Twitter: carpkobe

2008年08月31日

マエケンの重圧

中日7−4広島
序盤の大量失点が響き、中日との対戦は負け越し。

昨日齊藤で勝って、今日は前田健で良い勝負ができると思いましたが、
序盤から予想外のビハインドに。
大量失点はほとんどない投手だったのですが。
ここにきて2回5失点で降板となってしまいました。

思えばマエケンは今季1軍デビュー。
最初は1軍で投げている姿を見るだけで満足だったのが、
それが試合を作ってくれればという期待となり、
そして今では我々は勝ちを計算してしまいます。
12試合に先発してわずか1敗という数字もその根拠になっています。

ですが、今日は今まで投げていた試合とは一味違いました。
3位中日との大事な1戦、
周囲の期待は誰よりも本人が一番感じていたはずです。
それが重圧となってしまったのではないでしょうか。
もちろん調子の良し悪しもあったでしょうが、
試合中に修正できる投手なだけに、
やはり今日の投球の裏には精神的なものもあったのではないかと。

ただ、この敗戦こそも糧にできるのがマエケンの強みでもあります。
次に重要で試合に投げたときには、きっと結果を残してくれるはず。


打線は今季初先発となる中日の清水昭に苦しみました。
6回まではわずか2安打無得点。
球に力がありましたし、対戦もほとんど無いに等しいこともあり、
なかなか捉えることができませんでした。
しかし、先頭打者に四球を出すことも何度かありましたし、
接戦ならまた違った展開になったかもしれません。


この大事な3連戦、
篠田、齊藤、前田健という若い投手達が投げたことは、
カープの未来にとっても明るい材料だったでしょう。
1勝2敗なら許容範囲。中日とも2ゲーム差です。
残り試合、着実に勝ちを積み重ねて、追いつきたいところです。
posted by コービー at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

ハンカチ王子が帰ってきた

中日3−4広島
先発齊藤が2年ぶりの勝利。
昨日とは逆の展開。カープが逃げ切る形となりました。

待望の左腕が帰ってきました。
「赤いハンカチ王子」といわれた2年前。
その愛称を聞くと、より昔のように感じてしまいます。

もともと球速が出る投手ではなく、キレで勝負するタイプ。
この2年、フォームを崩したり、故障などがあり、
なかなか思うような球が投げられなくなっていたようですが、
今日の投球を見る限りでは、初勝利した時と遜色ない球を投げていたように思います。

先月にウエスタンの中継で見たときと比べても良くなっていました。
今日までの本人の努力も窺えます。
苦しんで掴んだ分、この内容は本物ではないでしょうか。


アレックスが3安打猛打賞。
いずれも点に絡む貴重なものでしたが、
中でも初回の先制2ランは、貴重な齊藤への援護となりました。

シュルツが右肩の故障で抹消されました。
今日のような、6回から継投になる展開では、
特に必要な選手だったのですが、仕方ありません。

外国人枠が空き、代わって登録されたのはシーボル。
本人にとっても予想外の、最短での復帰ではなかったでしょうか。
今日スタメン出場し、3打数1安打。
この10日間、シーボルがいたらと思う場面もありました。
またチャンスが巡ってきたわけですから、存在感を示してほしいですね。


これでこのカード1勝1敗。
しかし、それ以上に篠田、齊藤の好投という収穫がありました。

明日は、中5日のマエケンか、中4日でルイスか。
いずれにせよ期待できる試合になります。
勝てば、この名古屋は大満足です。
posted by コービー at 23:36| Comment(1) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

同点止まりでは不足

中日4−3広島
競り合いに破れ、直接対決の初戦を落としました。

終盤、四球から失点しました。
ただ、一発長打を警戒する場面であったのも事実。
そういう受身の気持ちを作ってしまったのは、打線のように思います。

同点に追いつくこと2度。これは非常に見事。
しかし、なおも大きなチャンスがありながら逆転しきれませんでした。
そうなるとどうしても悪い雰囲気が残ってしまいます。

同点で終盤となればホームのチームが有利なわけですし、
どうしても投手も慎重にならざるを得ません。
今日に限っては、逆転できなかったのがすべてのように思います。

梵は昨日こそ貴重な同点打を放ちましたが、
今日は6回一死二三塁、8回一死一二塁と
逆転のチャンスでことごとく三振。
なんとかバットに当てさえすれば何かが起こる可能性もあったのですが。
最終回で二塁打を放った喜田とのポジション争いは続きそうです。


また、8回裏のデラロサへの投球や、
9回表無死二塁からのバントミス。
いずれも、1点を争う大事な場面では致命的とも言えます。
こういう試合を落としてしまうと、中日との差を感じずにはいられません。

ただ、昨日も書いたように、
このカード、3連敗さえ避ければ、まだまだチャンスは残ります。
一気に3位浮上こそならなくても、下を向くことはありません。
篠田の好投のように収穫もありましたし、まずは1勝を目指して戦うことでしょう。
posted by コービー at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

雨を切り裂く一発

広島3−2ヤクルト
4番の一発で突き放して勝利。
このカード勝ち越し。

均衡を破る貴重な一打。
3人で終わる攻撃が両チーム続いた後。
この試合、1点を争う展開になると予感し始めた、その時でした。

雨を切り裂くとはまさにこのこと。
その前後だけ強い雨が降っており、
VTRを見ると映画のワンシーンのようです。

ヤクルトの先発は元同僚のダグラス。
外角のスライダーと、内角のツーシームが軸の投球でしたが、
初球カウントを取りに来た外角のそれを一閃。
多少甘かったとはいえ、読みの一打だったのでしょう。


大竹は7回2失点で7勝目。
緊張感のある展開で、5〜7回をノーヒットに抑えたのは見事。
間違いなく、こちらも勝利の立役者です。

梵が久しぶりの打点。復帰後初となります。
右投手が相手のときは喜田が出る機会が多かっただけに、
本人にとっても大きな一打になったのではないでしょうか。


再び3位中日との差を1ゲームにして、明日から名古屋に乗り込みます、
調子を落としている相手ですが、
逆に「ここでカープを叩けば楽になる」と奮起してくることでしょう。
もちろん勝ち越しを期待したいところですが、
敵地ですし、まずは「1勝できれば良い」ぐらいの楽な気持ちで臨んでほしいと思います。
少々ネガティブすぎるかもしれませんが、
3連敗すれば今シーズンが終わってしまうわけで。
必要以上に勝たなければいけないというプレッシャーを背負うことはないかと。
posted by コービー at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

流れを逃さぬよう

広島1−4ヤクルト
悪天候の中、拙攻で黒星。

9安打も1得点のみ。9残塁。
昨日、効率の良い攻撃を称えた矢先、この内容。
天候が不安定な中、早く追いつきたいという焦りもあったでしょうか。


中盤でのミスが、流れを失うきっかけとなりました。
栗原の捕手牽制死、そしてアレックスの悪送球による失点。
とにかく早く追いつきたいという展開で、
追い上げるチャンスを自ら失い、守備のミスで差を広げられてしまいました。

栗原は二塁打で出塁しているわけで、
アレックスもクッションボールをうまく処理していたわけですから、
すべてを責めるわけにもいきませんが、
やはり、ミスは流れが悪くなります。

また、無死一塁で代走赤松を送った場面。
栗原が1ボールからの2球目を打ち併殺に倒れてしまったことも、流れを断ってしまいました。
1点差に追い上げ、「さぁ、この回追いつくか」という期待が膨らんだ矢先だっただけに。
4番ですので、細かいことを考えすぎる必要は無いのでしょうが、
もう少しじっくり攻めても良かったのではと思える場面でした。


高橋建は調子も悪く、コンディションも悪い中、
6回2失点とベテランの粘りの投球。

青木勇は3ヶ月ぶりの登板。
こちらも巧みな投球で1イニングをピシャリでした。
驚くような球は投げませんが、
2軍でも安定した内容を見せていましたし、さすがです。


中日とのゲーム差は再び2に開きました。
残り試合も少なくなってくるので、今日のような勿体無い試合は極力減らしたいところです。
posted by コービー at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

ルイス復活勝利

広島5−1ヤクルト
2連勝で、中日と1ゲーム差に。

チャンスを効率よく得点に結びつけ、10安打5得点。
あと一本が出ずに苦しんでいた時期が嘘のよう。
これもチームの勢いがそうさせるのでしょうか。

マーティーの方針も浸透してきた様子です。
ケース打撃を意識しすぎて縮こまることもなくなったのでしょう。
選手のコメントからも、
事前にしっかり考えを整理し、打席では狙いを絞っていることが窺えます。


先発ルイスは、復帰後初白星。
勝利数でもトップタイに並び、タイトルレースに復帰。
もう完全復活といってよいのではないでしょうか。
残り試合、Aクラスに向けて戦う上で、本当に欠かせない大きな戦力です。

また、少し苦しんでいた森笠、喜田にはタイムリーがつきました。
こちらも朗報です。
これをきっかけに調子が上がってくれれば。
posted by コービー at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

帰ってきた指揮官の采配

横浜2−3広島
7回に逆転し、連敗ストップ。

1点差の8回と9回、それぞれ無死でランナーを出しましたが、
いずれも送ることなく、しかも盗塁死。
非常に疑問が残る攻撃でした。

せっかく指揮官が戻ってきたのに、
いきなり采配で負けたとあってはショック倍増となるところ。
勝って事なきを得ず、となりました。
連敗が続けばズルズルいった可能性もありますし、本当に勝ててよかった。


この接戦の勝利の立役者は投手陣。
先発は前田健太がスライド登板。
再三ピンチを招くも、6回を2失点にまとめました。
味方が拙攻を繰り返す中、素晴らしい粘りの投球。
降板後に逆転してもらい、5勝目。

その後は、勝利の方程式が決まりました。
ブラウワーは安打、四球、盗塁を許し、危なっかしいですが、
右に強く左に弱い投手と言われている通り、
吉村と大西を抑えてなんとか無失点に凌ぎました。
posted by コービー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

雨天中止、北京五輪閉会式

東日本に強い雨が降り、横浜で予定された試合は中止。
村田のいないうちに試合をしたかった気持ちもありますが、
天気には勝てません。


北京五輪。
閉会式も終わりました。
聖火の炎が消え、我々を楽しませてくれたスポーツの祭典も終了。

最終日には男子バスケットボールの決勝がありました。
顔合わせはアメリカ対スペイン。そしてアメリカが優勝。

アメリカはNBAのスター選手を集めたオールスターチームでした。
しかし、野球での監督にあたるヘッドコーチは、
大学バスケットボールチームの人間だというのです。
確かに大学バスケットボールはアメリカで絶大な人気がありますが、
それでもアマチュアの人間がプロのスター選手を率いるとは、
最初、驚きました。

しかし、なるほど、よく考えてみれば、
五輪のような舞台では短期決戦に慣れている監督のほうが良いかもしれません。
特に一発勝負のトーナメントに進めばなおさらです。

野球競技、日本の星野監督は、
プロ野球でリーグ優勝の経験こそ豊富なものの、
日本シリーズで勝ったことの無い監督です。
もしかすると日本一になったことのない監督に世界一を託すのは、
少々荷が重かったのかもしれません。

本気で今後の国際大会に勝ちに行くなら、それなりの人選を行う必要があるでしょう。
少なくともコーチが仲良しトリオなどでは、厳しい舞台で通用しないはずです。
彼らも監督では日本一の経験がないのですし。
posted by コービー at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

横浜、ヤクルト、中日8連戦、北京五輪野球

横浜で2戦。
広島に戻ってヤクルトと3戦。
名古屋に移動し中日と3戦。

先発予想は、高橋、前田健、牧野、ルイス、大竹、篠田、高橋、前田健。
牧野、篠田のあたりは流動的。
また、高橋建を中5日で投げさせるかどうかも微妙です。
ファームの先発候補は最近の試合で軒並み打たれているので、
誰かが上がってくるとしても予想は難しいですね。


北京五輪、野球競技。
日本は準決勝で韓国、3位決定戦でもアメリカに破れ、
メダル獲得さえ至りませんでした。
予選リーグでも、メダルを取った3カ国には敗戦。
実力が及ばなかったと思われても仕方ありません。

ストライクゾーンの判定に苦しんだ面もありましたが、
全勝で頂点に立った韓国も苦しんでいました。
正直、日本の打線はつながりの意識が足りないと思える場面もあり、
厳しいかもしれませんが、不甲斐なさを感じる大会となってしまいました。


さて、北京五輪は明日閉会式。
野球の代表選手たちも帰ってくるでしょう。
ただ、疲労などを考慮し、すぐに復帰とはいかないかもしれません。

勝負所といわれた五輪期間中、カープのここまでの成績は8勝6敗。
最後の3連敗さえなければ、万々歳の成績だったのですが。

代表選手たちが完全に復帰する前に、もう少し勝ちを稼いでおきたいところです。
posted by コービー at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

ソフトボールの歓喜の裏で

阪神7−4広島
四球から失点を重ね、3連敗。

大竹は序盤に5失点。
四球でランナーを貯めて一発が2度。
なんとも後味の悪いもの。

どうしても我々の興味を五輪へ向けさせたいのでしょうか。
そりゃ、ソフトボールを見てしまいます。

日本が差を広げて喜んでいたら、永川が差を広げられている始末。
こちらも四球からの失点。

ロンドンから除外となるソフトボールは最後の五輪。
投手上野は2日で3連投、強打の打線に果敢に挑み悲願の金メダル。
カープは投手陣が崩れて3連敗。
マーティーがいなくなった途端に四球連発。
爪の垢を煎じて飲ませたいとはこのことでしょうか。

歓喜と感動に、やるせない感情が入り混じります。


アメリカの4番、ブストスは凄まじい威圧感。
プロ野球に転向すればシーボルより打つかも。
それはないか。
ただ、広角に打つ技術は彼女のほうが上でしょう。


さて、ソフトボールとカープの対比はこのぐらいにして。

リブジーコーチが抗議で退場。しかし、敗戦。
本家のようなジンクスは存在しませんでした。

これで借金1から4に。
何度、5割目前から失速しているかわかりません。

この連敗、要因は初戦の宮崎先発がすべてでしょう。
誰もがルイスで勝利と思っていた矢先、
天地をひっくり返したような内容になったのですから、
すべての歯車が狂ってしまうのも無理はありません。

先発は米国に発つ前にマーティーが決めていった様子。
彼は常に、どの試合も1/144という姿勢を崩しません。
ただ、カードの初戦を取ることがいかに大きいか。
そして、ここ何年もBクラスで借金を抱え続けているチームにとって、
5割、そして貯金することがいかに大事なことか、考えてほしいのです。
posted by コービー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする