Twitter: carpkobe

2008年06月30日

横浜2連戦

山形と、福島で横浜と2戦。横浜のホームゲームです。
山形は栗原、梅津の地元ですね。

先発予想は、大竹、長谷川。

横浜はウッドあたりでしょうか。
2戦目は三浦が復帰してくるかもしれません。

最下位横浜相手に、1勝1敗では満足できません。
連勝で一気に5割を目指したいところです。
posted by コービー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

まさかの永川

同点に持ち込み、中継ぎ勝負では広島が有利。
そう思い始めた矢先の、まさかの一挙5失点。
敗戦。


最近は全幅の信頼を得ていた永川ですが、失敗することもあるでしょう。
今季初失敗ですから、責められません。

ただ、5失点とは。
やはり先頭打者の四球はいけません。
久々に持病が出てしまいました。
警戒するほどでもない打者に四球ですから、
永川自身も余計に引きずってしまったかもしれません。

しかし、それ以上に状態が悪かった。
直球が良くなく、倉もフォークに頼ろうとしたのでしょうが、それもイマイチ。
これほどフォークを次々と痛打される姿は見たことがありません。

0点台の防御率も一気に跳ね上がってしまいました。
しかし、抑えにとって、5失点でも1敗は1敗。
これほど悪いのは今回だけと思いたいです。
たとえば登板間隔が空いたため、だとか。


6月半ばに首の違和感で抹消されて以来、
少し間隔が空いての先発となった高橋建。
好守に助けられた面もありますが、5回まで1失点とまずまずの内容でした。
次回の登板にも期待できます。

打線は6回、赤松の足を警戒させて、非常に良い攻撃を見せました。
しかし、試合を通しては、わずか6安打の1得点のみ。
最近好調だった打線ですが、今日はあまり元気がありませんでした。
posted by コービー at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

納得か不満か

7回、雨天コールド。引き分けとなりました。
コールドは非常に久しぶりではないでしょうか。

失点した直後に追いつく展開。
よく追いついたとも言えます。
しかし、バントミスや走塁ミスもあり、勝てた試合だとも思えます。

どこか消化不良の印象にはなりましたが、
ただ、えてしてコールドとはそういうもの。
引き分けでも満足できないということは、
チーム状態に手応えがあることの裏返しでしょう。


ルイスはいつもの制球が無く、5回3失点。
前回は体調不良の影響のようでしたが、今日は雨の影響でしょう。

打線では、左の内海を完全に読んだのでしょうか、広瀬と梵が久しぶりのスタメン。
しかし、コールドになるまでの3打席で、両者とも結果を残すことができませんでした。
特に広瀬は、バント失敗、チャンスで2度凡退と、完全にブレーキとなってしまいました。

アレックスが2打点でチームを救いました。
3回の走塁ミスは、サードコーチの判断が遅かったので仕方ないでしょう。
posted by コービー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

もはや次世代ではなく

交流戦明け、リーグ戦初戦、
前田健太の好投と、栗原の3ランなどで快勝です。

リーグ戦が再開し、目下の敵、巨人相手に意気込んでいましたが、
それにしても、拍子抜けするほど、あっさり勝ててしまいました。
巨人は前田健の先発とは思っていなかったのでしょうか。
特に工夫も無く、早打ちして凡打を繰り返していました。

マエケンは7回1失点。前回の快投に続いて2連勝。
1勝でこれほど変わるのでしょうか。
降板するまで、ピンチらしいピンチも無く、危なげない投球でした。
投球テンポも良く、打線の援護や好守備を自ら導いたとも言えるでしょう。
「次世代の」エースのはずが、早くもその冠を外してしまう勢いです。


東出、5打数4安打。留まることを知りません。
現状の打率維持でも難しいはずなのに、さらに上げてくるのですから恐れ入ります。

シーボルは4打数2安打1打点。
先制打をたたき出し、それがそのまま勝利打点。
立場が危なくなってくると、なぜか結果を出します。
勝負強いというか、運が良いというか。

もちろん、新外国人の補強の話こそありますが、
彼が打ってくれることが一番良いことに変わりはありません。


連勝で一気に3位浮上、念願の5割といきたいところですが、
どうも明日からの天気が乏しくないようです。
ルイスの投げる試合はやりたいですけどね。
posted by コービー at 23:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

巨人3連戦

市民球場に巨人を迎えて3戦。

先発予想は、大竹、ルイス、前田健。

巨人はグライシンガー、内海あたりでしょうか。

交流戦は勝ち越しましたが、まだまだ借金生活。
目上の順位との直接対決で、一気に返済といけば最高でしょう。
posted by コービー at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

2008交流戦を終えて

交流戦はソフトバンクが優勝。
カープは13勝11敗という結果となりました。
4年目にして初の勝ち越しです。

去年までと比べて、得点力がアップしました。
機動力を使って、パの投手達を揺さぶることができました。
緒方、嶋も代打やDHで活躍してくれました。
そしてきっと、安佐動物園クラウド君がバットを回してくれた効果もあったのでしょう。

交流戦全体の特徴としては、カードの初戦に弱く、2戦目に強かったことです。
初戦は3勝9敗ながらも、2戦目は10勝2敗。
慣れない相手や球場に最初は戸惑いながらも、2戦目には早くも順応できたということでしょうか。
ルイスのとの巡り合わせなどもあったとは思いますが。

さて、いずれにせよ、鬼門を乗り越えました。
今年は引き続き希望を持って戦っていくことができます。
楽しみです。
posted by コービー at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

逆転劇で交流戦締め

最大で5点差あったものの、
起死回生の緒方の同点弾が飛び出し、逆転勝ち。
交流戦を勝ち越して終えることができました。

楽天からすれば、まさかの逆転負けですから、
今日は野村監督のボヤキが、より辛口になりそうで楽しみです。


緒方は初球をドンピシャ、鳥肌物の打球でした。
一死一三塁で1点を返せず、少々嫌な雰囲気でしたが、
それを吹き飛ばす一打となりました。

あの場面、まだ6回ですし、
ヒットをつないで少しずつ返していくという考え方でもおかしくありません。
それならば、打率を考えても小窪をそのまま打席に送るのが普通。
また、喜田、森笠、前田と代打に送っていますし、あまり代打を使うと、
後半のチャンスに球切れを起こす可能性もありました。

それでも、超積極的ともいえる緒方の代打起用。
それがズバリですから、やはりメガネをかけたマーティーは只者ではないかと。


栗原が決勝打。
昨日、今日と少しチャンスで凡退が続いた4番ですが、挽回となりました。

3番に天谷が座れば、盗塁などで得点圏にランナーを置くことも多くなるでしょう。
ただ、逆に、ランナーのスタートなどは気にしすぎないようにしてほしいですね。


逆転劇に上機嫌になってしまいますが、しかし、喜んでばかりもいられません。
先発長谷川は内容も悪く、3回3失点で交代。

中継を見ていて、達川氏が「長谷川は市民球場のマウンドが苦手なんでしょうか」と発言。
気になって調べてみたところ、
今季、市民球場での防御率は、今日の試合前までで、なんと9点台。
今日も3回3失点で見事に9点台をキープとなります。
ホーム球場ですから、この数字は非常に残念。

また、2番手で投げた先発候補の青木高も連打を浴びて1回3失点。
リーグ戦が再開すれば6連戦が続くので先発の頭数が欲しいわけですが、
長谷川、大竹は不安定で、高橋の回復具合も、前田健太もまだまだ未知数。
篠田、宮崎も2軍で結果が残せていません。

このままでは借金を返していくことも簡単ではないでしょう。
コズロースキーの起用なども含めて、なんとか先発を揃えたいところです。
posted by コービー at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

腐っても鯛

打線は岩隈−田中のリレーに抑えられ、敗戦。
ルイスが本来の調子ではなく、タイ記録の交流戦6勝目はならず。

今後日程が空いて先発の余裕がある事を考えれば、
体調不良だったルイスを無理にスライドさせない方法もありました。

ただ、そこは腐っても鯛。聞こえは悪いですが。
6回3失点ですからクオリティスタート。
勝利投手になっていてもおかしくない数字です。
体調を考えれば雨で延びたことは幸運だったかもしれませんが、
岩隈と当たることになってしまったのは不運だったということでしょう。


東出が2安打と気を吐きました。
1番打者となってからもリズムを崩さず、好調を維持しているようです。

シーボルは復帰後初ヒット。
しかし彼の場合、長打が少ないというのが寂しい。
今の打率でも、西武のブラゼルぐらいホームラン打ってくれれば。

マー君はリリーフで3イニング投げましたし、明日は投げないでしょう。
今度は打線の奮起に期待。
交流戦勝ち越しで終わりたいところです。
posted by コービー at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

梅雨なので代表最終候補など

梅雨の時期になりました。
雨天中止。
月曜日に振り替えになるでしょう。

ルイスはスライドになるでしょうか。
リーグ戦再開の開幕に持っていくなら。


先日、日本代表の最終候補選手が発表されました。
カープで名前が載ったのは石原のみ。
一次候補では3人の名前が載りましたが、結局、1人だけになりました。

そしてその石原も、代表入りは厳しいでしょう。
五輪本番では、おそらく捕手は3人になると思いますが、
故障者が無ければ、北京五輪アジア予選にも選ばれた、
阿部、里崎、矢野、相川の中からになるはずです。

カープには倉という捕手もいますし、
快く石原を送り出すこともできるんですけどね。
posted by コービー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

楽天2連戦

市民球場で楽天と2戦。
交流戦最後のカードとなります。

先発予想は、長谷川、ルイス。
2日試合が無かったこともあり、ルイスは間隔十分なので、
順番が逆になることも考えられます。

楽天は、朝井、岩隈でしょうか。

交流戦終了後はリーグ戦再開まで日程が空きますから、
お互い、先発投手がブルペンに待機する可能性があります。

特に大竹は先発で不安定な投球が続くので、リリーフで使ってみるかもしれません。
勝ちや援護を意識しすぎて崩れるのなら、それとは関係ない場所に適正があるのかも。
posted by コービー at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする