Twitter: carpkobe

2010年02月24日

キャンプ情報2010(2)

久しぶりの更新となってしまいました。
カープの情報をチェックしつつも、気持ちはバンクーバーへ。
カーリングの予選突破が厳しくなったところで、ひとまずカムバック。
ファンとは現金なものです。

冬季五輪はほとんどの競技で選手がゴーグルつけているので顔が隠れますが、
カーリングは選手の表情が見えるからテレビ映えするのかな、と思ったり。
しかし、予選の時点でも結構な盛り上がりを見せていたので、
もし準決勝進出したならおそらく凄いフィーバーになっていたんだけどなぁ。

さて、カープのキャンプは宮崎に場所を移し、
練習内容も実戦的なものになっています。

この時期になると、ようやく参考になる情報が渡ってきます。
やはり相対的なものでないと、なかなか本当の評価は見えづらいもの。
キャンプ序盤に目にするのは、監督コーチのコメントや担当記者の記事ぐらいで、
客観的な評価の情報はなかなか入ってきません。
他球団のスコアラーのコメントも、なぜか中日・善村スコアラーばかり。
他のチームのスコアラーはコメントをくれないのか、
それとも、そもそもカープのキャンプには来てないのか。

・巨人との練習試合

先週末には練習試合も行いました。
土曜日の巨人戦は放送がありましたので、内容を記録。
オープン戦は公式なものなので成績が公表されるのですが、
練習試合は基本的に自分で記録を残すしかありません。

以下、各選手の成績です。
あくまで自分の記録しやすいような形なので、
わかりづらくても、ご了承ください。

打順・ポジション・選手名・成績・備考

1番(二)東出 3打数1安打 
→(二)松本 1打数0安打 相手失策による出塁
2番(遊)梵  4打数3安打 盗塁1 エンドラン セーフティバント
→(三)山本芳彦 1打数0安打
3番(中)天谷 5打数1安打 打点2
4番(三)栗原 3打数2安打
→(三遊)小窪 2打数0安打
5番(右)フィオレンティーノ 3打数1安打 右翼飛 中飛 右前安打
→(右)末永 2打数2安打 盗塁1 二塁打
6番(一)ヒューバー 1打数0安打 四死球2 四球 死球 左翼飛
→(一)岩本 2打数0安打
7番(左)廣瀬 3打数1安打 四球1 一死満塁から三振
→(左)木村
8番(指)丸 2打数0安打
→(指)喜田 1打数0安打
→(指)鞘師 1打数0安打
9番(捕)會澤 2打数1安打 四球1 三塁打 巨人松本の盗塁を刺す
→(捕)白浜 1打数0安打 エンドラン打ち上げ

選手名・イニング・成績・備考

篠田 3回 被安打3 失点2
今井 1回 被安打1 四球1 失点1
ソリアーノ 2回 被安打2 四球1 スリークォーター左腕
林 1回 被安打0
青木高 1回 被安打0
小松 1回 被安打0 四球1

試合は1点差の敗戦。
初回の足、小技を絡めた先制は見事でしたが、
結果的に11安打で2得点は少々寂しいかと。
ただ、今季の方針を徹底するためか、強引な走塁がいくつかありましたので、
そのあたりを差し引けば、まだまだ深刻に考える必要はないでしょう。

また、主力も出場する対外試合ということで、注目はオーダーです。
開幕まで時間があるとはいえ、監督の構想の一端は窺えるはず。
スタメンは、3番天谷、5番フィオレンティーノ、6番ヒューバー。
長打力のあるヒューバーですが、6番。
クリーンナップは栗原を中心に、左右左とジグザグを優先している様子。
廣瀬の打順に、嶋、末永あたりが入れば、見事なまでにジグザグ打線が完成します。
赤松が復帰した場合、どこに置くのかも注目です。

両外国人打者の日本での実戦映像を初めて見ました。
フィオレンティーノの3打席の内容は、
内角直球に詰まって右翼飛 真中直球を中飛 真ん中変化球を右前安打。
打撃が柔らかいと称されるように、変化球に対応するのは上手なようです。
ヒューバーの3打席は、粘って四球 死球 外角変化球左翼飛。
第2打席も球を見極めていましたし、選球眼は良さそうです。

・ベイル4年ぶり復帰

驚いたニュースといえば、ベイルの復帰です。

現在、アメリカでは寒風吹き荒ぶ経済の影響で、
高齢のFA選手がメジャー契約できずに、枠からかなり溢れていると耳にします。
今回、ベイル側から話を持ちかけてきたようですが、
おそらくベイルもこの中の一人だったということでしょう。

一方、カープにしても、ルイスが抜けたことにより外国人投手の補強は必要でしたし、
中継ぎの左不足は相変わらず深刻ですから、
日本で実績のある左腕の獲得は理に適っています。
4年前は年俸のこともあってベイルと契約しませんでしたが、、
今回は格安の年俸ということですから、両者にとって良い契約だったように思います。
posted by コービー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

キャンプ情報2010(1)

春季キャンプがスタートして一週間が経ちました。
沖縄は雨が降り続いており、なかなか思い切った練習ができていないようです。
ただ、それは沖縄でキャンプを張る他球団も同じこと。
練習が控えめになる時こそ、個人の意識の高さが求められます。

・パイオニアがやってきた

6日からの第2クールになって、野茂氏が臨時コーチにやってきました。
日本人メジャーリーガーのパイオニアであり、
両リーグでノーヒットノーランを達成した、あの野茂がカープの練習場にやってきたのです。
よく考えてみると、凄いことです。

一緒にいる時間は決して長くないですし、
この機会を逃したらもう会うことがないかもしれないのですから、
投手陣は、遠慮したり恥ずかしがってる場合ではなく、
どんどん自分から話を聞きに行ってほしいと思います。

・膨らむ今村への期待

報道を見ていると今村の評価が高いように感じます。
この時期ドラフト1位が注目されるのは珍しいことではないのですが、やはり期待は膨らみます。

真っ直ぐはプロでも通用するような感じなので、あとは変化球でしょうか。
野茂氏からフォークを教わるような場面を見てみたいものです。
記者としても、是非ともその画が欲しいところでしょう。

当初は、今村が1軍で投げる姿を、
シーズンが終わるまでには見ることができるかなと思っていたのですが、
ルイスが抜けたこともありますし、おそらくもっと早くなりそうです。
まだまだキャンプ序盤ですが、実戦で結果残したら開幕1軍さえあるかもしれません。

・怪我人発生

この時期に怖いのは怪我人です。
去年までのようなコンディション重視ではなく、
今年は練習量も質も上がっているようですので、
いつ故障者が出るかとヒヤヒヤしています。

第1クールでは怪我人もいなかったようですが、
第2クールに入り、横山が太腿を痛めて練習を切り上げたようです。
怪我の度合いはわかりませんが、走塁練習中に痛めたとのこと。
投手にも打撃、走塁、守備を求めるのが新監督の方針とはいえ、
打席に立つ機会がめったになく、塁上に出る機会はもっとない中継ぎの投手が、
走塁練習で故障するとなると、ちょっと残念です。
posted by コービー at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする