投球に見えました。それこそ四球を恐れるばかりに『えいやぁっ』と真ん中付近に投げて打ち込まれるより四球を出しても慎重に慎重に投げて要所を締めるピッチングでした。せやから勝てる投手なんやと思います。所謂悪いなりのピッチングが出来るんですね。黒田もそう言うピッチャーでしたよね。今のカープのピッチャーでは大竹と前田健太だけですが…。
Posted by at 2010年06月13日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック