Twitter: carpkobe

2015年08月13日

丸の打撃スタイルから考える適任打順

得点力不足に苦しむ広島打線。
指揮官から打線の中心として指名されながら不振が続く丸は、試行錯誤の中で、1番、2番、3番と様々な打順を任されています。

ただ、丸の最適の打順は1番であり、そこに固定するべきと考えます。

理由の1つは、ご存知の通り、数字にもはっきりと表れている四球の多さです。
今季はここまで打率が低迷している丸ですが、四球数はリーグトップ。単純に出塁率を考えても、高い打者を1番に置くべきだといえますし、どんな先発投手でも不安といわれる立ち上がりなどでは、先頭打者が淡白な打撃で助けるよりも四球をもぎ取ったほうが、より相手を揺さぶることができます。

そして2つ目の理由は丸の打撃スタイルにあります。

内角の球は引っ張り、外角は逆方向へ、そしてボール球はしっかり見送る。新井打撃コーチの現役時代を彷彿とさせる丸のスタイルは一つの理想形ではありますが、野球は時に、安打できる球でなくても無理にバットに当てるべき場面があります。

内野に転がせば併殺崩れなどで1点入るといったケースや、無死二塁など最低でも右方向に打って走者を進めたい場面。あるいはエンドランのサインが出た時も、なんとかバットに当てないといけません。ただ、そんな状況において、丸の打撃スタイルだと強引にでもゴロを打つといった打撃が難しいのです。

なぜ難しいかというのは専門的な話になるので割愛しますが、それを表しているのが丸の意外な三振の多さです。今季は特に多く、現在、三振数はリーグで2番目になっています。これはきわどい球や予想外の球をバットに当てることができていないとも読み取れます。

四球がリーグトップで三振はリーグで2番目ですから、数字だけ見ると一見、球を見極める打者なのか振っていく打者なのかわかりませんが、これこそが丸という打者を表しています。

つまり、丸は非常に良い打者ですが、走者を「進める」ことに関しては向いていない打者といえます。だからこそやはり、走者がいる場面が少なく自由に打撃のできる1番こそが、もっとも相応しい場所だと思うのです。
posted by コービー at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

日本一祈願

IMAG2718.jpg
posted by コービー at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする