Twitter: carpkobe

2006年03月31日

今季のキーワード「下位打線」

中日に守り勝っての開幕戦勝利は、
もしかしたら去年の巨人戦3連勝より価値があるかもしれない。
完封リレーの上に、無失策。
相手は昨季の広島戦よりもホームが遠いと感じただろう。

ヒーローインタビューが広瀬だったのには違和感があったが、
彼が一番貴重な一打を放ったという判断には大いに同意する。
チャンスを作って緒方以降の役者につなげた役割は大きい。

上位に主力打者を並べた今季、
キーワードとなるのは「下位打線」のような気がする。
彼らがランナーを還すか、上位につなげることができれば、
今日のような結果が度々訪れるのではないだろうか。
posted by コービー at 23:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

天敵・小坂

昨日のオープン戦、黒田は1回に2失点、3回に2失点したわけだが、
いずれも、小坂を塁に出してから二岡に痛打されている。
打席の小坂に対してはなにか投げにくそうで、
初回の四球も思うようにストライクが入らないという投球。
そして塁に出せば足が気になり、打者に集中できないといった構図だろう。

小坂には去年の交流戦でも苦労した印象があるので調べてみると、
カープに対しては24打数10安打4四球6得点、打率にして.417という数字が出てきた。
そして、中でも黒田は6打数3安打2四球と特に苦手にしており、
塁に出した5回中3回、ホームへの生還を許している。
またファールで粘られ相当な球数を投げさせられた覚えもある。
並の投手ならともかく、エースがこれだけ苦手にする選手は珍しいだろう。

小坂の巨人移籍で最も影響を受けるのはカープかもしれない。
posted by コービー at 04:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

オープン戦の考察

9勝7敗でオープン戦の日程が終了。

全体では勝ち越したものの、
苦手の阪神中日にしっかり負けている点は見逃せない。

ちなみに、やはりオープン戦の成績とシーズンの成績は関係ない。
ここ3年のカープのオープン戦成績は以下の通り。

3勝11敗1分
9勝6敗2分
9勝4敗1分

2年前と3年前は意外な好成績である。
posted by コービー at 20:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

仁部の乱調

左打者方向に大きく踏み出すサイドスローに変え、
去年の秋季キャンプから評判になっていた仁部。
今シーズンに期待していたのだが、4連続四死球とは。
今月初めの乱調に続き、この結果は非常に残念である。
前日の試合では広池が鳥谷に同点打を許していたし、
マーティーも勝ち試合で左に誰を起用すれば良いのかわからないのではないか。
高橋建の状態は良いようだが・・・。
posted by コービー at 03:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

日本中が新井に期待した時

WBC2次リーグ韓国戦。本当に手に汗握る展開。
9回裏一死一塁。ここまで出番がなかった新井が代打で登場。
日本中がサヨナラ弾を期待していただろう。だが結果は三振。
代打、そして初対戦の投手、同情の余地はいくらでもあるが、
それでもなんとか打ってほしかった。

これでジャパンは2次リーグ敗退が濃厚。
本気で世界一を狙える実力があったからこそ、悔しい。
カープ以外で、こんなにも応援できるチームはなかった。

次回大会は2009年。今から待ち遠しい。
西岡や川崎が中心選手になっているだろう。
そして大竹や栗原が代表入りしていれば嬉しいのである。
posted by コービー at 15:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

2番前田構想

驚いたが、マーティーには2番前田構想があるらしい。
確かにアメリカには、日本ほど2番につなぐ意識を求めないだろう。
前田が2番といえば前回優勝時のことが思い出されるが、現在は中心打者。
日本人にはまったく無かった発想だ。

なんにせよ得点力アップを期待してのアイディアである。
公式戦で実現するかどうかはわからないが、このチャレンジを見守りたい。
posted by コービー at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

WBCアジア予選を見て

試合見ていて思ったのは、やはり日本の打者は左が多いということ。
今日はボン・チュングン、ク・デソンの二人の左投手に無安打に抑えられている。

新井が代表に選ばれたとき、正直、出番は少ないだろうと思っていたが、
左が相手のときは思い切って使ってみてはどうだろうか。
ライトスタンドでカープのユニフォーム着て応援していた人のためにも。
posted by コービー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

紀藤引退登板

紀藤が楽天−西武のオープン戦で江藤を相手に引退登板してたらしい。
そんなところで同窓会やってるとは知らなかった。
ただ、翌日に楽天はカープとの試合があるのだから、
そこで投げても良かったんじゃないか。
12点も取って、ノムさんの機嫌を悪くさせちゃったが。
posted by コービー at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする