Twitter: carpkobe

2006年09月30日

前田の貫禄

久々の勝利。
逆転勝ちというのも久々の気がするので調べてみると、
なんと8日以来22日ぶり。

最近の打線であれば、3点リードされた時点で試合は決まってたかもしれない。
だが、今日は前田がいた。
2ランを放った仕事はもちろんだが、
なにより相手バッテリーの警戒度合いが違うだろう。
井生、広瀬がタイムリーを打ったのも、完全に無関係だったとは思えない。
posted by コービー at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

巨人2連戦

東京ドームで2連戦。

先発予想は長谷川、大竹。
巨人は内海、姜か。

引き続き若手主体の打線になるだろう。
その中でいかに得点力を上げていくか。
posted by コービー at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

チャンスの経験

野手に故障者続出、若手主体とはいえ、この3連戦は簡単に負けすぎのように思える。
選手に決して力がないわけではないと思うのだが、
特にチャンスの場面においての打撃では、結果が出ない。
これが経験で埋められるものであるならば、
今は投資の時期として我慢するしかないのだろう。
posted by コービー at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ロマノより日本ハム

ロマノが先発し、過去と同じような投球を見せた試合。
贔屓のチームとはいえ興味は薄くなる。

目が向いたのはパリーグの首位争い。
結果、プレーオフ制度のため優勝とはならないが、
日本ハムが25年ぶりのリーグ戦1位を決めた。
これによって、我らが広島東洋カープは、
新生球団楽天を除けば全球団で最もビールかけから離れたチームとなってしまった。
posted by コービー at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

若手で善戦

もはやマーティーの目は、目前の勝利ではなく、完全に来期以降に向いている。
今日も出場選手を見る限り、若手のお披露目会と言ってもいい。
今季はほとんどの選手を1軍に上げており、
指揮官には実戦で使ってみて判断したいという思いがあるのだろう。

ただ、勝敗、順位への執着はなくとも、
若手にとってはアピールのチャンスでありモチベーションは低くない。
それが接戦を演じる原動力にもなったのだろう。


小島は6回3失点の投球。
前回の5回1失点に続き安定した内容で、来季に向けての期待が膨らむ。

梵が試合前のノック中、目に打球を受け骨折の疑いもあるという。今季絶望か。
規定打席には達してると思うが、戦線離脱は新人王争いでマイナスになる可能性もある。
なにより1年間1軍で活躍してほしかっただけに非常に残念だ。
posted by コービー at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

高校生ドラフト2006

1巡目でPL学園の投手、前田健太を指名。

12球団中、唯一競合無しとなったカープだが、
競合を避けたというネガティブな理由ではなく、
あくまで当初から競合を覚悟してでも獲得を目指していた選手だっただけに、
この一本釣りは良い結果といえるだろう。

3巡目で水戸短大付高の捕手、会澤翼を指名。

捕手を獲る予定があったとは知らなかった。
高校生捕手では、2年前に1巡目で白濱を獲得していただけに、
白濱に対する評価はあまり高くないのかと勘ぐってしまう。
ただ、会澤は全国的には無名ながらも、肩と打撃の評価が高いようだ。
1巡目前田とで、カープを引っ張っていくようなバッテリーになってくれれば。
posted by コービー at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 編成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

蚊帳の外

今日行われた6試合で、唯一優勝争いに絡んでないのが、広島で行われた試合。
しかし、それにしても勝負へのこだわりが薄すぎやしないか。
選手もどことなく集中力を欠いたように見え、ファンも熱を失ってしまう。

3番新井4番森笠の打順は、新たなジグザグ打線を試したのだろうか。
大竹の早期降板は戒めの意味を込めたものか。
posted by コービー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

長谷川リニューアル

昨日の佐々岡に続き、今日は長谷川が6回無失点と好投。
こちらは今季中継ぎ登板を続けていたこともあって、1年3ヶ月ぶりの勝利。

中継中に解説者からの指摘でもあったとおり、投球フォームが変わっていた。
ロッテの小宮山のような、クラブを高く持ち、膝を曲げるセットポジションからの投球。
これが制球向上につながっているとの見方である。

いつから変えたのかどうかはわからないが、
少なくとも前半戦はかつての投げ方だったように思う。
シーズン途中でのフォーム変更だが、吉と出たのだろうか。

これが長谷川の飛躍の種になるか。
来季、先発陣が充実することになれば非常に大きい。
posted by コービー at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

佐々岡に久しぶりの勝ち星

寂しさが漂う、シーズン終盤の下位対決。
試合も、投手戦とも貧打戦とも受け取れる内容。

ただ、それでも佐々岡に3ヶ月ぶりの白星は朗報だ。
無援と思われたが、7回裏に打線がなんとか1点を奪取。
7回無失点で抑えてたのだから、勝ち星がついて良かった。
posted by コービー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

横浜3連戦

広島で横浜と3連戦。

先発予想はフェリシアーノ、佐々岡、長谷川。
どの先発も休養十分のため、前回7失点のロマノを飛ばすと予想。

7連敗で上位とのゲーム差も開いてしまった。
順位によりも、まずは内容にこだわっていきたい。
posted by コービー at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする