Twitter: carpkobe

2009年05月31日

バブル崩壊の予兆

楽天4−5広島
5連勝で借金2。交流戦は2位。

梵が2安打3打点。
難敵と思われた岩隈からのタイムリーだけに、大きな仕事といえます。
また、3回に出塁した際には、足で揺さぶりをかけて、
貴重な追加点となる岩隈の牽制悪送球を誘いました。

打率は2割そこそこと、決して満足いく成績ではありませんが、
梵を1番にしてからチームは5連勝。
平均得点も5.4点と結果が出ています。
誰かが交流戦は打線が上向くきっかけになると言っていましたが、
現実になってきたでしょうか。

・5連勝の陰に

大竹は6回に失点し、連続無失点イニングは43でストップ。
記録が途切れたときに真価が問われると思っていましたが、失点後に2安打2四球。
それまで順調にアウトを積み重ねてきたのに、
ソロホームラン一つで崩れる姿は、去年までの大竹が思い出されます。

記録が途切れたことで肩の荷が下りるのか。
それとも、ちょっとした出来事で乱降下するバブルの崩壊の予兆か。
もちろん大投手とて、時に乱調になることはあるわけですので、
次回登板がトレンドを見極めるポイントなります。

ただ、失点したとはいえこれで5月は4勝目。
月間MVPは近づいたでしょうか。

また、不安要素といえば、ちょっと中継ぎの調子が落ちてきた感じがあります。
今日、横山とシュルツが7回、8回と立て続けに失点。
梅津も状態が万全ではないようで、最近登板機会が減っています。

今季は、振り返ってみると、新外国人のドーマンが誤算。
シュルツが今年良いとはいえ、登板過多気味です。
これまでチームを支えてきたブルペンですが、危険な兆候を見せ始めています。

明日の先発は齊藤。
あまり長いイニングを投げることがない投手ですが、
明日はせめて7回ぐらいまでは投げてほしいところです。
posted by コービー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

野村監督との読み合い

早々に雨天中止が決定しました。

この2連戦では、両チームとも左右の先発が予想されているので、
この中止によって、どちらが投げるかわからなくなりました。
お互い、相手の読みを外そうとする可能性もあります。
DHもありますし、なるべく読み違いは避けたいところ。

楽天は右の岩隈と、左の長谷部。
岩隈なのでスライドの可能性が高いと思われますが、
相手はあの野村監督ですから。

一方のカープ。
スライドになるかどうかですが、順当ならば明日は予定通り大竹。
齊藤が月曜日にまわるでしょう。
実際、今季の彼は雨がなくとも何度か後回しにされていますし。

また、月曜は6月になってしまっているので、
大竹が登板して勝利を挙げても、5月月間MVPの対象外になってきます。
無失点とはいえ3勝では、5勝の巨人ゴンザレスに見劣りする部分があるので、
もう1勝欲しいところです。
posted by コービー at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

楽天2連戦プレビュー

仙台に移動して、クリネックススタジアム宮城で2戦。

先発予想は、齊藤、大竹。
先のロッテとの2戦で、小松はベンチ入りしていましたので、
おそらく今週は中継ぎとして待機するものと思われます。

楽天は、岩隈、長谷部。

・プレビュー

去年の交流戦、岩隈には2戦2敗しています。
沢村賞投手からいかに点を取るのか。
去年岩隈が打たれたホームランはシーズンを通してわずか3本ですが、
そのうち1本は5月31日に仙台で倉が打ったものです。
今月はスタメン出場が1度しかない倉。
そろそろここで起用してみるのも面白いかもしれません。
相性を重視する監督ですし、可能性もあります。
もしかしてDHとか。それはないか。

楽天打線に目を向けてみると、
去年17打数9安打6打点2本塁打と散々やられたフェルナンデスは、
今年オリックスに移籍しました。
また主力に怪我人も多く、得点力不足に泣いています。
投手がしっかり投げれば、連勝するチャンスも十分あるでしょう。
posted by コービー at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

地方球場の魔物

広島4−3ロッテ
1点リードを必死の継投で守りきり、4連勝。

呉市営二河野球場で行われた一戦。
ただでさえ普段余り整備がされていない地方球場ですが、
それに加えて試合前には雨が降り、
グラウンドコンディションは非常に悪いものになっていたようです。

イレギュラーが多くなり、守る側からすれば不運なヒットが多くなります。
試合の勝敗を分けるのは、それが失点につながる場面で出るかどうか。

カープの守りでは、6回のセンター前を赤松が後逸したり、
7回の一塁ゴロがイレギュラーしてライト前ヒットになったりもしましたが、
結果的に失点には結びつきませんでした。

一方、ロッテはランナーのいる場面で立て続けに出てしまいました。
5回裏、1点差に追い上げて、なおも二死一二塁で打者栗原の場面。
ショートゴロのはずが、早坂がバウンドに合わせられずトンネル。
そして、センターに転がった打球を処理するサブローも後逸。
続く二死二三塁で、嶋のボテボテのセカンドゴロは、
井口がイレギュラーを警戒したのか、待って捕ったためセーフに。

もちろん、ロッテの守備次第では避けられたものもあったでしょうが、
広島に運が味方した面も大きかったように思います。

・ルイスの修正

2回まではまったく制球が定まらず、
なんとか大量失点せずに済んだという内容だった先発ルイス。
球数も多く、とても長いイニング持つとは思いませんでしたが、
結果的には5回100球3失点でまとめました。

前回登板では修正しきれずに3回5失点で降板しましたが、
今日に関しては3回以降よく立ち直ってくれたと思います。

・黄金ルーキーデビュー

ドラフト1位ルーキー岩本が、この日1軍に登録され、
さっそく7番ライトでスタメン。
2回の初打席で初安打を放ちました。
本人はチェンジアップと話していましたが、映像を見る限りはフォークのすっぽ抜け。
結局、安打はこの1本だけでしたが、
プロ初めての打席で結果を残すあたり、非凡なものを感じます。
新人なのに打席で非常に落ち着いている印象を受けました。

今回、交流戦の日程に余裕ができるということで、
投手を一人抹消して、岩本を登録しました。
彼が今後も1軍に残り続けるには、
4連戦が始まる6月5日までに結果が残せるかどうかになるでしょうか。
posted by コービー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

自分を見つめ直す期間

広島8−3ロッテ
中盤に逆転し、3連勝。

3回までは唐川にパーフェクトに抑えられました。
連打は難しい。しかも、今季はクイックが改善されている。
ならばとマーティー、4回に先頭で初めて走者が出ると、
2点ビハインドながら、初球からエンドランを仕掛けてきました。
空振りとなったものの、盗塁が成功。
これが唐川のリズムを崩したのか、一挙4点で逆転。
積極的采配が功を奏しました。
負けが混んでいる時は、どうも采配も弱気でしたが、
ようやく指揮官も本来の姿に戻ってきた気がします。

4回、1点を返し、なおも一死三塁の場面で4番栗原が三球三振。
嫌なムードが流れた中で、次の嶋のタイムリーが大きかった。
2球で追い込まれてから、4球粘り、
外角低めのボール球をレフト前に弾き返しました。
調子自体はまだまだのようですが、
先日の打った岸のカーブも低いボール球でしたし、彼独特の悪球打ちが輝いています。

また、交流戦男の赤松は3打数2安打2打点。
内容が三塁打、本塁打と長打率が抜群です。
不思議と好調の打者には甘い球が来ます。
そして、それをきっちり打ち返せる。

・ミスを見逃さない走塁

今日は地味に走塁も見逃せません。
二死一塁からマクレーンが、センター左のヒット。
嶋は一気に三塁を陥れ、送球の隙にマクレーンも二塁へ。
これが喜田のタイムリーが2点になったのも、この好走塁があったからです。

また、8回満塁の場面でのタイムリーでも、
一塁走者の木村までが守備の乱れをついて一気にホームインしました。

ロッテのミスも多かったことは事実。
昨日試合をして、そのまま戦った疲れもあるかもしれません。
しかし、それを見逃さなかったカープの走者は見事です。
わずか7安打で8得点できた理由でしょう。

・會澤プロ初打席

期待の會澤翼が7回代打として1軍初出場。
プロ初打席はセカンドゴロとなりました。
記念の打席の対戦相手がサブマリン渡辺だったのは、少々気の毒でしたが。

・マエケンの壁

前田健は7回を2失点に抑え、先発7試合ぶりの勝ち星。
長かった自身の連敗を5で止めました。

去年はシーズン途中からローテーションに定着して9勝。
それが今季、2勝した後に連敗続き。
「こんなはずじゃない」「去年以上の成績を残せるはず」
理想通りにならない現実に焦りと苛立ちを感じていたように思います。
それが表情に現れていたときもありました。

打線の援護の少なさに腹が立ったこともあったでしょう。
ブログで早く勝利報告がしたいという思いも少しはあったかも。

前回の登板後、マーティーが彼と話をしたと聞きます。
内容はわかりませんが、おそらく原点に立ち返るような話をしたのではないでしょうか。
自分の良さである粘り強さを発揮してこそ結果がついてくる。
1軍で投げることが楽しかったであろう去年、変に勝ち星の計算などしていなかったはず。
今日はその気持ちで登板することができたのではないでしょうか。
もし5連敗中の精神状態なら、初回の2失点で気持ちが切れてしまっていたでしょう。

勝利後のインタビューでは、
前日にお風呂で全身に塩を塗ってお清めしたと語っていました。
それに関しては、勝てない理由を不運や外的要因のせいにしているようで、
ちょっとどうかと思うのですが。

いずれにせよ、この勝利で壁を乗り越えたと期待します。
まだまだ21歳。
今回が自分を見つめ直す良い期間になったと思えば、先が楽しみにさえなります。
posted by コービー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ロッテ2連戦プレビュー

引き続きマツダスタジアムでロッテと1戦。
その後、呉にて1戦。

先発予想は、前田健、ルイス。

ロッテは、唐川、大嶺。
ただし、2戦目がかなり微妙です。
当初は成瀬が予想されたのですが、
今日の阪神戦で、まさかのプロ初のリリーフ登板をしています。
大嶺なら中5日、雨天中止になった試合で4回途中まで投げた小林宏なら中3日。
とにかく先発の間隔をキッチリ空けるチームなので、
他の投手が先発する可能性も十分にあります。

・プレビュー

先も述べたように、ロッテは土曜の試合が雨で中止になり、
今日、振り替えで甲子園で試合をしています。
明日は移動日無しで広島での試合。
迎え撃つカープは有利な状況といえます。

一昨年のドラフトで競合の末に逃した唐川とは、交流戦2年連続の対決となりそうです。
去年の対戦ではクイックのに難のある相手から3つの盗塁で揺さぶり、5回で3点を奪いました。
ただ、今年はその課題も改善されているようで、
45イニングを投げて盗塁は3つしか許していません。
足以外での攻略も必要になってくるでしょう。

前田健、ルイスの両者は前回登板で大量失点。捲土重来を期待しましょう。
5連敗中のマエケンですが、今回は年下投手との投げ合いとなりそうです。
先月18日の試合ではヤクルト由規に投げ勝っていますが、
現在3連勝中の唐川相手にも先輩の意地を見せることができるか。
posted by コービー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

非常に高い先制点の価値

広島3−0西武
完封リレーで連勝。借金5。

去年の日本一チームに連勝。
岸の連勝も12で止めました。

無失点イニングをさらに38に伸ばした大竹。
先の登板と同じく、序盤のピンチさえ切り抜ければあとは危なげない投球。
無死一二塁もバント処理と牽制で失点の芽を摘み取りました。

ただ言い換えるなら、ピンチは作ってしまうのでどうしても球数が多くなってしまいます。
この無失点の間、完封はわずか1回のみ。
本人からすれば完封もしたいでしょうが、
首脳陣からすれば次も万全の状態で投げて欲しいための判断ですので仕方ありません。
海の向こうからチェックしているであろう黒田がどう思っているのか、
知りたいところではありますが。

勝因は、大竹の投球とともに、先制したことが挙げられます。
今日も含めて先制した試合は13勝3敗。
勝率4割4分のチームにしては驚異的な数字といえます。
先制点はどのチームも欲しいものですが、
カープにおけるその価値は非常に高いものがあります。

今日の先制点は2回、二死三塁、打者が8番石原の場面でした。
相手はここで勝負を選択。そこをライト前に打ち返しました。
西武バッテリーからすれば、打率2割の捕手と甘く見たでしょうか。
それともセリーグの投手は打つというイメージがあったのでしょうか。
指名打者無しの戦いに慣れてない部分が出たように思います。
いずれにせよ、どうしても先制点が欲しい広島としては、
勝負してくれたことが非常にありがたかった。

・2番に戻った東出

打線は5安打。
そのなかで栗原が2試合連続の貴重な2ラン。
低めの球でしたが、栗原にすれば得意なゾーン。
5回の打席の方がより甘い球が何球も来ていたのですが、
仕留められないのは本調子まであと一歩ということでしょうか。

初回、梵が四球で出塁。
2番東出の打席では、エンドラン(ファール)、盗塁と仕掛けました。
負けが込んでいる時は送りバントをするなど消極的だったマーティーですが、
昨日良い勝ち方をしたことで体が軽くなったようです。

それと、やはり打者が東出ということでいろいろ策が施せます。
梵の盗塁後には、引っ張って一死三塁という形を作りました。
クリーンナップが還せませんでしたが2番の仕事は成功といえます。
打撃の調子を落としたり、天谷の離脱などもあって、
1番から2番に戻ったわけですが、改めて適所だと感じました。

・出塁率の高い打者を探す

そうなると、課題とすれば1番打者。
今日の梵は、11球粘る打席などもありましたが、
結果は初回の四球一つのみで、無安打。

遊撃のポジションは、梵、石井ともに低打率と悩んでいます。
サードでもマクレーンが打ち出す気配がありません。
ここはひとつ、小窪を起用してみても面白いと思います。
決して俊足ではありませんが、
2軍に落とされてから、ウエスタンで高打率、高出塁率を残してきました。
2年続けて下で結果を出して這い上がってきた彼の能力は、
使い続けてみれば1軍にでもそれなりの数字は残るはずです。

・未来の正妻

捕手會澤が鞘師に代わって上がってきました。
打撃好調も買われたのでしょう、3年目期待の捕手が初の1軍です。
石原の打撃が上がってこない中、捕手3人制にすれば采配にも広がりが出ますし、
右の代打としても起用してみたいところです。
posted by コービー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

残像を払拭した一打

広島7−5西武
4点のビハインドを打線が逆転。連敗は3でストップ。

初回の攻防を見る限り、大荒れの試合模様が予想されました。
打ち合いとなれば強力打線の西武の方が有利。
一方で、中継ぎ投手の質ではカープに分があります。
勝ちパターンの継投に持っていければ勝利も見えてきます。

そういった意味では、先発小松が2回以降、
なんとか試合を作り直しましたのが大きかったように思います。
理想通りにリードを保ったままバトンをつなぎ、
林、シュルツ、横山、永川の一人1イニングリレーが完成。
梅津でなく林だったのは登板間隔の問題でしょうか。
永川は通算139セーブとなり、球団新記録となりました。

結局、小松は5回5失点ながらプロ初勝利。
前回登板では7回1失点ながら勝ち星がつきませんでしたから、
差し引きゼロということで。

初回に先頭打者からいきなり4連打で4失点したときは完敗も覚悟しました。
前回の巨人戦も序盤は苦しみましたし、
立ち上がりは先発投手永遠の課題とはいえ、彼の場合は特に顕著のようです。
まだまだキャリアで先発2回目ですし、試合の入り方をいろいろ工夫していってくれれば。

・嫌な残像を振り払った石原

打線は2試合連続二桁安打。上向いてきた実感があります。
特に今日は1番梵から4番栗原までが計8安打。
これだけ安打が線になれば、得点もできるというもの。

赤松はこれで交流戦が18打数9安打の打率5割と、キーマンになりつつあります。
3番という打順は記憶にありませんが、
今の勢いを見れば、この起用も頷けます。

栗原の3週間ぶりの一発は、
レフトバルコニー席に飛び込む貴重な勝ち越し弾。
前日も良い当たりがありましたが、福岡ドームのフェンスにも届きませんでした。
今日のスイングの方が思い切りが良かったように見えましたが、
その分、飛距離が伸びたでしょうか。
昨日と今日の結果を分けたのは、気持ちの変化のようにも思えます。

また、大きかったのは1回の石原のタイムリーです。
前の末永が一死満塁で三振してしまい、もし石原も走者を還せなければ、
2点返したことより残塁の印象の方が濃くなってしまうところ。
昨日は残塁の山で敗れていますので、
その嫌な残像を払拭できるかどうか、大きなポイントでした。

4失点直後に同点に追いつけるかどうかは、
試合展開の上でも、選手の精神面でも全然違いますし、
ある意味栗原の勝ち越し弾より価値があったといえるでしょう。
posted by コービー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

停滞感を采配で打ち破れ

ソフトバンク5−4広島
あと一打が出ず3連敗。借金7。

残塁が13。恐ろしい数字です。

4番栗原が4度の得点機でいずれも凡退。
3回二死満塁、5回無死一二塁、6回二死一二塁、8回二死二三塁。
いい当たりが外野正面に飛ぶなど、不運な面もありましたが、
さすがにこれだけチャンスを逃してしまうと厳しいものがあります。

栗原以外の打者にしても、気持ちがスカッとするようなタイムリーが出ません。
得点は、併殺崩れに犠飛、ソロホームラン。
5回の赤松はタイムリー扱いですが、相手の失策気味です。

チャンスで有利なカウントになる場面も多かったのですが、
真っ直ぐ一本に絞っていながら、その狙い球をミスショット。
どうも打席で力みすぎている印象です。
肩の力を抜いて打って欲しいのですが、無理な注文でしょうか。

ただ、これだけ4番にチャンスが回ってくるのですから、
打順の巡りは良くなっているのは事実でしょう。
マクレーンを外して純国産打線になりましたが、得点力が落ちた印象はありません。

嶋が3安打。今季初のホームランが出ました。
彼が不動の5番になってくれると、打線の形ができてきます。
あとは左投手が相手のときにもしっかり打撃ができるようになれば。

・痛すぎた四球

以前よりは点を取るようになったものの、投打の歯車が噛み合いません。
打線は反撃するも、なかなか追いつけない。
差が縮まって反撃ムードが高まっても、投手が持ちこたえられない。

齊藤は6回途中5失点。
3回は二死を取りながら、四球、三塁打、安打と崩れました。
特に川崎への四球は、試合を大きく分ける分岐点だったように思います。
ランナーをためて好調の中軸に打順をまわしてしまい、
自分を非常に苦しくしてしまいました。

・動かない指揮官

二死から赤松が出塁すること2度、いずれも走りませんでした。
8回は、走っていれば、一気に赤松はホームまで帰ってきていました。
投手は長身の新外国人で、見る限り素早いクイックはできていませんでした。
それでも走らない。
カープは盗塁フリーではなく指揮官のサインですが、なぜサインを出さないのか。

マーティーはバッテリーに一塁走者を意識させる効果が大きいと見ているようです。
しかし、そうなったところで、今のカープに、
一塁のランナーを一気に還せるような打者はほとんどいません。
常に得点圏に進めておく方が、相手のプレッシャーになるはず。
アウトになることを恐れて消極的になっているようにしか見えません。

打線がうまく機能しているときは、あまり動かなくて良いもの。
停滞感が漂うようなときこそ、采配で打ち破るべきでしょう。
どうも最近のマーティーは逆になっているように思います。

そういえば、代名詞ともいえるエンドランを久しく見ていない気がします。
打線が本来の調子を取り戻せないのは、
指揮官が本来の姿を忘れているからではないでしょうか。
posted by コービー at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

明日につながる6安打

ソフトバンク6−3広島
序盤の大量失点が響き、借金は最多の6。

ルイスが乱調で、3回を投げて2被本塁打の5失点。
時折、こういう日があります。
彼の場合、制球が悪いと四球になるのではなく真ん中に集まってしまうので、
修正する間もなく次々に痛打されてしまいます。
エースなので悪いなりにも抑えてほしいのですが。

相手先発、和田の調子も良く、序盤で試合が決まってしまいました。
球の出所がわかりにくく、ただでさえ対戦が少ないと打つのが難しい投手。
仕方ありません。

打線が極端に悪かったのではないと信じたいところ。
和田が降板した後の8回、9回には6安打を集めましたし、
明日以降に向けての明るい材料と捉えましょう。

不調の栗原、マクレーンが2安打ずつ。
中軸に当たりが出てくれば、打線が好転する可能性があります。
マクレーンは8回に14試合ぶりの長打となるレフト越え二塁打。
やはり求められているものは長打です。ここから増えていけば。
posted by コービー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする