Twitter: carpkobe

2006年06月30日

一昨日と同じく

またも引き分け。
ただ、中継ぎ勝負で中日と互角に渡り合ったのは評価できるし、
序盤以外はさしてチャンスも作れなかったのだから結果にも納得。

川上に同点打を打たれてしまったのは、少々悔いが残るが。
posted by コービー at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中日3連戦

名古屋に乗り込んで3戦。
先発予想は、大島、佐々岡、黒田。
中日は、川上、山本昌、マルティネス。

相手は首位であり、ただいま絶好調。
だが、だからこそ勝てばカープの存在をアピールすることができる。
向かっていく気持ちで戦ってほしい。
posted by コービー at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

連日の接戦

大竹は粘り強く投げていたが、援護ができない。

5安打だけだったので仕方ない部分はあるが、
ダーウィンがカウントで苦しんでるときに、
難しい球に手を出して助けてしまった感がある。
4回、嶋がノースリーから打って併殺になった場面などは象徴的だ。

しかし、今日の実況。
ホームランを打った鳥谷を「しまたに」と呼んでいた。
名前の間違いはよくあることだが、
ここぞという場面で思いっきり叫んでしまうのは、聞いている方も少々恥ずかしい。
posted by コービー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

福井で勝ちきれず

終盤は毎回のようにチャンスがあったのだが決めきれなかった。
12回裏、東出が故郷で試合を決めたら劇的なシナリオだったのだが。

黒田には、またも援護なし。
この状況がFAの判断材料にならないことを願うばかり。

ベイルは中継ぎで登板、3人でピシャリ。
先発転向の話もあるが、当分はこの形で良いと思う。
posted by コービー at 23:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

北陸遠征、阪神2連戦

福井と富山で阪神2連戦。
先発予想は黒田、大島。

阪神の先発は江草、福原だろうか。

大島に期待。
最近は裏切られて続けてきたのでそろそろ。
posted by コービー at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ダグラス抹消

降雨中止。

ダグラスが抹消。
軽傷とはいえ、最低10日は戻ってこない。
ロマノの中継ぎ転向もあり、2つの先発枠が空いたわけだが
代わりは大島とベイルになるだろう。
posted by コービー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

左腕不足

グランドスラムがあったものの、
終わってみれば中継ぎが崩壊して見事な逆転負け。

今日失点した3人の左腕の防御率は軒並み5点前後。
この厳しい数字が左腕不足のチーム事情を証明してしまっている。
マーティーは小刻みな継投が好きなようだが、彼らを信用しすぎるのもいかだなものか。
結果的に、今日は好投のロマノを代えたことが裏目に出てしまったわけだし。

優秀な左投手は先発にも中継ぎにも必要。
だが、残念ながらベイルの体はひとつしかない。
近々1軍に上がるという大島への期待は自ずと大きくなる。
posted by コービー at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

オールインな起用

木村一が1軍復帰、即先発。
最後までマスクをかぶり、1失点の試合を演出した。

マーティーが素晴らしいのは、1軍に上げた選手をすぐに使うことだろう。
去年までは、ほとんど出場機会がないまま2軍に戻っていく選手を多く見てきたが、
比べてみて選手のモチベーションの違いは明らかである。
チャンスを与えてもらい、そこで結果が残せなければ、
落とされたとしても納得がいくというもの。

選手に必要な戦力だということを伝えるためには、試合に出すことだ。
「ALL−IN」は見せかけではない。
posted by コービー at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ベイルの先発転向について

ベイルが先発転向となる可能性があるとのこと。

先発ロマノの代わりがいないので仕方ない部分はあるが、個人的には反対である。
ただ、それは永川に不安があるわけではなく、
ベイルの先発適正について疑問が残るのだ。
確かに一昨年は先発として活躍してくれたが、
それでも11勝10敗とわずか一つの貯金。
防御率も4.21と決して良い内容とは言えなかった。

上から横からキレの良い球を投げるベイルは、
1巡目は三振の山を築くものの、
2巡目以降は球筋を見極められて粘られるケースが目立っていた。
実力を発揮するには短いイニングが一番だと思うのだ。
posted by コービー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

相性を考えた代打

交流戦を白星で締める予定だったが、残念。

黒田には相変わらず援護がないが、
涌井の出来を考えると、2点を早々に取られたのは痛かった。

唯一のチャンスと言っても良かった7回裏満塁の場面、代打に送られたのは末永。
今日の涌井のストレートは球威、制球ともに抜群であり、
そして末永は真っ直ぐに強くないことを考えれば、少し疑問の残る起用だった。
結果、バットにさえほとんど当たらず三振。
満塁という状況では、経験からしても、あの場面は浅井が適切だったのではないか。

若手の起用を重視するチームにおいては、どちらが正解とも言えないのだが。
posted by コービー at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする