Twitter: carpkobe

2009年07月31日

脇役の重要性

広島6−7横浜
連勝ストップ。マツダスタジアムで横浜に4連敗。

まさに下位チーム同士の泥試合といった内容。
この試合を落としたことにより、5位に転落したわけですが、
なにか妙に納得です。

静かな、凪のような試合前半とはうって変わって、
終盤はあまりにも多くのことが起こりすぎて、すべてを処理しきれません。

5回無失点の青木高が降板したあたりから風が強くなり始め、
横山がジョンソンに3ランを浴びた7回には突風が吹き荒れたようです。

8回は相手のミスが絡んでの逆転劇。
ヤクルトに連勝したのも相手に助けられたからであり、
これはチームに運が向いてきていると思ったのですが。
まだまだ嵐の始まりに過ぎませんでした。

風向きを変えたのは、ライト吉村の好プレー。
もしこの栗原の当たりが抜けていれば、追加点につながり、
余裕を持って勝利していたでしょう。

9回表。
永川が結果的に3失点したわけですが、
この回は多すぎるミスがありました。
捕手が一塁ベースカバーを怠る。三塁手と投手は声の連携不足。
暴投で同点を許せば、三塁手の失策で勝ち越し点を許す。

永川、石原、マクレーン、それぞれに問題がありました。

永川は、今季、ここ数年で最も悪いのではないでしょうか。
真っ直ぐがなかなか走らず、最近はフォークも狙われており、
投球は苦しいものがあります。
味方のミスが重なってしまえば、何点リードがあっても足りないでしょう。

石原に関しては、この回の守備のミスもそうですが、
9回裏のバント失敗も痛かった。
残念ながら、バントが上手でない選手です。
かといって打率2割に満たない選手に打たせるわけにもいきません。

マクレーンに関しては、守備ならず連携の悪さが度々顔を出します。
内野がマウンドに集まるときも、一人、サードに残っている場面が見られます。
僅差の場面で内野の守備を任せるには、小さくない不安が残ります。

ここは木村を1軍に戻すべきではないでしょうか。
現在、内野、外野とも守備に不安のある外国人がおり、
また、梵が登録を抹消されたことで、控えに足のある選手が減ってしまいました。
バントにしても、去年は4つ決めていますし、チームでも上手い方でしょう。
打線にも得点力が戻ってきており、主役は揃いつつあります。
今、必要なのは足、守備、小技といった面で貢献できる脇役の選手のように思います。
posted by コービー at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

脅威のクリーンアップとなるか

ヤクルト3−8広島
22日ぶりの連勝で、カード勝ち越し。

ここ最近、負け慣れてしまっていたため、
いざ勝ち星が続くと何を書いてよいのかわからなくなってしまいました。

昨日も10得点しましたが、1試合だけでは単なる夏の珍事。
2試合続けて打線が爆発したことで、ようやく上昇の匂いを感じます。

13安打8得点。
個々の選手が打っているのはもちろんですが、
クリーンアップで7打点を挙げており、まさに掃除屋の仕事。
理想的な形で打線が機能しているように思います。

後半戦になって、マーティーは打線を変えました。
赤松か梵を起用することが多かった1番には東出。
フィリップスを置いていた3番に天谷。
この決断が吉と出たようです。

マクレーンも徐々にですが成績が上向いており、
栗原が当たってきている中で、
前後を打つ天谷、マクレーンが結果を残すとなれば、
相手としてもマークすべき選手を絞れません。
前半戦は5番が固定できず、また、天谷が怪我で離脱して苦しみましたが、
ここにきて他球団の脅威となるクリーンアップになりつつあるでしょうか。

とはいえ、あれだけ負け続けていたのですから、ちょっとやそっとで素直に喜べません。
この2試合は、相手のミスに助けられたのも事実。
もう少し様子を見て、本物かどうか見極めたいところです。
posted by コービー at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

拍子抜けしてしまったヤクルト

ヤクルト6−10広島
救援前から続いた連敗は5でストップ。

油断させておいて、ミスを引き出す。
肉を切らせて骨を断つ。
もちろん、技術や駆け引きといったものではなく、
結果的にそうなってしまった印象です。
「死んだフリ」ではなく、本当に「死にかけていた」のですから。

2回裏、先発齊藤が二死から8番9番に四球を与え、1番に3ランを浴びました。
制球を乱して塁を埋め、カウントを取りにいったところを打たれる最悪の投球。
4回表、無死一二塁の勝ち越しのチャンスでは、バントを失敗して最悪の併殺。
自ら勝利を手放すようなプレーを目の前で見せられ、
ヤクルトとすれば、逆に集中力が途切れてしまったでしょうか。

その後に出たのが、デントナの悪送球と宮本のトンネル。
ヤクルトとはいえ、ミスが続出すれば勝てません。
いや、12球団一ミスが少ないチームだからこそ、ここまで勝ってきたのです。

・4番の前に

相手のミスに助けられたとはいえ、14安打10得点。
久しぶりの打線爆発です。
調子が戻ってきた栗原の前に、
チーム打率トップ3の東出、末永、天谷を並べたことが奏功しました。
また、打てて、走れて、ランナーも帰せる天谷が3番に座ったことも、
つながりを生む一つの要因になっているのではないでしょうか。

1〜3番に左が続く形になりますが、
現時点ではこれが最も得点力があるようにも思います。
願わくは、このオーダーを続けてくれることを。
posted by コービー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

還元すべき選手時代の経験

ヤクルト6−2広島
後半戦最初の試合にも負け、借金12。

選手達は既に今シーズンを諦めてしまっているのか。
そう思ってしまうほど、お粗末な試合内容でした。
石川には、いつものごとく軽くひねられ、
守備も集中力を欠き、ミスが続出。
正直、後半戦に反抗を期するチームの姿には見えません。

もしAクラス入りを狙うなら、
先発陣が万全の中日ではなく、ヤクルトにターゲットを絞るべきなのですが、
石川の先発がある程度予想できていた状況で、
なんら工夫のない攻撃に終始し、今季だけで3敗目を喫してしまいましした。

石川が手がつけられない大エースなら、まだ納得できます。
しかし、規定投球回数に達している投手の中では、防御率が下から3番目。
今季、他のチームには打ち崩されているわけです。
これはカープ側に大きな問題があると考えて間違いないでしょう。

打てないからそう見えるのでしょうが、
カープの打者が何を考えて打席に入っているのかが見えません。
石川は打者を圧倒する球があるわけでなく、
球種のコンビネーションで抑える投手なのですから、
カウント別など、ある程度の傾向を見出して、
個人としても、チームとしても狙い球を絞ることが必要になるでしょう。

広島ベンチ、いつも監督の前で片膝立てて戦況を見守っている小早川コーチは、
選手時代、広島を戦力外になり、野村監督率いるヤクルトに入団した経歴の持ち主。
巨人の斎藤雅樹がカーブでカウントを整えるというミーティングの教えを参考にして、
3打席連続本塁打という派手な結果を残した97年の開幕戦は、
野村再生工場、野村ID野球の象徴としても語り継がれています。

「不器用なら不器用なりの打ち方がある」とは野村監督の言葉。
3割にも満たない広島の打者が、すべての球に対応しようとする方が無理があります。
小早川コーチとしても、選手時代の経験をいかに還元するか。
手腕が今、問われています。
posted by コービー at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ヤクルト、横浜6連戦プレビュー

後半戦は6連戦スタート。
東京に移動し、神宮でヤクルトと3戦。
広島に戻ってマツダスタジアムで横浜と3戦。

先発予想は、前田健、齊藤、ルイス、小松、青木高、大竹。
大竹は球宴前に抹消されているので、日曜に登録即先発が濃厚。
また、これらの投手以外にも、今井の先発起用や篠田が復帰する可能性もあります。

ヤクルトは、石川、川島亮、ユウキあたりでしょうか。
球宴で投げた館山と、指の皮がめくれて球宴で投げられなかった由規については、
おそらく広島戦での登板は無いでしょう。
横浜は、苦手寺原とエース三浦が来る可能性が高いかと。

・プレビュー

後半戦、Aクラスを目指し続けるのであれば、
ヤクルト戦では常に3連勝を狙う必要性があります。
同様に下位相手の横浜戦も落とせません。

ファンの興味を再び引き戻せるかどうか。
この後半戦最初の連戦に懸かっていると言っても過言ではないでしょう。

ヤクルト戦で注意すべきなのはデントナ。
前回の3連戦、1、2戦目では計7安打7失点を喫しましたが、
3戦目では攻め方にも改善が見られ、ノーヒットに抑えました。
弱点のインハイを効果的に使うことができるかどうか注目です。

・天気

東京都 降水確率 天気
7月28日(火) 20% 曇時々晴
7月29日(水) 40% 曇り
7月30日(木) 40% 曇り

広島県南部 降水確率 天気
7月31日(金) 50% 曇時々雨
8月1日(土) 40% 曇り
8月2日(日) 40% 曇り
posted by コービー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

捕手がチームの命運を握る

今季は、捕手の存在の大きさというものを考えさせられるシーズンです。
矢野を欠いた阪神の低迷、相川を獲得したヤクルトの躍進。
中日は谷繁が戻ってきてから怒涛の勢いで勝ち星を積み重ねていますし、
パリーグに目を移しても、前年日本一の西武が細川を欠いて3位と苦しんでいます。

やはり守りの要、グラウンド上の監督と表現されるポジションだけあり、
その存在、または不在がチームの勝敗へ如実に影響を与えています。

そういった意味でも、カープの後半戦の鍵になりそうなのが捕手の選択です。
石原と會澤をどう起用していくか。

指名打者制がないセリーグでは、
捕手もそれなりの打撃成績を残さなければ、チームとしての得点力が乏しいものになります。
前半戦は2割に満たない石原を我慢して使ってきましたが、
いかんせん得点できなければ勝てない。
打線全体として破壊力がない以上、少しでも打てる人間を使いたいのも事実。
そこで球宴直前に急浮上してきたのが會澤です。
チームが連敗を重ねる中、
2軍で3割6分を越える高打率を残していた強肩の捕手に声がかかりました。

現時点で石原が優っているのはキャッチングを含めた守備面であり、
會澤は打撃と肩において先輩を上回るものを見せています。
リード面については、簡単に優劣をつけることが難しい部分ですが、
石原の配球にしても、解説者の方々が時折不満を漏らすこともあるように、
決して絶対的なものがあるわけではありません。

後半戦、どちらかに一方に固定せず、併用が続くことになるでしょう。
おそらくポイントとなるのは、會澤がある程度機会がもらえる中で、
打撃をアピールすることができるかどうか。
1軍でも結果を残し続けることができれば、
WBC代表であり、チームのキャプテンである石原とて安泰ではなくなってくるでしょう。
posted by コービー at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

マツダオールスターゲーム2009 第2戦

全セ4−7全パ[MVP]松中(H)

マツダスタジアムで行われた球宴第2戦は、
ホームランが5本飛び出す派手な試合。
広い球場ながらも、一流選手が集えば打てるものです。

カープから出場の7選手はすべて出場。
登板した投手、大竹、ルイス、永川はすべて失点してしまいました。
また、永川がカウントを悪くする度、シーズン中と同じような溜息とざわめきが漏れました。
「う〜ん、やっぱり永川は相変わらずやのぅ」という声が聞こえてきそうな。
このあたりは地元ならではでしょう。

野手4選手はスタメン出場。
栗原はセンター後方に、ファンに当たらなければホームランという一打。
赤松は前日に続き1安打1盗塁。
両者とも持ち味は出せたでしょうか。

・地方で1試合を

Aクラスから大きく離された4位から7人選出。
一流戦中が集まる祭典で少し申し訳なさも感じますが、
本拠地での開催ですから大目に見てもらいましょう。

ただ、今年は札幌と広島で2試合開催されたわけですが、
交流戦も行われるようになった現在、
球団のある地域の人は両リーグのスター選手たちを見る機会が毎年あるのも事実。
メジャーのように1試合にすべきとは言いませんが、
2試合行うのならば、1試合はセパ一流選手を見る機会が少ない地方で、
開催すると決めても良い気がします。
posted by コービー at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

マツダオールスターゲーム2009 第1戦

全パ8−10全セ[MVP]青木(S)

「ファン投票により選出された選手は、
投手を除き2試合とも9回終了までに必ず出場させなければならない。」
ということで、翌日、地元マツダスタジアムでのスタメンが予想されているカープの野手も、
全員、試合後半から途中出場。

しかし、これがセリーグ逆転勝利の立役者となりました。
栗原が四球を選び8回表に1点差に詰め寄れば、
9回表は先頭の石原がセンター前ヒットで出塁し、青木の2ランで逆転。
その次の赤松も打って走って追加点のホームを踏みました。

シーズン中と攻め方が違うとはいえ、
抜群の安定感を誇る日本ハムの守護神、武田久から2本の安打。
今季不調の青木が逆転弾を放ってMVPを獲得し、
宮本から「シーズン中にも打てよ」と言われたそうですが、
石原、赤松に対しても、同じ言葉を投げかけたい気持ちになりました。
もちろん、これをきっかけに後半戦で活躍してくれれば良いのですが。

・前年Aクラスの監督の哀愁

若い選手、成績の伴わない選手、出場する同僚が少ない選手など、
ベンチの中で肩身が狭そうな人達がいますが、それは選手に限った話ではありません。
シーズンでチームが不調ながらも、
去年Aクラスだったことでコーチとしてベンチ入りしている監督です。
今年はセリーグであれば阪神の真弓監督。
もちろん、後半戦巻き返しの可能性は残されているわけですが、
チーム戦力が右肩下がりになっていることを端的に表しているといえます。

カープでは1998年のオールスターで三村監督がその悲哀を味わって以来、
オールスターに自軍監督を出向させていません。
当時まではAクラスの常連であり、まさかそれから11年も遠ざかることになるとは。

怪我人が戻ってくればまた勝てると思い、
チーム力が下降線を辿っているであることに気付かない。
そのことが長い低迷を招いてしまった。
と、球宴の華やかな雰囲気中で、なにやら愚痴っぽくなってしまいました。
posted by コービー at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

フレッシュオールスターゲーム2009

ウ選抜0−7イ選抜[MVP]中田(F)

札幌ドームでフレッシュオールスターがありました。
本家球宴と同じ会場で行われるのは珍しい気もします。
明日、先輩達と会って、スタンドから試合を観戦するのでしょうか。

カープからは、今井、岩本、會澤、安部の4選手が出場。
今井は、1イニングを投げて、被安打2無失点。
岩本は4打数1安打、1盗塁。
會澤は4打数無安打。安部は1打数無安打。

総じて、物足りない結果に終わりました。
完封負けに終わったウエスタン選抜において、
岩本と會澤は4番、5番と中軸を任されたのですから、
敗因の一端を担っているといえます。

フレッシュオールスターのMVPは1軍スターへの登竜門とも言われていますが、
チームが勝利しないことには、MVPを獲れません。
岩本の三盗は、みすみす先制点のチャンスを逃したわけですから、
決して褒められたものではないでしょう。

後半戦、1軍での活躍も期待したいところですが、
まずはウエスタンで最下位に低迷するチームを、自分の手で1試合でも多く勝利へ導く。
それができてこそ、真の中心選手への道が見えてきます。
posted by コービー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

ベースボールIQ

中日3−2広島
終盤に競り負けて、借金は11。

前半戦最後の試合も負けて、対中日戦11連敗。歴史的な記録のようです。
ほとんどが接戦での敗戦ですが、
そのことで戦力の差がほとんどないと見るようでは本質を見誤ります。

投げる、打つ、走る、守るといった動きを単体で争うのであれば、
たしかに両チームの差は小さいかもしれません。
しかし、あくまで野球はそれらが巧妙に組み合わさってスコアを争うスポーツ。
11という屈辱の数字が示すのは、
両チームの間に大きく横たわる、ベースボールIQともいうべきものの差です。

高いベースボールIQを持つ中日の選手達。
その最たる存在が、守りの要として君臨する谷繁です。
カープはベンチも含めて、総勢で頭脳を駆使しても敵いません。
追いつくものの勝ち越せない試合展開は、彼がそういった組み立てをしているからです。
勝ち越しを許さなければ負けないのがこの競技であり、
もちろん、故意に失点するわけではないでしょうが、
同点までならば相手の想定内だということです。

打撃面においても、中日の選手は効率的な試合の進め方を知っており、
相手が嫌がること、自分達の得意な戦い方といったこと常に把握し、
得点、そして勝利までの最短距離ルートを描いています。

今日の勝ち越し点の場面にしても顕著でしょう。
シュルツという投手は、大柄で非常に打ちづらい。
しかも今季は本塁打を許しておらず、一発長打を狙うのは無理というもの。
ならばと相手の弱点を考えれば、それは制球難と投球モーションの大きさ。
得点するためには、四球で出塁して、盗塁して、ワンチャンスを物にする。
そのイメージを打者全員が共有できているのです。

一方、カープが勝ち越しのチャンスを逃した場面。
7回表の一死二塁では、代打の喜田が3度空振りしてあっさり三振。
すべて真っ直ぐ狙いのスイングであり、変化球にかすりもしませんでした。
楽天・野村監督でなくてもボヤきたくなります。
相手からすれば、しぶといバッティングをされて、
外野の前に落とされるような打球が一番嫌なもの。
代打という難しい役割であり、思い切りの良さは彼の長所でもありますが、
「一球ぐらい真っ直ぐが来る」という安易な発想で打席に立ったようにしか思えません。
谷繁にしてみれば「真っ直ぐは必要ない」と判断し、料理するのは容易かったでしょう。

8回表は無死から四球で出塁したものの、フィリップスが併殺。
ワンボールからの外角の球を引っ張りました。
なぜここで強引な打撃が必要なのか。
外角の球を逆らわずに打てば、空いている一二塁間に転がすことも難しくないでしょう。
一三塁とチャンスが広がる可能性もありますし、併殺の可能性も低くなります。
次の打者は当たってきている栗原であり、
ランナーを残して迎えるのは相手としても苦しいところなのに、それを助けてしまっている。

・球団組織としての問題

3番にフィリップスを置くという起用法には、やはり疑問が残ります。
前にも述べましたが、この打順にはもう少し率が期待できて、
つなぎの打撃ができる打者を置きたいところです。
長打力を期待するだけなら、下位打線でも構わないでしょう。
どうしても中軸に置きたいというなら、
最近コンパクトな打撃が目立つ栗原との打順を入れ替えてもいいぐらいです。
アンタッチャブルな部分に手を加えることになりますが。

あまりこのようなことを書くのもなんですが、
日本とアメリカでは、ベースボールIQに差があるように思います。
それはWBCの結果を持ち出すまでもなく、
日本の野球選手達がリトルリーグから一貫して野球を続けて、
高校野球では基本戦術をしっかり叩き込まれるのに対し、
アメリカの選手達は、大リーグに入団する寸前まで、
様々なスポーツに打ち込んでいることも珍しくありません。
差があって当然といえば当然です。

とはいえ、外国人は指揮官を含めてもチームの圧倒的少数派。
問題は日本人選手達のベースボールIQもが低いことでしょう。

高校野球で身に染み付くとはいえ、
プロの世界となれば、一段レベルの高いIQが求められます。
しかし、その鍛錬の場ともいうべき2軍、ウエスタンリーグでカープは今季最下位を独走中。
近年は、ほとんどが最下位争いをしており、
これでは試合に勝つための方法論など学ぶべくもありません。
いくら頭では理解できても、勝利することによって初めて身につくものも多いでしょう。

そう考えると、この中日戦の連敗は、
レギュラー選手や監督だけではなく、球団の組織としての問題のように思います。
外部からの補強が限られるチームにおいて、下部組織の充実は必要不可欠。
次期1軍監督の育成という観点も含めて、
2軍のチームの在り方、戦い方を再検討する必要があるかもしれません。
posted by コービー at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする