Twitter: carpkobe

2006年07月31日

ヤクルト3連戦

引き続き広島でヤクルトと3連戦。
先発予想は佐々岡、ベイル、黒田。

後半戦最初の6連戦は3勝3敗だった。
もう一度仕切り直しといったところ。
posted by コービー at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

負傷ミッキーの前で勝てず

足を負傷している状態でも立派に役割を果たしてくれたミッキー。
しかし、そんなミッキーの努力もむなしく、試合には敗れた。

今日ばかりは投手が原因で負けた試合と言えるだろう。
大竹は後半戦やってくれるかと思っていたが、
前回登板の内容を続けられなかった。

1点差まで迫ったものの、最後に中継ぎが大量失点。
あそこまでいけば1失点も5失点もそれほど変わらないのだが、
高橋建は巨人戦に続けての散々なマウンドとなってしまった。
佐々岡と共に、ベテランがここに来て息切れしてしまっているのだろうか。
posted by コービー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

長谷川良平氏追悼試合

長谷川良平氏が亡くなられた。76歳。
カープの球団草創期から中心であり続け、
お荷物球団と呼ばれたチームで獅子奮迅の働きを見せた方だった。

半旗を掲げて追悼試合となったこの試合。
内野の守りで拙いプレーが頻発したが、
それでも今日は勝てば良かったのだろう。
先発広池は不安定な部分もあったが、
味方のミスにも動じず4回を無失点で投げきったのは見事。

嶋は4打点。
どうやら本当に調子が良いようだ。
打線に厚みが出てきた。

マーティーは今季2度目の退場。
追加点が欲しい場面、そして誤審のように見える判定。
引き下がれなかったのも仕方がない。
しかし、観客はどこか退場に期待してる部分があり、
マーティーもベースこそ投げなかったものの、
それに応えるかのようなパフォーマンスをしていた。
それもプロの仕事だ。
posted by コービー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

モヤッと

初回の嶋の2ランのみ。
その後は得点の気配さえほとんど無かった。
先発が黒田でなかったら勝てなかっただろう。

9回は永川が、四球、暴投、梵の失策でピンチを迎えてしまい、
何とか逃げ切ったものの、スッキリしない試合だった。
posted by コービー at 23:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

野手と投手の数

4点リードで終盤を迎えたが、追いつかれ、
延長11回サヨナラ負け。

同点で踏み止まったのだから、そこからもう1点が欲しかった。
昨日も、同点に追いついてからの攻撃に難があったし、
今季は接戦を演じながらも、あと1点が取れずに負ける試合が多い。

昨日、ベイルが1軍登録された代わりに上村が抹消された。
これでカープのベンチは野手が非常に少なくなった。
相手巨人と比べて2人も少ないのだ。
そうなると代打や代走もそうそう使えないし、
延長ともなれば今日のように野手の数さえ危なくなる。
点を取りに行く場面でも消極的になりがちだ。
捕手に頻繁に代打を出してきた去年を思い出すとよくわかる。

今日は中継ぎが打たれて負けた。それは仕方ないとも思える。
だがやはり1軍枠を使っている投手達にはそれなりに頑張ってもらう必要があるのだろう。
posted by コービー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

去年までの広島−巨人戦

去年までの広島巨人戦を見ているような大味な打ち合いだった。
いきなりの5点ビハインドだったのだから当然でもあるが、
同点に追いついた5回以降も大味な攻撃を繰り返してしまったのがいけない。
ノーアウトのランナーを再三出したのだから、
やはりそこは今年の野球で着実に点を取りにいくべきだった。

同点に追いついた時点で、両チームの勢いを考えれば勝てる試合であり、
その勢いで明日も意気消沈した相手を叩きたかったのだが。

佐々岡は7失点KO。
中継ぎ事情も考えて引っ張ったのが完全に裏目に。
球宴の休みもあったのだが、これで2試合連続で大量失点。
今後先発を任せることができるかどうか心配だ。
posted by コービー at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

3番の復活、4番の活躍、5番の執念

後半戦初戦、ナイスゲーム。
課題だった3番で嶋が活躍することにより、
得点圏にランナーを置いた状況で新井の打席を迎えることができた。
そして、新井はしぶとくタイムリー。
今日のような形を多く作れれば得点力は自ずと上がってくるはず。

前田が気迫のヘッドスライディング。併殺を免れ1点追加。
今日は再三ランナーがいる場面で打席が回ってきたのに快音が出ず、
キャプテンとしても責任を感じていたのだろう。
結果的にこの1点が非常に大きかった。

大竹もシーズンのリスタートで幸先良く勝ち星が付いた。
後半戦はやってくれるだろう。
posted by コービー at 23:03| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

後半戦開始、巨人、横浜6連戦

球宴も終わり、後半戦が始まる。
東京ドームで巨人3連戦、広島で横浜と3連戦。

先発予想は難しいが、球宴第2戦で黒田が投げたこともあり、
巨人3連戦は、大竹、ベイル、佐々岡の3人が投げるのではないだろうか。

後半戦、まずは勝率5割、Aクラスを目指して頑張ってほしい。
posted by コービー at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

2006オールスター第2戦

宮崎サンマリンスタジアムでの第2戦。
日南をキャンプ地としているカープの3選手は全員出場した。

だが、黒田、永川はビシッと抑えることもなく、
東出も惜しい当たりはあれど3タコと、残念ながらあまり良いところがなかった。
去年は前田がMVPを獲ったが、今年は賞とは無縁に終わった。

試合前には、パフィーのライブがあったが、
お祭り気分を盛り上げ、なにかスーパーボウルのようで良かったと思う。
毎年アーティストを呼んでみてはどうだろうか。
posted by コービー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

2006オールスター第1戦

球宴第1戦。
広島の選手は、東出が守備で出場したのみ。

しかし、ミッキーが登場。
セが勝ったのも彼のおかげに違いない。
posted by コービー at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする