Twitter: carpkobe

2011年04月30日

同点はビハインドに等しく

中日5−4広島
4点リードを許したものの、5回に相手のミスもあって同点に追い付きました。
ただ、同点止まりというのが曲者で、
ナゴヤドームではビハインドにも等しい状況です。
去年までも、接戦を演じつつ、
しかし最後には必ずと言っていいほど敗れてきました。

今日の試合も、勝ち越しのチャンスはカープの方が多かったのに、ホームは遠く、
逆に中盤以降一人の走者も出せていなかったはずの中日打線に、
ワンチャンスを決められてしまいました。

中日には捕手を筆頭にベテランの試合巧者が多く、
また、両チームのブルペンの質も違う以上、
すぐに対等に戦えるようになるような特効薬はないでしょう。

ただ、強いて言うなら、
今季は試合時間が3時間半を越えれば新しい延長回には入らないという規定がありますので、
代打、中継ぎを惜しみなく投入して戦うということでしょうか。

8回表は前の回に引き続き梅津がマウンドに立ちましたが、
先頭の井端にカウントを悪くして安打を許し、
結果的にこれが勝ち越しの走者になってしまいました。

やはり投手にとってイニングを跨いで登板するのは難しいことですし、
青木、シュルツ、サファテの3人を残していたのならば、
積極的に継投した方が良かったかもしれません。
posted by コービー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

変化球の制球力

中日7−0広島
先発バリントンが初完封。
8回の先頭までは無安打と圧倒し、球数もわずか110球と、
来日初登板のときもそうでしたが、非常に省エネです。

その要因はストライク先行でしょう。
打者は初対戦の投手相手になかなか変化球を狙えないといいますが、
その心理を見透かしたように初球から変化球で易々とカウントを取っていました。

ただ、投手にとって、変化球でストライクを取るというのは、
決して簡単なことではありません。
これはルイスをはじめとする優良外国人投手でも例外ではないといえます。

その制球力は数字にも表れています。
ここまで3試合に登板し、23イニングで与四球4。
これはアメリカでの成績以上のものです。
日本のボールやマウンドも合っているのでしょうか。

スライド登板にも、順応したどころか想像以上の投球。
これで3連勝となれば、最多勝争い期待さえ膨らみます。
あとは2度目以降の対戦となったとき、
相手チームに、この投球を続けさせてもらえるかどうかです。
posted by コービー at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

成功の第一段階

広島5−1阪神
先発したのは、前日雨天中止が発表されるまで投球練習をしていた篠田。
スライドはないだろうという周囲の予想を裏切る、ある意味奇襲ともいえる起用でした。
首脳陣の期待に応えて篠田は7回1失点の好投。
阪神はバリントンを想定して右投手相手に練習していたという話もありますし、
この奇襲は成功したという向きがあるかもしれません。

ただ、スライドの場合、
後の日に先発する投手にも影響があることを忘れてはいけないでしょう。
篠田が1日後ろにズレたということは、
後に投げる予定だったバリントン、今村も、
当初目標にして調整していた登板日が変わることになります。

明日以降の試合でも先発が好投してこそ、
初めてスライドが成功したといえるでしょう。
posted by コービー at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

雨天中止(2011/4/27)

今季初の雨天中止。
篠田は好調ですが、カープ打線はスタンリッジを苦手としているので、
痛み分けといったところでしょうか。

中止決定は試合開始直前であり、
両チームの先発は投球練習もしていたはずです。
スライドの可能性は低いでしょう。

カープは今週、先発投手が一人足りない状況でしたが、
今日の中止で谷間が無くなりました。
これはプラス材料かもしれません。
posted by コービー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

釣り球のリスク

広島6−4阪神
連敗ストップ。
悪い流れを最小限にとどめた形です。

先発マエケンは勝ち越してもらった直後に新井に2ランを打たれ、
リードを許したまま降板しましたが、
直後の攻撃で広瀬が3ランを放つなどして一気に逆転。
一転、勝利投手となりました。

この試合、両チーム重要な場面でホームランが出ましたが、
印象に残るのは、いずれも捕手が中腰になって高めに要求した球だったことです。

打者の目線を上げる。あるいは釣り球で空振りを取る。
そういった意味合いで使われることの多い球ですが、
お互いが痛い一発を打たれています。

もちろん、配球の幅を広げるためには必要ですが、
どれだけ投手が意図して投げることができているか。
打者の目線を上げるだけならば明らかなボール球でいいわけで、
空振りを取りたいならストライクゾーンから外しすぎず、
かつキレある球を投げる必要があります。
バッテリーの意志疎通ができずに中途半端な投球となってしまえば、
今日のように勝敗さえも左右することになってしまいます。

今季から統一球になり、低めの球がホームランになる可能性は低くなったと感じますが、
やはり高めは変わらず危険であり、相対的にはリスクが高まったといえます。
となれば今まで以上に高めの球を投げる際には注意する必要があるでしょう。
posted by コービー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

阪神、中日6連戦プレビュー

引き続きマツダスタジアムで阪神と3戦。
名古屋に移動して中日と3戦。

先発予想は、前田健、篠田、バリントン、今村、大竹、福井。
中田は一度先発した後に登録抹消されました。
その代わりは、少し早い気もしますが大竹かと。
先週の土曜日、おそらく先発予定だったウエスタンの試合が雨で中止になっていますので、
調整具合も気になるところではありますが。

ソリアーノも再び登録可能になっていますが、
そうなると、外国人枠の関係でシュルツあたりを抹消せねばなりません。
豊田も抹消される中、これ以上ブルペンの層を薄くすることはできないでしょう。

阪神は、能見、スタンリッジ、岩田、
中日は前週が休みのため、現時点では読めません。

・プレビュー

引き分けを挟んで6連勝の後、引き分けを挟んでの2連敗。
失策や四球なども目立つようになり、悪いスパイラルに陥りつつあるように感じます。
ここは、昨年沢村賞のマエケンと2戦連続好投中の篠田で、
再び流れを変えたいところです。
posted by コービー at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

連勝中こそ貪欲に

広島3−8ヤクルト
首位攻防という芳しい響きに一瞬酔いしれるも、
3連戦を終えてみれば、いずれも終盤に力の差を見せつけられてしまいました。

敗戦の要因としては、要所での失策や四球などが挙げられます。
連勝中のチーム同士が激突したこのカードですが、
一昨年3位、去年も怒涛の追い上げでAクラス争いを演じたヤクルトに対して、
勝ち慣れていないカープは勝利に貪欲になれていないようにも感じます。

去年までも連勝後に連敗してしまう傾向がありました。
おそらく、勝っているうちにタガが緩んでしまい、
負けてから引き締めようとしても手遅れになってしまうのでしょう。

畠山にやられた3連戦と片付けてしまっては、本当の敗因はボヤけてしまいます。
幸いなことに明日1日空きますから、
再び上昇気流に乗れるよう、悪い流れをリセットすることが必要です。
posted by コービー at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

先発としての課題と育成法

広島6−6ヤクルト
最大で5点のリードを得るも、中盤に1点差に迫られ、
その後はなんとか凌いでいたものの、最後に追いつかれて時間一杯の9回引き分け。

振り返ってみれば、やはり再三の追加点のチャンスを逸したのが響きました。
連勝中は効率的な攻撃ができていましたが、久しぶりに胃が痛む展開となりました。

先発中田は5回5失点。
なんとかリードを保って勝利投手の権利こそ得ましたが、
5回表は3点を失って、さらに二死満塁という薄氷ものでした。

心身ともにスタミナ切れを起こしていた感は否めません。
首脳陣は今後先発として成長してもらうために、あえて続投を決断したようですが、
彼は去年の投球内容から考えると、
瞬間的に力の発揮できる中継ぎの方が向いているようにも思えます。

現状、先発の頭数が足りていないので仕方ありませんが、
大竹、あるいは今井、齋藤あたりが戻ってくれば、ブルペンに活躍の場を移すのもありでしょう。
今の中継ぎはロングリリーフできる投手もいませんし。

もし、それでも先発させるというなら、スタミナ配分を考え直す必要があります。
去年、先発した際にも、やはり中盤に息切れを感じさせて、最長でも5回。
若いのだから「いけるとこまでいく」姿勢でいいという声もあるかもしれませんが、
5回が精一杯では先発として苦しいといえます。

中田は2軍の試合でもあまり長いイニングは投げていません。
今年のウエスタンの試合では、4度の先発の機会で投球イニングはそれぞれ、4、6、5、4。
球数との兼ね合いもあるでしょうが、
そのまま消耗の早い1軍に上げて、結果を残せとは無理というもの。
首脳陣も本気で先発として育てるつもりなら、
そのあたりから徹底する必要があるのではないでしょうか。
posted by コービー at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

貧打より細かいミスが問題

広島0−5ヤクルト
連勝がストップ。
少ないチャンスで効率よく得点してきた打線とはいえ、
やはり2安打は少なすぎたでしょうか。
ただ、ヤクルト先発山本斉は良い投球をしていましたし、
初対戦でもあるので、仕方ない部分はあります。

むしろ問題は、若い投手を足で揺さぶるはずの梵が牽制で刺されたり、
トレーシーの2つの送球ミスで追加点を許したあたりが、
接戦においては、避けるべきプレーだったかと。

連勝が止まったのは残念ですが、
8回終了時までは、どちらが勝ってもおかしくない試合をしていましたし、
今村が制球に苦しみながらも先発として結果を出したのも収穫といえます。
必要以上に敗戦を気にすることはないでしょう。

重要なのは連敗しないこと。
カープの場合、連勝してもその後に連敗してしまうという、よろしくない傾向がありますので、
明日はなんとか勝利がほしいところです。
posted by コービー at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

巡ってきたチャンスを掴んだ男

横浜8−11広島
先発バリントンは5失点したものの、打線が爆発して勝利。
これで引き分けを挟んで6連勝となりました。
投打が噛み合っている印象があります。

投手陣をカバーした打線の牽引役となったのは丸。
貴重な3ランを放った一昨日の試合以上ともいえる、4安打3打点の活躍です。

赤松の故障で巡ってきたスタメンの座。
このチャンスを自力で掴みつつあります。
まだまだ高卒4年目ということもあり、長い目で見る必要があるかと思いましたが、
思えば、最も層の厚いともいえる左の外野手というポジションで、
先輩を差し置いてスタメン出場するのですから、なにか光るものがあるのでしょう。
たとえ今の成績が出来すぎだとしても。

課題となると、やはり左投手でしょうか。
対左投手は4打数1安打という数字ですが、
その1安打は前進守備の内野をゴロで抜けていった打球であり、快音は響きませんでした。
また、去年ウエスタンで30盗塁を記録した快足を、1軍でも披露してほしいところです。
posted by コービー at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする