Twitter: carpkobe

2009年04月30日

ミスを相対的に減らす

広島4−7巨人
今季6戦目にして巨人戦初黒星。連勝ストップで5割逆戻り。

打線も一時は同点に追いつきましたが、
今日に関しては、やはり初回の失点が痛かったように思います。
巨人打線は3試合連続無得点中で、当然、彼らの中にも意識があったはず。
無得点のイニングが続けば、徐々に重圧が圧し掛かっていったのでしょうが、
初回で早くも得点を許してしまい、眠っていた打線が目を覚ましました。

3回に同点弾を放ったのは天谷。新球場のチーム第2号です。
また、2週間ぶりの複数安打。復調のきっかけになれば良いのですが。

横山が3点ビハインドの9回に登板。
昨日休ませて、今日のこの展開で使うのはちょっと理解できません。
先発を交代させた後の継投が描けてない気がします

・怖さを知る

初回にいきなり3失点してしまいました。
1番に初球を安打され、2番にも初球をバスターされ、無死一二塁。
3番小笠原には2球で追い込むものの、4球目を被弾。
打たれた球はいずれも真ん中付近の直球でした。
不注意だったと本人も思っていることでしょう。
前の2戦をカープ投手陣が連続で完封していたため、
心のどこかで甘く見てしまった面もあるでしょうか。

若い選手を評して、「怖さを知らない」という表現をよく使います。
マイナスのイメージをすることなく積極的なプレーができるということです。
マエケンも怖さを知らない投手でしたが、
おそらく今日ような試合が「怖い体験」となるのでしょう。
今後の登板には慎重さも加わってくるはずです。
ただ、それが必ずしもプラスであるとは限りませんが。

・ミスを相対的に減らす

6回は記録に残らないものも含め、
幾多のミスによって致命的な失点を重ねました。

チームの失策数は12球団最多。
ただ、これは内外野天然芝の新球場をホームにしていることで、仕方ない部分があります。
ですので、失策数最下位から脱出しろとは言いません。
目指すべきは、個々の試合で相対的に減らすこと。
目の前の相手より少なくすることです。

今日も、数字でこそ両チーム一つずつですが、
ミスの数では明らかにカープのほうが多かった。
新球場とはいえ、ホームにしている分、慣れているわけですから、
これは避けねばいけません。
posted by コービー at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

貧打を受け入れた戦法

広島2−0巨人
2日連続で完封勝ち。3連勝で貯金1。

今日も巨人打線を完封。
またまたスタジアムの広さを実感しました。
不思議なほどにホームランを打たれる気がしません。
リードはわずかでも、比較的余裕を持った試合運びができました。

とはいえ、完封を成し遂げた投手は見事です。
齊藤は4回まで毎回ランナーを許しながらも粘りの投球。
球数が多く、ランナーが出た場面で打席が回ったことで代打が送られ、
5回91球での降板となりましたが、
結果的にこの交代劇が功を奏し、東出が先制かつ決勝のタイムリー。
齊藤自身にも勝ち星がつきました。

中継ぎでは、復帰したルイスがさっそく登板。
登録されたからには投げる可能性があると思っていましたが、
僅差の場面でも躊躇わずに投入しました。
いや、ルイスだからこそ、調整登板も有効に使おうということでしょうか。
土曜からは6連戦になりますが、そこで先発するかどうか。
徐々にイニングを延ばすために、もう一度リリーフで投げそうな気がしますが。

8回はシュルツが登板。
横山は1週間ほど登板がありませんが、
去年は横山が離脱したことでAクラスを逃しましたし、
今季は極力温存しようということでしょうか。
今日はルイスを使いたかったこともあるでしょう。

栗原は代打で登場。23日以来の打席です。
巨人バッテリーが一発を警戒したのか、一度もバットを振らずに四球。
結果的に、これが貴重な追加点につながりました。
二死ランナーなしからの得点という意味でも大きかったように思います。

赤松が3安打1四球。
左肩痛めてからのほうが打撃成績が良いのは偶然でしょうか。
東出も1安打2四球。
1、2番が塁に出ると、打線に活気が出ます。結局2得点でしたが。

・先制点を与えない

2回、二死二塁では捕手が立ち上がって8番鶴岡を敬遠。
3回、二死二塁でも、ラミレス、谷といった高打率の打者には、
無理にストライクを取りに行かずに連続四球。
満塁で打率1割台のアルフォンゾとの勝負になりました。

もちろん塁を埋めれば大量失点のリスクも伴います。
それでも、今の打線では先制されると苦しくなる。
だから、とにかく先制点を与えない。
そういった共通認識が、投手、野手、監督コーチ、すべてにあるように思います。
だからこそ、割り切った戦法が取れるのでしょう。
スコアレスの展開ではカープの選手の方が活き活きしているように見えます。

ただ、それでも贅沢言うなら、もっと早く援護してほしい。
今日も含めて最近6試合では、4回までがすべて無得点です。
援護が遅ければ遅いほど、窮屈な投球が長くなり、
今日の斎藤のように球数も多くなってしまいます。
posted by コービー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

ビッグイニングを作った走塁

広島5−0巨人
大竹の完封で2連勝。勝率5割に。

大竹が、去年最も相性の悪かった巨人。
その相手を完封できたのは、スタジアムの力なくしてありえなかったでしょう。
一発を恐れることなく投球できることは、メンタル面で支えになったはず。

それでも試合中盤では、勝てなかった今季の投球のように、
一歩間違えれば崩れるという危うさも顔を見せました。
5回の満塁のピンチでは打者の内海に良い当たりを許し、
なんとかアウトになったものの、このあたりは紙一重。
結果が逆になっていてもおかしくなかったように思います。

山登りでも、中盤が最も疲労を感じる段階。
乗り越えるか乗り越えないか、それが結果を大きく左右します。
もともと能力はある投手ですから、
中盤さえパスすれば、今日はまったくスムーズでした。

最後の打者ではベースカバーが遅れてタイミングがギリギリになり、
スライディングで地面に伏しての試合終了。
少々カッコ悪い幕切れととなりました。
前回登板でも、サードのベースカバー怠って失点を増やしましたし、
最後まで気を抜いてはいけません。

・個々の打球判断力

栗原が抜け、まったく強力とは言えない打線ですが、
先発が最小限の失点にとどめていれば、
機動力を活かして得点することができます。
6回に機動力を活かし、一挙5得点のビッグイニング。

今日に関しては、チームとしての機動力や采配というよりも、
個々の走力や打球判断に関して、目を見張る部分がありました。

まず、ツーベースで出塁した赤松。
天谷は失敗ともいえるキャッチャー前のバントでしたが、
サードへの送球はセーフで野選となり、
続くシーボルの先制犠牲フライを導きました。

そして、4点を入れた後、一死三塁の場面で三塁走者となった梵。
広瀬の打球はショート左の強いゴロでしたが、
坂本が送球を諦めるほどの速さで本塁を陥れ、これがダメ押し点に。

最大限のリードを取り、
バットがボールに当たった瞬間には打球方向を予測して駆ける。
そういった高い走塁技術を感じるシーンでした。

・好相性は続くか

廣瀬が2試合連続でバックホームの好返球を見せました。
先日はライト、今日はレフトから。
ただ、打撃では今日も音なしで、今季未だノーヒット。
そろそろこちらの結果も欲しいのですが。

これで、対巨人は引き分けを挟んで3連勝。負けなしです。
この相性をこのまま持続したいところ。
明日はチームが苦手にしている東野。
勝つためには、今日と同じく先発が先制点を与えないことでしょう。
posted by コービー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

巨人3連戦プレビュー

引き続きマツダスタジアムで3戦。今度は巨人を迎えます。

先発予想は、大竹、齊藤、前田健。
先週、ローテの順を崩してマエケンを中5日で先発させたのは、
このカードに投げさせるためだったでしょうか。

巨人は、内海、東野、福田。
グライシンガーは、日曜に中4日で投げました。
これは苦手の広島戦を回避するためでもあったでしょう。
低調なカープ打線ですが、相手も嫌がっているようです。

・プレビュー

広いマツダスタジアムで巨人と戦います。
去年までなら、どちらに転がるかわからない乱打戦が数多く見られましたが、
今年はそれほど派手な試合にはならないでしょう。
投手には、本塁打を恐れず、強気な投球を心掛けてほしいところ。

・マクレーンと契約

球団は元西武のスコット・マクレーン内野手との契約が合意に達したと発表しました。
去年も獲得の話が聞こえてきましたが、結局、投手優先でブラウワーに落ち着きました。
現在、ドーマンが結果を残せず2軍落ちするなどしているので、外国人枠には余裕があります。
低調な打線の救世主となってくれるでしょうか。

アレックスは元中日でしたので、来日後すぐに結果を残せましたが、
マクレーンはパリーグだった上に、日本野球のブランクもあります。
マイナーでは打っていたようですが、どれだけ早くアジャストできるか。
ただ、マツダスタジアムでもホームラン打てるパワーはありそうです。

・高橋建、メジャー昇格

先月末ブリュワーズから戦力外になり、
メッツとマイナー契約していた高橋建が、メジャーに昇格しました。
マイナーで結果を残したことが評価されたようです。
メッツはナショナルリーグですので、
左の福留あたりと日本人対決が見られるかもしれません。楽しみです。
posted by コービー at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

方向性は間違っていない

広島2−1阪神
先発篠田の好投、バックの好守もあり、連敗ストップ。

薄氷の勝利とはこのこと。
風が吹いただけでも割れてしまいそうな、本当に薄い氷1枚でした。

打線がとにかく低調である状況で、なんとか勝ち星一つを拾いました。
投手陣が最少失点で粘り、打線はわずかなチャンスをなんとか得点につなげる。
これが現在で唯一ともいえる勝ち方でしょう。

今日の試合、旧広島市民球場なら本塁打になっていたような打球がいくつかありました。
しかし、いずれも結果は外野フライ。
もし空中戦になったならば、今の打線では太刀打ちできません。
そういう意味では、マツダスタジアムだからこそ勝てた試合でした。
守備でも好プレーがあり、1点を守る野球を体現。
すべて当初の思惑通りにいっているかは別としても、
目指している野球自体は間違っていないと実感できる試合ではありました。

・取りにいった四球

7回の得点はアッチソンが自滅してくれたようにも見えます。
しかし、それは勝手に崩れたわけではありません。
単調な打撃を繰り返していたら、普通に抑えられていたでしょう。

一死からまず石井がまず四球を取りにいきました。
追い込まれてもファールで粘り続け、10球目で出塁をもぎ取ったのは、
いぶし銀と呼べる彼ならではの技術。
そして、塁に出てからはエンドランなどを仕掛けて揺さぶり、2つめの四球も獲得。

接戦の場面では、四球はヒットより価値を持つことがあります。
結果、喜田のタイムリーが出ましたが、
ベテランの技術と足の揺さぶりで奪った2つの四球があってこその逆転劇でした。

・賛同できない敬遠策

1点リードの9回二死二塁の場面。
15日の横浜戦に続き、今日もマーティーは敬遠策を取りました。
結果こそ廣瀬の好返球で本塁アウトになったものの、
次の打者に安打を打たれたわけですから、この采配は失敗といってよいでしょう。

前も述べましたが、この敬遠策にはまったくもって賛同できません。
ロジカルな観点からも、この球場では一発を浴びる可能性が低いですし、
裏の攻撃のチームが安打で同点になることを必要以上に恐れることはありません。
制球に不安のある永川にとって、塁を一つ埋めることにはリスクがあります。
裏目に出たときのチームへのショックも計り知れません。

また、守護神への信頼をまったく感じられない采配であり、
まだ始まったばかりのシーズンで急場凌ぎのような策を繰り返すことは、
後のシーズンに良い影響があるとは思えません。
posted by コービー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

大敗を暗示

広島1−12阪神
12失点、打線も元気なく大敗。

2回表、スコアボードの阪神側に19点が誤表示されるトラブル。
まるで今日の大敗を暗示していたかのようです。
雨の中応援してくれたファンにまったく応えることができず、
スコアだけでなく試合内容も今季ワーストの試合でした。

先発長谷川の状態は目に余るものがありました。
ストライクとボールがハッキリするとはよく言いますが、
本当に、明らかなボール球か、打ち頃の真ん中か。
雨でスライドすることになったとはいえ、
中7日もらって早々にKOというのは残念すぎます。
打線に元気のない今のような時こそベテランが粘ってもらいたいのですが。

次に投げた青木高も3失点。
ドーマンに至っては4つの四球を与え、アウト一つも取れずに降板。
結局、梅津、シュルツという、勝ちパターンの投手を投入する羽目になりました。
こんなときこそ小松を登板させたいはずなのですが、先日抹消していたという誤算。
栗原が腰を痛めて、野手を増やしたい事情があったにせよ、
このあたりはどうもチグハグです。

ただ、ならば、今日は左腕の能見が相手だったのですし、
小松の代わりに上げてきた廣瀬をスタメン起用しても良かったのでは。
今月9日に抹消されてから2軍の試合で4割近い打率を残し、
調子の良さを認められて1軍に上げられたのですから、
元気のない今の打線に組み込む手もあったでしょう。

・繊細な人種

昨日はスプリンクラーに当たってイレギュラーするという不運から初回3失点。
今日も先頭打者を幸先よく三振に取ったのですが、
後逸して振り逃げとなり、そこから4失点。

精神的にも不安定な立ち上がり、投球に水を差される事態が起こると、
いとも簡単に崩れてしまう。
投手とは、かくも繊細な生き物なのか。
いや、だからこそ本当に勝てる投手は、想定外の状況に強い人間なのでしょう。
posted by コービー at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

3番東出を考える

広島0−4阪神
残塁10、あと1本が出ずに完封負け。

前田健太は5回4失点。
不運な打球もあり、責められません。
前回登板に続き今日も援護がまったく無しと、むしろ同情してしまいます。
ローテーションでは長谷川だったのですが、
中5日でマエケンを持ってきたところに、チームとしての余裕のなさを感じます。

打線は無得点。
栗原の不在を原因とされますが、代役4番のシーボルは2安打。
チームとしても阪神を上回る8安打を放っていますし、
栗原不在以外にも要因を考えるべきでしょう。

・まず3番を固定する

今年は3番について考えることが多いシーズンです。
去年座っていたアレックスが退団し、空席となったポジション。
数人の選手を入れ替えて起用するものの、
なかなか結果が出ず、固定できるに至りません。

3番に最も求められるものはなにか。
それは状況に応じた打撃を可能にする技術ではないでしょうか。
具体的に言うなら、バットコントロールの技術。
それはヒットを打つだけではなく、
最低でもランナーを進めるといったものでもあり、
エンドランなど、采配の選択肢も増やしてくれます。

最近数試合では天谷が3番で頑張っていますが、
得点圏での成績が17打数1安打であり、
今日の初回のように一死三塁で三振してしまったりと、
状況に応じた打撃ができているとは言い難い部分があります。

カープには球界屈指の打撃技術を持つ前田がいますが、
残念ながら現在は腰痛で2軍にいます。
となると、目が行くのは今季も高打率をキープしている東出です。
彼は三振が非常に少ない打者でもあります。
今季も開幕から多くの打席に立ちながら、わずか2つ。
2006年にはセリーグ規定打数達成者の中で最少の空振り数だったこともあります。
そしてまた、状況を冷静に見極めるクレバーな頭脳も持ち合わせています。

ともすればウルトラCとも呼べる奇策かもしれませんが、
東出を3番起用してみるのも面白いのではないでしょうか。
確かに本塁打が期待できず、中軸を打つには物足りない部分もあります。
しかし、そもそも今年はチームに長打力のある選手が少なく、
指揮官自身も「3番に長打は求めない」と断言していますので、
決して暴挙とはいえません。

3番は上位打線と中軸を連結させる重要な役割を持ちます。
去年、小笠原や青木を据えた巨人とヤクルトが、
それぞれチーム得点でリーグ1位、2位になったのは偶然ではないでしょう。
WBCではイチロー不調の時でも青木が打線を引っ張り、チームは勝ち上がりました。
日本よりベースボールの歴史が長いアメリカで「3番打者最強説」があるのも、
そういった意味合いが含まれているかもしれません。

打順を考える上で、
まずは3番を固定することから始めてみても良いのではないでしょうか。
posted by コービー at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

3本の矢

横浜0−2広島
横浜打線をわずか2安打に抑え、連勝。

横浜スタジアムまで見に行ってきました。
先週神宮で観戦して良いところなく負けてしまったので、
早めのリベンジを期して。

結果は完封勝利となりました。
自分は負け運を持っていなかったということで、安心しました。

齋藤は7回1安打無失点と完璧な投球。
スタンドから見てる分には、なかなか齋藤の良さはわかりません。
球速があるわけでも、大きく変化する球を投げるわけでもない。
ただ、一つ、調子の目安にできたのは、ストライク先行の投球だったという点です。
四球もなく、安打も少なく、カープの守りの時間が短かったのなんの。
これで今季初勝利。登板3戦目にして、彼も開幕しました。

8回は横山。
そして9回は永川が3人でピシャリ。今季初めてです。
去年あった3人斬りインセンティブは、今年も有効なのでしょうか。

・古巣からの応援

カープの攻撃時間は長かった。
その割に得点が少なかったのは、残塁が多かったからですが、
ランナーのおいた場面で、後に交代する栗原や、齊藤に打席が回るなど、
打順の巡りで仕方ない部分もありました。

栗原が途中交代した理由は、現地では知る由もありませでしたが、
5回の打席でなにかあったのでしょうか。
大きな怪我ではないと思うのですが。

また、今日も代打で石井がコールされるとスタジアム一三塁を問わず大歓声。
そして今日は森笠も代打で登場しました。
石井ほどではないにせよ、こちらもカープ側からも歓声。
チームを離れても古巣から応援してもらえることは、
それだけ貢献してきたことを示しているように思います。

・3フレッチェ

小窪がスタメンで出場し、1安打。
現在、ショートを守る選手では最も打撃が期待できる選手ではないでしょうか。
特徴で分けるならば、打の小窪、守の石井、走の梵といったところ。
一人では不十分でも、3人合わせれば、走攻守すべてをカバーできます。
安芸の国は毛利元就、まさに3本の矢。

今日は、栗原が退くとなれば、小窪がサードにまわり、梵がショートへ。
梵に打席が回れば貴重な追加点となるタイムリー。
終盤、小窪に代打石井が送られ、そのまま守備へ。
この3人をうまく使い分けることこそが、今季のポイントになるような気がします。

・ギャラリー

CIMG0776.jpg
この3連戦は横浜開港150周年記念試合。
始球式は横浜出身の谷原章介さん。

CIMG0782.jpg
横浜スタジアムにもWBCブースがありました。
トロフィーはありませんでしたが。

CIMG0798.jpg
3人で締めた永川。
天敵・金城も打ち取りました。

CIMG0801.jpg
今日のヒーローはもちろん齊藤。
コンスタントに活躍できるようになればもっと人気が出そうです。
posted by コービー at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

俊足長打が輝くとき

横浜4−5広島
接戦を制し、連敗ストップ。

課題が多かった試合です。
単純に打てなくて負けるなら納得できますが、
これだけ相手より多く安打を放って、もし負けていたら、笑えません。
勝利したものの、逆にこういう試合こそ厳しく評価したいところ。

守備では4失策。開幕から順調すぎるほどに数を伸ばしています。
その他も、数字に残らないミスがいくつかありました。
打線も、久々の二桁となる14安打したものの、
相手の失策などに助けられても得点はわずか5点。
久々に安打が多く出て気が抜けたのか、攻撃が雑なこと雑なこと。
エンドランを打ち上げたり、走塁ミスしたり、いろいろありました。

4回無死一三塁、5回一死三塁、6回一死二三塁では、いずれも無得点。
無死ないし一死で、三塁に走者がいる状態での得点率。
こんなデータがあったら見てみたいです。
おそらくカープは悪い数字が出てくるのではないかと。

・本塁打も四球も避けたい心理

試合を決めたのは赤松の一発でした。
彼は俊足ながら、去年、3試合連続本塁打を放つなどパンチ力があります。
ただ、打率はそれほど高くありません。

俊足で長打。
一見、相反する要素に思えます。
俊足を活かすには、出塁しなければ意味がなく、
そういった選手は長打力よりも、まず率が求められるからです。

ただ、こういった選手が重要な価値を持つ場面があります。
それが、今日ような終盤で1点を争う状況です。

9回2死、この状況で投手が最も避けたいのはホームラン。
基本的に危ないボールは投げません。
しかし、俊足選手となると話は別。
歩かせれば、走られて一気にピンチになってしまいます。

カウントは2ストライク2ボール。
おそらく相手投手石井は、四球の恐怖が頭をよぎっていたのではないでしょうか。
そのため、変化球が真ん中にいってしまった。
赤松にすれば、十分ホームランにできる球でした。

打率が2割を切るなど苦しんでいましたが、本日3安打。
決勝本塁打は気持ちよかったことと思いますが、
もう一度、俊足巧打で打率を上げていってほしいところです。

・再戦の利点

寺原とは、1週間ぶりの再戦。
先週の対決では、切れ味鋭いカーブに完全にやられました。
ただ、今日は1回に栗原がそのカーブをタイムリーヒット。
他の選手もしっかり打ち返していましたし、
相手の球種のイメージがしっかり頭に入っているという感じでした。
このあたり、短い間隔で再び対戦したことがプラスに働いたといえるでしょう。

寺原自身の調子も良くなかったようで、12安打を浴びせました。
それでも4点しか奪えなかったのは、
やはり苦手にしている投手ということでしょうか。

・大竹に同情できず

大竹は5回を3失点。
本人はもっと投げたかったようですが、代えられても仕方ない部分もあります。
特にまずかったのは5回の松本への四球。
将来性のある選手とはいえ、打率1割台のルーキーに対して、
突然ストライクが入らなくなりました。
結局この松本が同点ランナーとなり、本人も勝ち星を逃してしまったわけで。
味方の失策といった不運もありましたが、それが同情しきれない理由です。

・満を持しての代打

6回二死二三塁で代打に送られたのは、
今季、横浜スタジアム初登場となる石井琢朗。
これには一塁側スタンドからも大声援が起こりました。
重要な場面でスタジアム全体を味方にし、横浜にプレッシャーをかけたのは、
マーティーの計算通りでしょうか。
残念ながらタイムリーとはなりませんでしたが。

また、9回裏、横浜は先頭打者に金城を送ってきました。
まさに金城を苦手にしている永川のために温存しておいたような起用。
実際、難しい低めのフォークにも関わらず、しぶとくセンター前に運ばれました。
相性とは恐ろしいものです。

しかし、金城には打たれたものの、
今日の永川は真っ直ぐに威力がありました。
正面のセカンドゴロを併殺に取れなかったことで、
内川、村田に打順が回り嫌な予感もしましたが、杞憂でした。
posted by コービー at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

ルイス不在を乗り切れるか

雨天中止。

恵みの雨となりました。
現在、ルイスが離脱し、先発が一人抜けている状態ですが、
この中止により今週は5人の先発で回せることになります。

幸いにも、ルイスはそこまで長引かない様子。
今年のゴールデンウィークは長い連戦もありませんし、
エース不在も、なんとか乗り切れそうな気がしてきました。

・信頼関係

中日対阪神戦を見ていました。
中日が1点リードの9回、二死二塁で迎える打者は金本。
岩瀬はどうするのかなと思って見ていましたが、
あわよくばボールを振ってくれたらという姿勢でもなく、まさに真っ向勝負。
結果は三振。見応えのある対決でした。

先週のマツダスタジアムでの横浜戦が頭をよぎりました。
あの日、今日の岩瀬と同じような状況で、永川は金城を敬遠。

もちろんベンチからの指示でした。
マーティーは言葉では永川を信頼していると言っていますが、
一打逆転の状況ならともかく、あの状況での敬遠指示となると、
発言に行動が伴っているとはいえません。

ただ、永川も、その次の試合で先頭打者となった金城に二塁打を打たれました。
これではやはり信頼を得ることはできません。

監督は選手を信頼して起用し、選手はその期待に応えて信頼を得る。
そういった関係をもう一度築きたいところです。
posted by コービー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする