Twitter: carpkobe

2005年04月30日

4月の前田智徳

気分の悪い夜は早く寝ようという計画は、前田の一振りで一掃されてしまった。

とにかく今年の前田は勝負強い。
「今年は走者を帰すことにこだわりたい」とは明言しているが、
普通は気負ってしまったり、力んでしまって結果が残せないもの。
それがやろうと思ってできるところに選手としての大きさを感じる。

4割近い打率も残し、もちろん打率トップ。
さらには7本塁打18打点と、月間MVPの有力候補ではないだろうか。

月間MVPといえば小山田。
勝ち星がつけばハーラー単独トップとなって確実だっただけに残念。
posted by コービー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

痛い一発

GWということもあるだろうが、
清原の500号見たさもあって、市民球場は大入り。
これはこの3連戦でかなりの集客が見込めるだろうと考えていた。

一方、試合は長谷川に継投したのが裏目に出て2点ビハインドながらも、
巨人の中継ぎなればまだまだ逆転も可能だろうと思っていた。

そんな矢先、清原に打たれた。
営業的にも試合展開的にも痛い一発となってしまった。

一発を献上した広池は、その後小久保や阿部にも打たれ、
1アウトしか取れずに4失点で降板。
彼としても、2軍落ちを決定づける痛い試合になったことだろう。
posted by コービー at 22:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

地元で巨人3連戦

先発予想は、佐々岡、小山田、大竹。
先日、黒田を佐々岡より先に持ってきたので、順番は変わる可能性あり。

巨人は野間口、内海、工藤。
どの投手も序盤にノックアウトしたい。

巨人の連敗を止めてしまうのが広島になるというのは嫌だが、
清原の500本目を献上するというのも嫌である。
400本目も、確か札幌で山崎健が打たれているのだ。
ナゴヤや福岡では打てそうになかったが、市民球場となれば嫌な予感がしてならない。
posted by コービー at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

二死満塁での攻防

勝利を呼び込んだ7回の緒方の2点タイムリー。
打った球はチェンジアップ。

ここからは推測の域を出ないもの――。
直前に相手バッテリーは、なにかサインの確認のようなことをしていたのだが、
直球とカーブが中心のセドリックにあって、この2つの球種の確認は考えられない。
となると、おそらく別の球種、チェンジアップの相談をしていたのではないか。

そして、その球を打った緒方は、もしかしたら、
「この打席で必ず使ってくる」という、鋭い読みがあったのかもしれない。
まぁ、単に甘かったから打ったとも思えるのだが。

いずれにしても、上の2チームが星を取り合いをしている間に、
キッチリ連勝できたのは大きい。
posted by コービー at 22:16| Comment(1) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

セットアッパー永川

「とにかく結果を残したい」と言っていた高橋建は全然ダメだったが、
その後、長谷川が良く踏ん張った。
相手は門倉を続投させて失敗していたし、早めの交代は正解だろう。

そしてなにより、永川−ベイルのリレーがビシッと決まったのが気持ちいい。
永川はセットアッパーが様になってきたし、
ベイルも一時期不安だったが、今日は三者連続三振。

新井が勝利に貢献する2発。
まだ4月とはいえ、新井がホームランダービーのトップに立つなんて不思議な感じだ。
月間MVPも狙える成績だとは思うが、猛打賞の月間タイ記録のアレックスが濃厚。

しかし、今日の中継のアナウンサーはコメントや情報が的確で良かった。
明らかに間違った実況や、解説者に的外れな質問をしたりするアナウンサーが多い中、
彼は完璧に近かったんじゃないかと。
両チームの選手の詳しいことまでよく知っていた。
調べてみたら、TBSの小笠原亘というアナウンサーらしい。
彼こそまさにプロのスポーツアナだ、と勝手に思う。
posted by コービー at 22:47| Comment(1) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

長崎、佐賀で横浜2連戦

1軍選手では、緒方と福地が佐賀出身。
末永は凱旋できず。

先発予想は、高橋建、佐々岡。
横浜は門倉とセドリックだろうか。
セドリックは中4日になるので、他の投手が今季初先発かもしれない。

昨日、2000本安打を達成した古田。
1000本目は8年前に黒田から、1500本目は4年前に上原から打っているらしい。
大竹も二人に負けないような投手になってほしい。
posted by コービー at 11:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

大竹、抑えの経験

古田2000本安打達成。
その節目の安打が勝ち越し点に直結しているのだから恐れ入る。

それにしても大竹は6回途中5失点で降板。
今年は先発として期待されていたが、自他共に納得できるような結果を残せていない。

開幕前には「去年の抑えの経験を活かす」というような発言を度々聞いたが、
確かに、ランナーを出している割には、粘り強く、失点を少なくできている。
しかし同時に、力んでしまって制球を乱したり、
5、6回には100球を越えてしまうような投球になっているのを見ると、
去年の経験は良くも悪くも活かされてしまっているような気がしてならない。

先発には、打たせて取る投球も必要だろう。
今年の小山田なんかを見ていると、特にそう思う。
posted by コービー at 18:38| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ヤクルト主催試合の放映権

今回、松山の試合はヤクルトのホームゲーム。
四国出身の選手が多いからだろう。

しかし、今年からヤクルトの主催試合は、
フジテレビ739の放送になったため、見れなくなってしまった。

月700円程度の料金で見ることができるようだが、
来年以降もこの状況が続くようなら加入も考えた方が良いかもしれない。
プロ野球ニュースも見れることだし。

小山田が完封。山本浩二、監督通算600勝。
こういう時に限って良い試合する。
posted by コービー at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

松山でヤクルト2連戦

古田は2000本まであと2本。
阻止するのはかなり厳しいが、試合に勝ってくれればそれで良し。

先発予想は、小山田、大竹。
両投手ともヤクルトは結構得意にしているはずなので期待したい。
posted by コービー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

新井貴浩と良太

なにも黒田のときにこんなに打たなくてもいいだろう。
おかげで終盤は緊張感がなくなってしまった。
とはいえ、とりあえず連敗ストップで安心。

新井は今日の結果次第で、スタメンから名前が消えるところだったが、
ホームラン2本を含む3安打4打点の活躍で踏み止まった。

弟の良太は、先日、東都大学リーグで5盗塁したらしい。ホームランも打ったとか。
今のままならカープが下位指名だろうが、あんまり活躍すると微妙になってくる。
巨人、オリックスがリストアップしているという話も。
posted by コービー at 22:50| Comment(1) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする