Twitter: carpkobe

2009年10月30日

ドラフト2009

1巡目 今村 猛 投手 (長崎県立清峰高等学校)
2巡目 堂林 翔太 内野手 (中京大学附属中京高等学校)
3巡目 武内 久士 投手 (法政大学)
4巡目 庄司 隼人 内野手 (常葉学園橘高等学校)
5巡目 伊東 昂太 投手 (盛岡大学附属高等学校)
6巡目 川口 盛外 投手 (王子製紙株式会社)
育成1位 永川 光浩 投手 (龍谷大学)
育成2位 中村 亘佑 捕手 (横浜商科大学高等学校)

高校生が多く、素材重視という印象です。
大学生である3巡目の武内もまだまだ荒削りな部分があるようなので、
即戦力として考えているのは6巡目の川口ぐらいでしょうか。

来季は現存の戦力を新監督が見極める年ということで、
シーズンを戦う中で不足する部分が鮮明に見えてくれば、
次のドラフトで即戦力を補強する方向でしょう。

それにしても春夏の甲子園優勝投手が入団とは、華があります。
菊池投手がセリーグに入団していれば、
プロ入り後の彼らの対戦がまた注目されたのでしょうが、
まぁ、ライバルチームの戦力が上がるのも喜ばしいことではないですから。
交流戦で投げてくれることを楽しみにしていましょう。

1巡目今村。
完成度の高い投手であり、
前田健のように1年目は2軍のローテーションで投げさせ、
2年目あたりから1軍で、というのが現実的なプランでしょうか。

2巡目堂林。
将来のクリーンアップ候補。
栗原の後釜候補として、サードあたりでじっくり育てるような気がします。

3巡目武内。
速球を武器とするセットアッパータイプ。
おそらく課題は制球力でしょうから、大野投手コーチの手腕が早速試されます。

4巡目庄司。
175cmと小兵ながらセンスの感じさせる選手。
高校時代は投手もしていましたが、球団は内野手として指名しました。
東出や梵といった選手の後継者として育成するでしょうか。
そして、カープの選手らしからぬ(失礼)イケメンです。女性ファンは要注目。

5巡目伊東は、将来的な左腕エースとして育成、
6巡目川口は、左の中継ぎの即戦力と考えているのでしょう。

育成枠1巡目では、永川の弟を指名しました。
身長189cmと兄と同じく大柄であり、左腕ということも大きな材料です。
兄弟が左右の両輪で活躍するとなると、どこか漫画のようでもありますが、
それが現実となるかもしれません。

育成枠2巡目の中村は捕手。
入団テストに合格したことからも、身体能力の高さが窺えます。
まずは捕手としての技術をどれだけ身につけられるかでしょう。


ちょっと話は逸れますが、
今回は東海地方色の強いドラフトとなりました。
中京大中京の堂林、常葉橘の庄司と静岡高校出身の川口。

愛知はプロ選手を多く輩出している県ではあるのですが、
中日のお膝元ということもあり、カープでは珍しい感じがします。
それでも「早くから評価してくれて、一番行きたかった球団」と、
堂林本人が言ってくれているのは嬉しい限り。

静岡に関しては、サッカーどころということもあるのか、
決してプロ野球選手が多い県ではないのですが、
一気に2人の指名ということになりました。
カープでは林が同郷の先輩ということになるので、
良い兄貴分になってあげてください。
posted by コービー at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 編成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ブラウン政権総括(6)

・外国人に監督を頼んだ意義

広島にとって、初優勝の礎を築いたとも言われるジョー・ルーツ以来の外国人指揮官。
前回までに挙げたように、やはり日本人監督とは違った采配になりました。

日本の野球とアメリカの野球、単純に優劣つくものではありません。
ただ、我々はどうしても日本の物差しで野球を測ってしまいがちです。
そのことが安易な批判につながったのも事実でしょう。

もちろん日本の選手に合った方法論が存在することも否定できません。
その点ではブラウン監督自身も日本野球に適応しようとしたと思います。
しかし、やはり長年培ってきた野球観を簡単に拭い去ることはできなかった。
海を渡った松坂がメジャー式の球数制限や練習方法に苦労しているように、
頑固に見えるブラウン監督にも、少なくない葛藤があったはずです。

そもそも球団から監督を要請した以上、
彼の哲学を覆すような采配を求めるのは無理があったといえるかもしれません。
日本らしい野球を求めるのならば、
日本人に監督を要請すべきだったという話になるわけですから。

在任期間中にAクラス入りすることは叶わず、たしかに結果は出ませんでした。
しかし一方で、4年前にシーズンを最下位で終えたチームが、
黒田、新井といった主力が抜けた中でも2年連続で3位争いに加わった事実は、
一定の評価がなされるべきでしょう。
また、猛練習、根性論といった、どこか前近代的な空気が色濃く残っていた球団に、
新しい価値観を持ち込んでくれたことは、大きな意味があったと思います。

そして、来季以降、ある程度期待が持てる状態で、
次の監督にバトンを渡してくれたことについても、マーティーには素直に感謝したい。
こんな感じで総括を締めたいと思います。
posted by コービー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ブラウン政権総括(5)

・グラウンド外での功績

チームがBクラスを抜け出せず、采配面でも批判があるなど、
グラウンドの中では功罪併せ持っていたブラウン監督ですが、
一方で、外に出れば、悪い話はほとんど聞こえてきませんでした。

球界再編の騒動以来、ファンサービスが一層重要視されましたが、
ブラウン監督は、球団が用意したどんな小さなイベントでも、
面倒な顔一つせずに駆けつけていたようです。
このフットワークの軽さは元中心選手だった歴代の監督にはできなかった芸当でしょう。
また、紳士的な人柄も、直接触れた関係者やファンから評判が良かったようで、
4年間監督を続けられた理由の一つかもしれません。

そして、全国的にはどうしても地味になりがちな広島の監督という職業において、
多彩なパフォーマンスや退場劇で、
チームの存在を全国に知らしめたのも功績といえるでしょうか。
いまや野球ファンでベース投げを知らない人はいませんし、
他の退場劇にしても、どこか意図的だったとはいえ一見の価値がありました。
ダラダラと抗議を続けて、ただ時間が過ぎるのを待たされる日本の監督よりも、
よっぽど気持ちが良いものでしたし、
監督が抗議に出るたびにスタンドから歓声が沸き起こったことからも、
ファンから支持されていることがわかりました。

プロは結果がすべてとはよく耳にする言葉ですが、
一方で、ファンあっての興行であることも事実。
多くのチームの経営が地域密着によって成り立つマイナーリーグからやってきた監督は、
日本の監督の誰よりも、その点を理解していたといえるでしょう。
posted by コービー at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

ブラウン政権総括(4)

・投手成績を改善したブラウン流

少々批判的な評価が続きましたが、
ブラウン監督就任によって大きく改善されたこともあります。
それはチーム防御率です。

2004年に4.75、2005年に4.80だった数字が、
ブラウン監督就任1年目の2006年には3.96になり、
2007年が4.22、2008年が3.78、そして今季は3.59。
在任4年中3年で3点台を記録するなど、成果が確実に現れていたといえます。
今季に関しては、球場が広くなった影響もあるとは思いますが、
それでも就任前と比べ、総じて1点近く下げていることは、
非常に評価すべき部分だといえます。

ブラウン監督が投手面において導入した方針は大きく分けて主に2つ。
先発の球数制限と、四球に対する厳しい姿勢です。

以前は毎年夏場になると、決まって投手陣崩壊という文字が新聞紙面を踊っていました。
しかし就任後は、球数制限や中継ぎがなるべく連投を避ける方針などにより、
夏場も大きく崩れることはなく、1年を通して一定のパフォーマンスを維持できるようになりました。
先発投手は故障以外で登録を抹消されることがほとんどなく、
今季はルイス、大竹、前田健、齊藤の4人がほぼ1年間ローテーションを守りつづけ、
それぞれ二桁前後の勝利を挙げるという結果となりました。
これは、かつて佐々岡や黒田が一人で奮闘していた時代には考えられなかったことです。

また、四球減少の方針も着実に効果が出ていたように思います。
特に旧広島市民球場では、どの打者も一発を打つ恐れがあり、
むやみにランナーをためることは大量失点につながりかねません。
指揮官自ら口酸っぱく言い続けたことで、
就任前年に12球団でダントツだった与四死球数は改善。
一昨年と去年こそ、気の緩みからか少し数が戻ってしまいましたが、
今季は再徹底した甲斐もあり、球場が広くなった影響も加わって12球団最少を記録しました。

チームとしての敗戦が多くなると、
どうしても継投を失敗した試合などに目が行きがちです。
ただ、トータルで考えれば、
投手面については満足できる仕事をしてくれたと言っていいのではないでしょうか。
posted by コービー at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ブラウン政権総括(3)

・長打力優先の起用と、助長した球団の補強

今季は、広くなる新球場に合わせて機動力の野球を標榜しましたが、
なかなか得点力が上がらずに苦しみました。
今考えれば、その中にも機動力を駆使したキラリと光る好試合もあったのですが、
貧打に業を煮やした指揮官は開幕1ヶ月が過ぎたあたりで早々に方針展開。
新たに獲得したマクレーンを、本職のサードではなくレフトで起用するという布陣を組みました。

ここで問題だったのは球団と現場の意思疎通ができていなかったことです。
球団としては、不振の続くシーボルの代わりとしてマクレーンを獲得したのでしょうが、
ブラウン監督は2人の外国人を併用してしまった。
これによって機動力と守りの野球が崩れ去ってしまいました。
さらにシーズン中盤には、またも本来内野手であるフィリップスを獲得し、
やはり本職ではない外野で起用。
両者とも守備の不安を補って余るほどの活躍を見せたわけではありませんし、
補強によって自ら混乱を招いたと言われても仕方ないでしょう。

もともと自身がパワフルな打撃を売りとした打者だったこともあるのか、
指揮官にとっては、本来、長距離砲を並べた破壊力のある打線が理想なのかもしれません。
だからこそ長距離打者を与えられれば使わずにはいられない。
日本人の打者にしても、今季完全に打撃を崩してしまった石原、嶋あたりを、
シーズン終盤まで頑なに起用しようとしていましたし、
率が上がらなかった赤松や梵にしても、
どこかパンチ力に期待して起用した部分があったように思います。

・外国人選手の苦しみを知る監督

打者の起用で問題視されていたのは、
過去の対戦成績などによる相手投手との相性を非常に重視していたことです。
調子が良く、たとえ前の試合で猛打賞だった選手でも、
苦手な投手の登板が予想されればベンチスタート。
今季、末永、喜田あたりは明らかに当たっている時期があったのですが、
それでもベンチに置く機会が多かったことで、次第に調子を落としてしまいました。
試合数が多く移動距離も長いアメリカでは適度に休養を挟むことが必要になりますが、
日本では使い分ける必要性は薄いのではないでしょうか。

また、日本人を使い分ける一方で、
マクレーンやフィリップス、シーボルなどの外国人選手を外すことはほとんどありませんでした。
ただ、これは単に外国人贔屓と考えるよりも、
指揮官自身が外国人選手の苦労を身を持って知っていることが大きかったのでは。
彼らはメジャー昇格や定着の夢のひとまず断念して、
遠い日本までチャレンジしに来ており、契約も基本は単年。
それらを考慮すれば、そう簡単に外すことはできないのでしょう。

とはいえ、チャンスを十分に与えられた選手達も、
満足できる結果を出せないまま終わってしまいました。
結果的に指揮官の温情がAクラスを逃す一因ともなり、
自らの首を絞めてしまったともいえます。
posted by コービー at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ブラウン政権総括(2)

・管理された配球と盗塁

個人の練習や、打席での状況判断などを選手の自主性に任せた一方、
管理しすぎではないかと感じる面もありました。
それはバッテリーの配球と、走者の盗塁の判断です。

いつか「打てる捕手を使う」と発言していたように、
ブラウン監督の捕手の起用方針は、第一に打撃面でした。
監督就任から2年間は、成績が同程度の石原と倉を併用。
そして去年、石原が50打点を挙げるなど勝負強さを発揮したことで正捕手に定着しました。

捕手の大きな仕事である配球に関しては、指揮官自ら外角中心の方針を打ち出しており、
マニュアルも配布し、試合の状況によってはベンチからサインも出ていたようです。
よってマスクをかぶった選手はそれに従うのが基本線で、
リード面に関しては選手の評価対象となっていなかったように感じます。

ただ、毎球ベンチからサインを出すことなどできない以上、
個人のインサイドワークも考慮して捕手を起用すべきだったのではないでしょうか。
また、方針となった内角を使わない配球にしても、
試合が進むにつれてバッテリーの思考を窮屈にしており、
単調になったところで相手打者に上手く打ち返されました。
たしかにチーム防御率こそ就任前より改善されましたが、
勝敗を左右する大事な局面では打たれた印象の方が強く残っています。

やはり試合全体を考えてリードするならば、内角は必ずどこかで必要。
もちろんリスクもあるわけですので、単に内角ばかり投げろというのではなく、
今後は内角を有効に利用する配球を考えていくべきでしょう。


そして、もうひとつベンチが大きく介入していたのが盗塁です。
基本的に個人の判断ではなく、サインが出たときのみ試みる方針のようでした。
たしかに走者を一塁に置いておくことにより、
一二塁間が空いたり、ストレート系が多くなるなどのメリットもあるでしょう。
しかし、選手が自分のタイミングで走ることができないので失敗が多くなりますし、
サインも頻繁に出るわけではないので盗塁数は伸びません。

今季、盗塁数はリーグ5位であり、なんと盗塁失敗数はリーグ最多。
機動力野球を標榜するならば、この数字の改善は不可欠でしょう。
やはり走者を得点圏に進めるメリットは大きいですし、
そのためには、ある程度個人の裁量に委ねた方が良いのではないでしょうか。
posted by コービー at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

ブラウン政権総括(1)

クライマックスシリーズが始まりましたが、
Aクラスを逃したカープはシーズン終了から1週間ほど経ち、秋季練習が始まりました。
そして先だっては、野村謙二郎新監督の就任、
さらにヘッドコーチ格として大野投手コーチの就任が発表されました。

ということで、体制や方針が大きく変わるこのタイミングで、
4年に渡ったブラウン政権を少しずつ総括していこうかと思います。
結果的にBクラスから抜け出すことは叶いませんでしたが、
振り返ることで来季以降へ向けての課題や問題点が鮮明になれば、と。

・周囲が戸惑った采配と行動

やはり最も印象に残るのは、日本人にはない発想による采配です。
3年前の開幕戦、ブラウン監督記念すべき公式戦初めての試合は、
1番緒方、2番前田というオーダーでした。
上位打線に機動力を求める日本では考えられない選手起用です。
また戦術面でも、初球からのエンドランなど唐突なものが数多くあり、
当初はファンだけでなく選手やスタッフをも戸惑わせました。

その後も、ことあるごとに理解が難しい采配が続きましたが、
4年という月日が経つにつれて周囲はブラウン監督の采配に慣れ、
また彼自身も日本に合った野球をしようと歩み寄ったこともあり、
驚くような場面を目にすることは少なくなりました。

もちろん、最後まで不可解な部分が残ったのも事実ですが、
それはどの監督でも大なり小なりあるもの。
問題があったとすれば、一貫性がなかったことでしょうか。
たとえ常識から外れていても、選手と指揮官の意思統一ができていれば、
成功率は高くなりますし、失敗しても動揺は少ないはず。

また、采配以外で個人的に気になったのは、マウンドに行くタイミングです。
「これはまずい展開だな」という時には行かず、
「よし、このままなら抑えられそうだ」という状況で足を運び、
気合が入っている投手をトーンダウンさせてしまっているように見えました。
メジャーなどを試合を見ていてもこのような場面を目にしたことはありませんし、
これは彼特有のものだと思いますが、
結果としてはマイナスに作用することが多かったような気がします。
posted by コービー at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

引退試合で見せた緒方らしさ

広島1−0巨人
白星で締めくくり、借金10でシーズン終了。

緒方孝市引退試合。

かな子夫人のやけにカジュアルな服装が気になったり、
一人最多勝のために奮闘したゴンザレスが気の毒にも思えましたが、
終わってみれば、想像以上に感動的でした。

緒方が守備についた後、センターフライを打ち上げたキムタク。
凡打した選手とは思えないほど爽やかであり、はにかんだ笑顔。
この一打がなければ緒方の守備機会はなかったわけですし、
長く同じ釜の飯を食べた選手からのプレゼントとも思えます。
ただ、決してキムタクに狙って打てるほどの技術があるわけではないでしょう。
それでも緒方の捕球しやすい打球が上がったことに、奇跡のようなものを感じます。

現役最後の打席は三塁打。
初球を果敢に打ちにいったのがスタイルならば、
外野を抜けた打球に、躊躇せず三塁へ飛び込んだのも、まさに緒方。
セカンドを回ったところで足がもつれたり、
その後の暴投でホームに突入しながら、あと少し届かなかったところに、
引退する選手の面影も見え隠れしましたが、
だからこそ、ファンも未練なく送り出すことができるのかもしれません。

試合後のセレモニーでは、今季とうとう一度も1軍に登録されなかった前田が登場し、
花束を贈呈しました。
そして、広島市民球場の外野を守り続けた二人が抱擁。
前田も感極まっていたようですが、この二人の光景を見てこちらも胸が熱くなりました。

来季から、緒方は兼任が取れて正式にコーチになるようです。
新球場になり外野が広くなった今こそ「第2の緒方」という選手が必要。
持てる技術を余すことなく後輩に伝えてほしいと思います。

・思い出

個人的に緒方の姿が印象に残っている試合は、
現地観戦した2003年の神宮でのシーズン最終戦です。
4打数3安打以上で3割達成という状況で、
第1打席に凡退しながら、その後3安打を固め打ち。
しかも、最後の打席はフェンス直撃の当たりであり、
これが柵越えしていれば、3割だけでなく30本の快挙も達成したところでした。

この年の5位が確定しており、この試合も9失点の大敗。
その中で集中力を切らさずにプレーした緒方の姿に、
常に全力である彼らしさを見た気がしました。

・貯金を作った大竹

大竹は2安打完封。10勝目を挙げてシーズンを終えました。
相手が空気を読んだ巨人打線だった今日の試合を差し引いたとしても、
勝ち星が負けを上回り、貯金したことに重要な意味があります。

二桁勝利は4年ぶりですが、4年前は10勝12敗。
それから3年間も二桁黒星を喫して、常に借金を作っていました。
その投手が先発に定着して初めて白星先行。防御率も2点台。
今年が大竹の転機となるでしょうか。
posted by コービー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

シーズン最終戦プレビュー

マツダスタジアムに巨人を迎えて今季最終戦。
緒方の引退試合にもなります。

先発予想は、大竹。
スポーツ紙などでも報じられていますし、
今更隠す必要もなく、間違いないでしょう。
二桁勝利をかけた試合になります。

巨人はゴンザレス。
こちらは最多勝がかかっており、モチベーションは低くないはず。

・プレビュー

とうとう緒方引退の日が来ました。
スタメン出場して守りにつく姿も見たいのですが、
コンディションが良くないようなので、
もしかすると代打のみの出場になるかもしれません。

ただ、チケットは既に売り切れているようで大入り満員は確実。
台風も過ぎ去り、天候も問題なし。
最高の環境での花道となりそうです。
あとは試合にも勝てれば言うことなし。

・天気

広島県南部 降水確率 天気
10月10日(土) 0% 晴時々曇
posted by コービー at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

4選手に戦力外通告

明後日は緒方の引退試合になりますが、
自ら引き際を決めることができる選手がいる一方で、
所属先から戦力外を通告される選手もいます。

球団は、牧野塁投手、尾形佳紀内野手、比嘉寿光内野手、吉田圭内野手に、
戦力外を通告したことを発表しました。

牧野。
今季も1軍でもそこそこ投げていたのですが。
やはり35歳という年齢がネックになったでしょうか。

尾形。
シーツが退団してから梵が入団するまで、ショートといえば尾形でした。
復帰後のサヨナラホームランは感動的だったのですが、
やはり怪我以前の状態には戻らなかったようです。
人工芝が多い日本の環境に泣かされた選手ともいえます。

比嘉。
横浜スタジアムの、プロ初打席初ホームランは印象的だったのですが、
以後はほとんど1軍に呼ばれませんでした。
高校、大学時代は輝かしい経歴の持ち主ですが、
プロとしてやっていくには突出した部分が少なかったかもしれません。

吉田。
投手として入団し、野手に戻ってからもなかなか結果が出せませんでした。
守れるポジションが少なかったのも響いたでしょうか。
posted by コービー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 編成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする