Twitter: carpkobe

2009年01月20日

WBC一次候補について

2009年になって20日以上が過ぎました。早いものですね。

さて、今年は第2回WBCがあります。
先月には、WBCの一次候補が発表されました。

広島からは、栗原、石原の2人が選ばれました。
事前の意思確認の段階では永川もリストアップされたようですが、
一次候補からは漏れてしまいました。

永川本人は残念でしょうが、
これで新球場元年の開幕に照準を合わせることができると前向きに捉えてほしいところ。
また、選ばれた栗原も、昨年に手術をしていますので、
WBCのキャンプに間に合わせようとして無理をしないでもらいたいと思います。


しかし、発表された顔ぶれを見るてみると、
先発12人、中継ぎ・抑えが4人という配分。その上、斎藤隆が辞退。
やはり先発が多すぎるのではないかと思ってしまいます。
一流の先発投手といえど、途中からマウンドに上がったり、
ランナーを置いた状態から登板するのには慣れてないもの。
球数制限などの問題もありますが、
もっと中継ぎ、抑えの割合を増やすべきではなかったかと。
確かに、岩瀬、浅尾、高橋といった、
中日の選手達が辞退した影響はあったかもしれません。
ただ、岡島の名前が挙がらないのは少々不思議です。
メジャーで2年、中継ぎとして申し分のない結果を残してきたのですが。

野手では西岡が落選したことに少々驚きました。
岩村がレイズでセカンドへコンバートになり、
中島、片岡が去年インパクトを残したことが影響したでしょうか。
原監督は日本シリーズでの対戦相手だっただけに、特に。

ただ、西岡は前回WBC、北京五輪と国際経験豊富ですし、
抜け目がなく、物怖じしない性格は強豪国を相手にするときに必要なものとも思えます。
思えば、前回WBCで物議を醸した、
「ボブ・デービットソンの世紀の大誤審」も彼のタッチアップでした。
もう一度、アメリカの審判を惑わすぐらいの技術を披露してほしかったです。

逆に、意外な選出としては亀井が挙げられます。
確かに国内の外野手の層は意外と薄いのですが、
成績もそこそこ、所属チームでスタメンに定着していない選手で、
しかも豊富な左打者が選ばれるとは。
内川は右打者ですが、実質一塁手ですので、
外野手は全員左打者ということになります。
ただ、最終候補には故障がない限り、
イチロー、福留、青木、稲葉の4人が濃厚ですので、
落ちる可能性が高いなら、
監督の所属チームの選手の方が気を使う必要がないという考え方もできます。


また、黒田が一次候補発表された後に辞退しました。
斎藤隆とは違い、所属チームが変わるわけでもないので、
あのタイミングで表明したことは少々不可解でもあります。

報道では、代表のスタッフが、
代表の先発3本柱を松坂、ダルビッシュ、岩隈に決めていると言われてますが、
これが少なからず影響を与えたのではないでしょうか。
黒田は前回のWBC予選でも、アテネでも、
先発を任されず非常に悔しい思いをしたと語っています。
もしこのコメントが耳に入っていたとすれば、失望したことでしょう。
安易にメジャーの方が上と判断するのはどうかと思いますが、
しかし、黒田は今季、打線の援護に恵まれず勝ち星こそ伸びなかったものの、
後半はチームに大きく貢献し、プレーオフでも好投を見せたのですから。

個人のエゴに走る人間でないことは我々が一番良くわかっていますが、
WBCで中継ぎの調整となれば、
ドジャースでの先発としてのシーズンに影響を与える可能性も高くなります。
昨季は故障者リスト入りもしましたし、少なからず球団からのプレッシャーもあったでしょう。
初めてのメジャーでの1年目を終えて、疲労が残ったとしても不思議ではなく、
様々な要素を考慮して辞退という結論になったのでしょう。
posted by コービー at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

日本プロ野球にアジア枠を

新人選手の合同自主トレが始まりました。

各選手に期待が集まりますが、
なかでも気になったというか、異色の選手であるのは、
ドラフト4位、申成鉉(シン・ソンヒョン)内野手。
韓国出身の選手です。
ただし、日本の高校へ通い、ドラフトを経て入団したので外国人扱いではありません。

入団会見の時には、韓流スター誕生かと囃し立てていたメディアもあります。
もちろん、実力も評価してのことでしょうが、
実際、オーナーが「恋人は作るな」といった旨の発言したことからも読み取れるように、
マーケティングのニオイがしないこともありません。

韓流スターというと、ターゲットは韓流好きの日本人かとも思われますが、
この場合、むしろ対象は韓国の人達でしょう。
李スンヨプが巨人に入団して以来、韓国では日本の野球の人気が上昇しており、
実際、巨人の試合のほとんどが韓国で放映されています。
カープも、もちろん対戦相手として映ることになります。
広島は、福岡に次いで韓国から2番目に近い日本プロ野球球団の本拠地。
来季からは新球場になり市外からの利便性も高くなります。
遠くのメジャーよりも、近くのメジャー式スタジアムへ行こう、
と考える人が出てきても不思議ではありません。
カープはあまり韓国や台湾といった出身の選手達とあまり縁がありませんでしたが、
アジアに目を向けた展開を考えても良いのではないでしょうか。
申の成長に期待することももちろん、
既に力のある選手の獲得も視野に入れても良いかもしれません。
そういえば、カープのチームカラーが赤なら、韓国も赤。
まぁ、野球代表のユニフォームは青が基調ですが。

また、球団だけでなく、日本野球機構としても制度改革を検討すべき価値があるといえます。
ラグビーのトップリーグでは去年から、サッカーJリーグでは今年から、
従来の外国人枠とは別にアジア選手を獲得できるアジア枠というものが導入されました。
まずはアジアで中心となり、注目されるリーグを目指すということです。
プロ野球も見習う価値があるのではないでしょうか。

少々強引な意見かもしれませんが、
メジャーへの選手流出を嘆くのならば、
アジアの選手を流入させてはどうかということです。
育成枠の導入により、選手枠の問題にも多少余裕が出てきました。
韓国では、メジャーよりも近くの日本で野球をしたいと思う選手も多いとのこと。
今は韓国ウォンが安いということもあり、資金力のない球団にも有力選手を獲得できるでしょう。

そして、ここからは少し行き過ぎた意見かもしれませんが。
アジアの人達は、日本を戦争の加害者として見ています。
もちろんそれは紛れもない事実なのですが、
もし広島に足を踏み入れる人が増えたなら、
日本もまた辛い思いをしたということが理解してもらう機会にもなるのではないでしょうか。
posted by コービー at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

”烈”

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
大いなる目標に向かって、情熱ある”烈”しい1年になりますように。

初詣に行ってきました。
おみくじは「大吉」でした。
今年はやはり何か良いことが起こる!はず。
posted by コービー at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする